拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

37話 島に海賊がやってきました!

ミドリ達が進化して強化された能力を試してから数日が経過した。

「わお!」

僕はダンジョンの外で畑を耕していると島を走り回っていたシルが僕のところに近寄って来た。

「どうしたんだ?」

「わお!」

僕がどうしたんだ?とシルに聞いてみると、シルは僕を口にくわえて海に向かって走り出していった。

「わお!」

「どうしたんだ?ん、あれは?」

海沿いに着くとシルは海に目を向けて吠えたので僕も海に目を向けてみるとそこには、

「あれは海賊なのか?」

ドクロの旗を掲げた船がこちらに向かって来ていた。

「シルは海賊が来たことを知らせてくれていたのか、ありがとうな!」

「わお!」

僕は海賊がこの島に向かって来ていることを知らせてくれたシルをよくやったとほめながら撫で回した。

「それじゃ、海賊が来たことをみんなに伝えに行こうか」

「わお!」

僕は島に海賊がやって来ることを伝えるためにシルの背に乗りダンジョンに戻ることにした。

「そうなんですか、それでは迎え撃つ準備を始めますね」

「「モキュ!」」

僕が海賊がこの島に向かって来ることをみんなに伝えるとミドリとモアラー隊が海賊を迎え撃つために海に向かっていった。

「「シュー!」」

ダイヤ達にはこのダンジョンを守ってもらうためにダンジョンに残ってもらうことにした。

「それじゃ僕たちも行ってくるよ!」

『分かりました、それでは健闘を祈ります、マスター』

僕とシルも海賊達を迎え撃つためにダンジョンを出て海に向かって行った。

「それでは私はこちらで罠を仕掛けますね」

「「モキュ!」」

ミドリとモアラー隊は罠を仕掛けるために動き出した。まずモアラー隊は島に入ってすぐのところに落とし穴を仕掛けるようだ。ミドリはその落とし穴を避けて森に入ってくることがあるかもしれないので森に罠を仕掛けることにしたようだ。まぁ、この罠の仕掛け方は僕たちの定番の罠の仕掛け方だ。

「罠を仕掛け終わりましたよ」

「「モキュ!」」

僕とシルはミドリとモアラー隊の罠を仕掛けるあまりの速さに僕たちは口を開いて驚いた。

「それでは私達は森に隠れましょうか」

「「モキュ!」」

ミドリとモアラー隊は島に入ってくる海賊に向かって奇襲を仕掛けるために森の中に隠れてしまった。

「そ、それじゃ僕たちも森の中に隠れようか」

「わ、わお!」

僕とシルもミドリとモアラー隊に続いて森の中に慌てるように隠れた。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く