拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

40話 船を手に入れました!

今回僕は戦闘に参加せずにミドリ達の戦いを見ていた。ミドリ達が張り切り過ぎて僕がやることが一切なかった。そのため僕は1人で海賊達が乗っていた船がある場所にまで向かっていた。

「おぉ~以外としっかりしてるんだなぁ~」

船の近くにまでやってくると船の全貌が明らかになった。遠くからでは分からなかったがおそらくいい船だと思う。船についてはあまり知らないがこの船は小型ぐらいの規模の船だと思う。

「中も見てみるか~」

海賊達が何を船に乗せていたのか興味が湧いて来たので船の中に入ってみることにした。

「おぉ~」

僕は船に乗ることができた。この世界でも、前の世界でも船に乗ったことがなかったので初めて乗る船に考え深いものがあった。

「それじゃさっそく中を見てみるか」

船の中を探検してみることにした。船の中はふた部屋から作られていた。船長部屋と休憩部屋と物置部屋の3室しかなかった。

「ここが船長室か~」

船長室は船の行く先を決める大事なもの羅針盤や操舵輪が置いてあった。

「でも、船の舵の取り方とか分からないんだよな~」

船を手に入れても船の扱い方を知らなければ動かすことが出てないので船の持ちぐされになってしまう。

「お、武器が置いてあるな」

休憩部屋には海賊達が使うであろう剣や防具などが置いてあった。休んでいる時もすぐに戦いに行けるように置いてあったのだろう。

「最後はここか~」

僕は船長部屋と休憩部屋を見て回り、最後に物置部屋を見ることにした。

「うぅぅ~ちょっと臭うな~!」

物置部屋は少し、いや少しどころかかなり臭った。それがいい匂いだったら良かったのだが水に濡らしたまま放置した雑巾の匂いがプンプン臭った。

「ここには何があるんだ?」

物置部屋の中を覗いてみると黒い何かが置いてあった。

「これは!?」

物置部屋にあった黒い何かを調べるため近づいて見ると、黒い何かは1人の女の子だった。そしてその女の子は気を失って倒れていた。

「この子はまさか、奴隷なのか?」

女の子に首には首輪がついていた。

「まさか、奴隷がいるなんて」

僕はこの船に奴隷がいるなんて予想外だった。

「この子、どうしようかな?」

このまま少女を置いていくとおそらくこの子は死んでしまうだろう。体はもう痩すぎていていることから食べ物を何日も食べていないのだろう。

「仕方ない、連れて帰るか」

この子がもし僕たちに攻撃して来ても体が痩せすぎていて力が出せず僕たちの相手にならないだろう。

「もしかしたら、この辺りのことを知っているかもしれないからな」

この島の周辺のことを知っているかもしれないので、もしかしたらこの辺りのことを知るかもしれない。

「はぁ~それじゃ背負って帰りますか」

僕は気を失っている少女を背負ってダンジョンに戻ることにした。

ダンジョンに帰っている途中にシルが迎えに来てくれたのでシルの背に乗ってダンジョンに戻った。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く