拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

36話 新たな力を試してみました!

ミドリ達の進化した後の力を試すためにダンジョンの外に来ていた。ダンジョン内ではダンジョンに被害が出てしまう恐れがあるためだ。1階層にはダイヤ達がいるので試すわけには行かず、二階層には家や畑があるので試すことができない。そのため外に出て力を試すことになったのだ。

「それじゃ私から行きますね!」

まずはミドリから進化した力を試すようだ。進化さたのはミドリとシルとモアで3名だがみんな同時にやってしまうと何かあった時に対応できない可能性があるので1人ずつ試すことにしたのだ。

「《ポイズンフラワー》」

ミドリは詠唱することなく魔法を発動させた。

「私はこのように詠唱することなく魔法を発動することが出来るようになりましたね」

「凄いなー!」

ミドリは進化したことにより詠唱をすることなく魔法を発動することが出来るようになった。これによって詠唱で発動する魔法を特定されることはなくなった。それによって相手はミドリが発動する魔法は魔法名を唱えるまで何を発動するか分からなくなるのだ。

「そして、《ファイヤー》《ウォーター》《ランド》《ウィンド》このように植物だけじゃなく自然に関する魔法を使えるようになりましたね」

ミドリは植物魔法から自然魔法になったことによって簡単な、火魔法ファイヤー水魔法ウォーター土魔法ランド風魔法ウィンドが使えるようになっていた。

「今の所はこんな感じですね」

細かいところも進化して強化されているようだけど大きく強化されているのは植物魔法から自然魔法に変わったところだろう。

「わお!」

次にシルが進化したことによって強化された力を試すようだ。

「わお!」

シルが吠えると身体の毛が鋭く尖ったように見える。

「わお!」

毛を鋭くしたシルは木に向かって突進していった。そしてシルがその木から離れてみると木は穴だらけになっていた。

「シルは毛を自由に硬くすることが出来るようになったんだな」

シルの進化による強化された力は毛の硬さを変化させれることだろう。毛の硬さを硬くしたまま走り回るとぶつかった相手を吹き飛ばしたりすることや今回のように穴だらけにしたりすることもできる。他にも走るスピードが速くなったりとか噛む力が増したりなど身体能力も高くなっただろう。

「モキュ!」

最後にモアが進化した力を試すようだ。

「モキュ!」

モアが鳴くと身体からメラメラと燃えだして来た。

「モ、モキューー!」

メラメラと火は燃えて最後には毛の色が完全に赤くなっていた。

「モキュ!」

モアが近くにあった木を殴ると、バキッ、と音を鳴らして崩れてしまった。そして木を殴ったところを見てみると焼けたような跡が残っていた。

「あ、モアから熱気を感じるぞ!」

「そうですね、少し暑いですね~」

モアの身体が本当に燃えているように感じるほどモアから熱気を感じた。モアの身体を触ると火傷してしまうのだろう。実際にモアが殴った木は焼けたような跡が残っていたのだから。

「モキュ~」

モアの身体からプシュ~と音を立てて煙が出て来た。煙が晴れるとモアの毛は少し赤みがかかったぐらいの色に戻っていた。

「みんな強くなったな!」

「当然ですね!」

「わお!」

「モキュ!」

ミドリ達は進化したことによってすごく強くなっていた。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く