拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

44話 船をダンジョン化しました!

ご飯を食べて、クロマルとハクエンのところに帰ってくると2人は眠っていた。

「ミドリはクロマルの事どう思う?」

「そうですね、私はこの子にはこのダンジョンをどうこうしようとする気は無いと思いますね」

「そうか、僕もそう思う」

ミドリにクロマルの事をどう思うか聞いてみるとミドリはクロマルについてこのダンジョンに敵対するようなことはないと言った。まぁあってもすぐに対処できるようにはしている。念には念をというやつだ。

『それで海賊達が乗ってきた船はどうするつもりですか?マスター』

「ん?そうだな、使えるならすぐに使いたいけどな~」

ダンジョンコアが海賊達が乗ってきた船をどうするのか聞いてきた。僕も船を使えるなら使って旅に出てみたいとは思うんだけど、この島には船を操縦する事ができるものがいないので船を使って旅をしたりすることは出来ないのだ。

『それなら私が船を操縦しましょうか?マスター』

「え?ダンジョンコアって船を操縦出来るの?」

ダンジョンコアが船を操縦する事が出来ると言い出してきた。僕はダンジョンコアに船の操縦なんて事が出来るのか、と驚いた。

『はい、船全体をダンジョンにしてもらえれば私が船を操縦する事ができます、マスター』

ダンジョンコアの船を操縦するための条件が船全体をダンジョンにする事だと言った。それは船の一室をダンジョンにすると言う事ではなく船そのものをダンジョンにすると言う事だ。

『ダンジョンなら私は自由に移動させたりする事が出来ます、マスター』

「そうなのか、それじゃ船をダンジョンにしてみるか」

詳しいことはわからないがダンジョンコアができると言うならダンジョンコアを信じて船をダンジョンにしてみることにした。

「それじゃ、さっそく船のところに行ってるよ!」

僕はさっそく船をダンジョン化するために船が置いてある場所に向かうことにした。

「それじゃミドリはクロマル達を見ていてくれ」

「分かりましたわ!」

「それじゃいくぞ!シル」

「わお!」

シルに声をかけシルが僕の声に反応し服を咥え背中の上に乗せてくれた。シルに乗って向かった方が歩いて向かうより何倍もはやく移動する事ができる。

「気をつけて!」

「わかってるよ~」

「わお!」

僕はシルの背にのり船のところにまで向かった。

「よし!それじゃさっそく船をダンジョン化!」

僕は船のところに到着するとすぐに船全体をダンジョン化することにした。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く