拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

24話 ちょっとした休息でした!

盗賊達を倒してから1日が経った。

「それにしてもこのカラドボルグは凄いなぁ~」

僕は昨日盗賊達と戦った時を思い出す。あの時のカラドボルグの力はまだ全力ではなかった。まだまだカラドボルグには力が眠っているのだ。それと気のせいかもしれないが僕がいくぞと声をかけた時に僕の声に反応した気がした。

「それと盗賊達が傷だらけだったことも気になるなぁ~」

盗賊達と戦っていてすでに盗賊達じ傷だらけだったことも気になっていた。僕と戦う前だからここにくるまでに何かと戦ったということだ。もしかしたらその盗賊達が戦った何者かがこのダンジョンにくる可能性があるので注意しなければならないな。

「まぁ、今はいっか!」

僕は今、盗賊達の持ち物を確認していた。盗賊達は吸収してダンジョンコアに魔力を渡しておいた。それで残った持ち物を確認して使えそうなものは残しておいてそれ以外のものは吸収することにしたので今はその吸収する物としないものを分ける作業をしていた。

「これはどうでしょうか?」

持ち物の仕分け作業は僕とミドリとダンジョンコアで行なっていた。仕分けしていてミドリが僕に必要な持ち物かどうか聞きに来た。

「そうだな~それは必要になる時が来るかもしれないから残しておくか」

ミドリが持って来たのは黒のマントだった。これは盗賊達の人数分の3枚あった。黒のマントには装着者の存在を認識から外す効果があるものだった。僕のダンジョンには効果がなかったようだが。

『あまりいいものがないですね、マスター』

「そうだな、後はポーションぐらいかな」

盗賊達の持ち物は数が少なかった。その中でも僕たちが残っておくのは黒のマント3枚とポーション3つを吸収せずに残しておくことにした。ポーションは飲むと傷と体力を回復させてくれるアイテムだ。

「それじゃ残りは全部吸収しておくか」

「それでは黒のマントとポーションを家に置いて来ますね」

『分かりました、吸収しておきます、マスター』

ダンジョンにはダンジョン内の魔力を持つものを吸収することが出来るのだ。それによって盗賊達と黒のマントとポーション以外の持ち物も吸収することにした。

「それじゃ、今日はゆっくりするか~」

持ち物を分ける作業も終わったので今日はゆっくり過ごそうとしたけど、

『ダンジョンに侵入者がやって来ました、マスター』

どうやらダンジョンに侵入者がやって来たようなので今日はゆっくりすることができなくなった。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く