拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

29話 ここは無人島でした②

ダンジョンゲートを移動させてここが無人島だと言うことがわかって1日が経った。

僕とミドリとモアラー隊とシルでダンジョンを出て海に来ていた。

「そう言えば海のモンスターって強いんだっけ?」

「そうですね、海のモンスターは自分たちの得意な場所で戦闘をするから戦いにくくはあるわね」

海にもモンスターはいる。そして海のモンスターは強いと言われている。それはミドリが言ったように海のモンスターは海で戦うから強いのだ。彼らの得意である海でいつも地上にいる僕らでは分が悪いのだ。だから海のモンスターは強いと言われているのだ。

「そうか、海にはどんな魚がいるんだろうな」

そう言いながら僕は海の中に入って行くと

「シャァー」

1匹のサメが僕に向かって突っ込んで来た。

「わお!」

僕に向かって来ていたサメをシルが横から飛びつきサメを吹き飛ばした。

「びっくりした~、ありがとうなシル」

「わお!」

「それでこのサメは何のモンスターなんだ?」

「これはロケットシャークですね」

僕に向かって突っ込んで来たのはロケットシャークと言う名前のモンスターのようだ。ロケットシャークは相手を見つけると一直線に突っ込むとても危険なモンスターのようだ。

「このモンスターには食べるところがないので放っておきましょう」

ロケットシャークは皮も身も硬く食べられるもんじゃないそうなので放っておくことにした。

「それにしてもやっぱり海って危険だね」

少し海に入っただけで襲われたのだ。やっぱり海は危険だということを認識した。海を見ているだけだと綺麗だしついつい入って見たくなるんだけどな。そこで海に入ってしまうと海のモンスターたちの餌になってしまうんだけどね。

「それじゃ塩を作ってみますか」

僕たちが海に来た理由は塩を作るためだ。塩はこの世界では貴重な物として扱われているのだ。海は危険だからわざわざ塩を取りに来るものがいないのだ。

「まずは鍋に海水を入れて」

「分かりましたわ!」

「「モキュ!」」

僕とミドリとモアラー隊は鍋を持って海水を入れて行く。シルには僕たちの護衛を頼んである。

「それから温めたら良かったんだっけ?」

僕は魔力を使い火を出した。

「よし、これで大丈夫なはずなんだけど」

こんな感じで塩は出来て行くはずなんだけどなぁ~うろ覚えだったのでこれで塩が出来るのか出来ないのかわからなかった。出来たらラッキーの気持ちでいておくことにした。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く