話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

22話 盗賊がやってきた②

ダンジョンには盗賊3人組がテントを張り休んでいた。

「それじゃ行くぞ!」

「「シュー!」」

僕とストーンタートス達だけで戦う盗賊達の戦いが始まった。

僕とストーンタートス達が作戦会議をした結果、最初に僕がテントの中にストーンタートス達を投げ込むことになった。

「それじゃ投げるよ!」

「シュー!」

僕はストーンタートスを持って大きく振りかぶりました。

「どんどんいくよ!」

「シュー!」

僕は10体のストーンタートス達を盗賊達が休んでいるテントの中に投げ込んだ。

「うわぁ、何か飛んできたぞ!」

「いたっ!何かに噛まれたぞ!」

「おい!なんだこれは!」

盗賊達は突然飛んできたストーンタートス達に驚いたようだ。何体かのストーンタートス達にぶつかったとうぞくもいたようだ。

「て、敵襲だ!」

「て、テントに出るぞ!」

「わかってる、出るぞお前ら!」

盗賊達はテントの中から慌てて出てきた。

「どこだ!」

「出てこい!」

「隠れてないで出てこいや!」

盗賊達は辺りを見渡し敵がいないことに気付くと大声を上げ出てこいと叫び始めた。だからと言って僕は姿をあらわすわけはないけどね。

「出てこないな」

「出てきませんね」

「それじゃテントの中を見てみるぞ!」

敵が姿を現さなかったのでテントの中に戻っていった。何がテントの中に放り込まれたのかを見るためだろう。

「なんだこれは?」

「なんですかこれは?」

「これはただの石か?」

盗賊達はテントの中にあった石を手にとってみた。

「シュー!」

盗賊達が手にとって見ていたのはただの石なんかではなくストーンタートス達だ。ストーンタートス達は一斉に顔を出し盗賊達に噛み付いた。

「いてぇ!」

「いたい!」

「なんじゃこれは!?」

盗賊達は必死にストーンタートス達を引き離そうとするがストーンタートス達は噛む力が強いのでなかなか引き剥がすことはできなかった。

「それじゃ僕も行きますか!」

盗賊達が混乱し始めたので僕も打って出ることにした。

「ん、アニキ敵が出ました!」

「あ、兄貴、敵が来ました!」

「わかってるわ!まずはこいつらを引き剥がせ!邪魔になるぞ!」

盗賊達は僕の登場に気付き迎撃しようとしたがストーンタートス達が噛み付いていて邪魔になるので引き剥がそうとするがやっぱりなかなか剥がすことはできなかった。

「うりゃあ!」

「あぁぁ!」

僕は未だストーンタートスを引き離そうとして何も出来ていない盗賊の一人にカラドボルグをで斬りかかった。だが盗賊も武器を構えようとするが腕に噛み付いているストーンタートスが力を入れて噛み付いているせいで手が痺れて動かなかった。

「おりゃあ!」

僕は盗賊の1人を倒すことに成功した。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く