拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

25話 ダンジョンに冒険者がやってきた!

『ダンジョンに侵入者がやって来ました、マスター』

ダンジョンに侵入者がやって来た。

「はぁ~どんなやつらが来たんだ?」

僕は一階層の様子を見てみることにした。


「おい、ここおかしくないか?」

「そうだな、ここから魔力の気配が感じるぜ」

「もしかして、ここはダンジョンなのかもしれないな」

ダンジョンに入って来たのはまたもや3人組だった。

「今回の侵入者はまさか冒険者か?」

『そうですね、今回の侵入者は冒険者と呼ばれるものたちです、マスター』

今回侵入者して来たのは冒険者と呼ばれる者たちだった。冒険者は簡単に言うと冒険者ギルドって会社の社員みたいな者だ。冒険者ギルドは何でも屋と同じようなものらしい。冒険者ギルドに集まって来る依頼をこなすと賞金がもらえると言うものだ。僕はダンジョンマスターになるまでは冒険者になりたいと思っていた。

「そうか、あれが冒険者か」

僕はもう一度ダンジョンに侵入してきた冒険者を見て見た。


「まさか、本当にここがダンジョンって言うのかよ!」

「そうだ、なぜならここから魔力の気配がプンプンするからだ」

「まじかよ、俺たち盗賊達を追いかけてきてダンジョンを見つけるなんてついてるぜ!」

僕のダンジョンに侵入してきた冒険者達はここがダンジョンだと言うことに気付いたようだ。そしてなぜここに冒険者が来た理由とは盗賊達を追いかけて来たからだと言っていた。つまり盗賊達が傷だらけだったのはこの冒険者達に追いかけられていたからだろう。ここがダンジョンと気づけない盗賊達よりここがダンジョンだとわかった冒険者の方が強いのだろう。

「どうする?」

『それは倒すしかありません、マスター』

毎回ダンジョンコアに聞いても倒すしかありませんとしか言われない。まぁそれは当然って言えば当然だけどな。ここは僕たちの家だ。家に侵入者が来たら倒すしかないよな。侵入者は僕たちを倒そうと来ているのだから。

「おい、そうと決まりゃあ報告にいくぞ!」

「そうだな、それじゃ戻るか!」

「本当にラッキーだったぜ!」

冒険者達はダンジョンから出て行った。

「え、出て行ってしまったぞ?」

冒険者はここがダンジョンだと言うことがわかるとダンジョンから出て行ってしまった。

『そうですね、やられましたね、マスター』

「ん、どう言うことだ?」

『ここが冒険者達にダンジョンとバレてしまうと言うことです、マスター』

「あ、そうか!」

ここがダンジョンだと冒険者達にバレるとダンジョンに冒険者達が押し寄せて来る可能性があるのだ。ダンジョンにあるダンジョンコアにはかなりのお金になると言われているのでそれを取りに冒険者達が押し寄せて来るのだ。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く