拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

31話 コボルドとの戦いでした!

ダンジョンの周りに罠を仕掛けてから1日が経った。今日は島にいるモンスター、コボルドと戦う予定だ。このコボルド達全部を倒すことができたらこの島での安全は確保することが出来るのだ。
そのため僕たちはいつも以上に気合を入れていた。

「それじゃ僕とシルがコボルド達を引き寄せてくるからみんなは戦闘態勢で待ってて」

「わかってますよ、準備は出来てますから」

僕はシルの背に乗りコボルド達がいた所まで走って行った。みんなにはすぐに戦闘になるはずなので戦闘態勢で待っててもらうことにした。

「ここにコボルド達がいるんだな、シル」

「わお!」

シルは背中に僕を乗せてコボルド達がいる所にまで連れてきてくれた。

「本当だ、数は最低でも50は超えてるな」

コボルド達の数は最低でも50は超えているように見えた。藁で作った簡単な家もあった。前にいた村で聞いた話だがコボルドは家など作ることはしないようだ。それはすぐに行動を起こすことが出来るようにだと言われていた。もし自分達が敵わない敵がするとすぐに逃げ出すためだそうだ。
だが、この島にはコボルド達しかモンスターがいないので外敵となるものがいないのとここは島なので逃げるところがないのかは分からないが普通のコボルドとは違い簡単にだが家を作っていた。

「まぁ、別にいいか」

まあ考えることはこれで終わりにする。これからコボルド達を連れて罠を張っているダンジョンにまで追いつかれることなく戻らなければならないのだ。変に考え事をして判断をミスったり送れたりしては後々大変なことになるかもしれないのだ。だからこれでコボルド達のことについて考えるのはやめた。

「それじゃ、シルやってくれ」

「わお~!!」

コボルド達から注目を集めるためにシルに雄叫びを上げてもらった。シルが雄叫びを上げた瞬間にコボルド達はビクッと肩が揺れてすぐに僕たちの方に顔を向けた。

「コボ!」

「コボ!」

「「コボ!」」

コボルド達はすぐに声を掛け合い僕たちに向かって襲いかかってきた。僕はすぐにシルの背に乗りダンジョンに向けて走り出した。

「へぇ~、コボルドはまぁまぁ速いんだな」

コボルド達はシルの走るスピードに追いついていた。まだまだシルは全力ではないとはいえさすが犬のモンスターと言った所だな。

「よし、そろそろだな」

「わお!」

シルは思いっきり飛び上がった。なぜ飛び上がったかと言うともうここら辺には罠が仕掛けてあるからだ。事前にどうやって罠を抜けるか決めておいたので罠に引っかかることなくダンジョンの近くにまで戻ってくることができたのだ。

「さぁ、みんなコボルド達がきたぞ!」

「はい、私に任せてください!」

「わお!」

「「モキュ!」」

僕たちとコボルド達の戦いが始まろうとしていた。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く