話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

26話 ダンジョンゲートを移動させました!

「どうしょうか?」

「どうしましょう?」

「わお?」

「「モキュ?」」

『私に提案があります、マスター』

ここが冒険者たちにバレてしまったのでどうしようかとみんなで考えていた。

「提案?」

『はい、ここがバレてしまったので移動してしまいましょう、マスター』

ダンジョンコアが提案したのはダンジョンを移動させることだった。

「どうやって移動するんだ?」

ダンジョンコアはダンジョンから出すことはできないためここから移動するなんてできないはずなんだけど。

『ダンジョンゲートを移動させるのです、マスター』

ダンジョンゲートとダンジョンと外の世界を繋げる扉みたいなものだ。確かにダンジョンゲートを移動させたら冒険者たちから逃げることは出来るけど。

「どれくらいの魔力が必要なんだ?」

『全部です、マスター』

「はぁ~全部か」

『はい、全部です、マスター』

ダンジョンゲートを移動させるにはゴブリンとの戦いから貯めてきた魔力を全て使わないと出来ないようだ。

「仕方ないよな」

『仕方ないと思います、マスター』

ここで魔力を残しておいて冒険者たちと戦うよりも、魔力を使いダンジョンゲートを移動させた方が安全で確実に生き残れるだろう。冒険者たちはたくさんいるので倒しても倒してもやってくるだろう。そしてそのうちめっちゃくちゃ強い冒険者が来て攻略されてしまう危険性があるのでやっぱり移動させた方が安全だな。

「それで移動先はどこになるんだ?」

「分かりません、マスター」

「え!?」

『移動先はランダムに決まります、マスター』

ダンジョンゲートの移動先はランダムに決まってしまうとのことだ。

「はぁ~それでもやるしかないよな」

『そうですね、やるしかありません、マスター』

「それじゃ移動させるか」

『分かりました、マスター』

僕はダンジョンゲートを移動させることにした。僕が生まれた村とももうお別れになってしまう。だが別に村にはいい思い出がないので別にどうってこともないけどな。なんたって僕の家はこのダンジョンなんだから、生まれた村とも離れても悲しくもなんともない。村長も僕が消えてくれて喜んでいるはずだからな。

「それじゃダンジョンゲート移動!」

『それではダンジョンゲートをランダムに移動させます、マスター』

僕達のダンジョンゲートがあった洞窟から消えていった。洞窟はダンジョンゲートがなくなったことで普通の洞窟に戻っていた。もうここから僕のダンジョンコに侵入することも出て行くことも出来なくなってしまった。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く