拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

23話 ダンジョンに盗賊がやってきた③

「おりゃあ!」

僕はもう一人盗賊の男に斬りかかった。

「く、くそ!」

盗賊の男も僕の剣を防ごうと剣を抜こうとするがやはりストーンタートス達が噛み付いていて剣を抜くことができず僕に何も出来ず切られた。

「はぁ、はぁ、ようやく取れたぞ!」

最後に残った兄貴と呼ばれていた盗賊はストーンタートスを引き剥がすことが出来たようだ。

「くそ!やりたい放題やりやがって!」

盗賊は僕に向かって剣を抜き襲いかかってきた。

「はっ!」

僕は襲いかかる剣を丁寧に安全に防いで行く。

「はっ!防いでいるだけではこの俺様には勝てないぞ!」

僕が攻撃を防いでいるだけで何も出来ずにいると思い盗賊が笑いながらぼくをバカにしてきた。

「そうか、それじゃ攻撃してやるよ!」

僕はただ攻撃を防いでいたわけじゃない。ストーンタートス達が近くにいたので遠くに避難させるために時間を稼いでいたのだ。

「行くぞ!カラドボルグ《雷装》」

僕はとっておきであるカラドボルグの能力の一つである雷を纏った。カラドボルグの雷は剣だけではなく僕自身も雷を纏うことができるのだ。《雷装》を纏うことによって僕の素早さは格段に上がる。

「それがどうした!」

盗賊は僕に向かって再び剣を振るってきたが、

「おそい《迅雷》」

《迅雷》は雷の速さで移動する技だ。これによって盗賊の攻撃を難なくかわし盗賊の背後を取ることができた。

「これでとどめだ!《雷切》」

そして背後から僕の必殺技の《雷切》を使った。《雷切》は雷すらも切り裂く速さで剣を振るう技だ。

「な、なにがお…」

盗賊男は切られたことすらわからないまま倒れていった。

「はぁ、はぁ、終わったな」

《雷装》を解き、地面に大の字で倒れた。

「僕もまだまだだな」

《雷装》は使った後に雷を纏っていたので体が痺れてしばらく動かなくなってしまうのだ。そして未完である《迅雷》と《雷切》も使ったので体に無理がかかっていて無理に動かそうとしても動きそうになかった。

「「シュー!」」

僕が地面に倒れこんでいると、ストーンタートス達が周りにきてくれた。

「どうしたんだ?」

「シュー!」

ストーンタートス達は僕の体を噛み始めた。噛み始めたといっても盗賊達のように思いっきり噛むのではなく優しく甘噛みの要領で噛み始めたのだ。もちろん痛くはなく気持ちいいぐらいだ。

「ありがとうな!」

「「シュー!」」

僕は体が自由になるまでストーンタートス達に噛み付かれたままだった。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く