拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

41話 女の子は奴隷でした!

船の中に倒れていた女の子をダンジョンまで連れてくることができた。

「ミドリ、ポーションを頼むよ」

「了解しました、これがポーションになります」

僕はミドリに頼んでポーションを持って来てもらった。ポーションはうちの畑で作った薬草をミドリが調合して作ったものだ。

「さぁ、飲んで」

僕は意識を失っている女の子にポーションを飲んでもらうために少し無理矢理だが口を開かせて少しずつ飲ませていった。

「う、うぅ、ここは?」

ポーションを飲みきると少女は意識が回復して来たようだ。そして次第に意識を完全に取り戻したようだ。

「えーと、今は話しするよりもまずはご飯を食べよっか」

意識を完全に取り戻した少女は僕たちに聞きたいことなどがありそうだったが、それよりもまずは少女にご飯を食べるように勧めた。少女の痩せすぎた体に合うようにうちのダンジョンで育てた野菜のスープ食べさせてあげることにした。

「ん?食べていいの?」

「いいよ、君のために用意したんだから、ゆっくり食べるんだよ」

少女は何度も自分が食べていいのかを確認してから、ようやく恐る恐るといった感じでスープをスプーンで掬い口の中に入れた。

「どう?美味しい?」

「ん、美味しい」

少女はそれだけを言うと次々にスープをスプーンで掬い口の中に入れていく。

「ん、なくなった‥」

「まだ、お代わりがあるけど、いる?」

「ん、食べたい」

少女はやっぱりお腹が減っていたようでスープのお代わりがあることを教えてあげると何度もお代わりをしてはすぐに食べきった。

「お腹いっぱい、満足!」

「それは良かったよ」

少女のために用意していたスープはすぐになくなったので急遽少女がお代わりしても大丈夫なように作ったスープも全部飲みきってしまった。それでようやく少女はお腹いっぱいになったようだ。

「ん、もういいよ?」

「ん?何が?」

「焼くなり煮るなり好きにして」

少女はバタンと地面に手と足を広げて倒れ込んだ。

「え!?そんなことしないよ!」

「ん?しないの?」

「そうだよ!」

「よかった」

少女は僕が少女を太らせて食べてしまうんだと思っていたようだ。確かにシルやモアラー隊などのモンスターが入ればそう思ってしまうのも仕方ないのかもしれないな。

「それじゃ、自己紹介をしようか、僕の名前はレイク、君は?」

「私はクロマル」

僕は気を取り直してまず自己紹介をしてみることにした。そして少女の名前がクロマルと言うことがわかった。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く