話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

21話 盗賊がやってきた!

「ヒヤッハー!アニキ見てくだせー!」

「ヒャッホー!兄貴ここで休めますぜ!」

「オウ!分かってるぞ!お前達!」

僕のダンジョンに盗賊がやって来た。

盗賊がやって来たのはほんの少し前で、ヒヤッハー、ヒャッホーと叫んでいる人達が僕のダンジョンに入って来て中の安全を確認し終えると、1人が兄貴と呼ばれる人物を呼びに行ってそしてこの様な状況になったのだ。

「これはどうしたらいいんだ?」

「これはどうしましょうか?」

「わお?」

「「モキュ?」」

僕がこの状況をどうしたらいいのか頭を悩ませていると皆んなもどうしたらいいのかわからないようで首を傾げていた。

『この者達を倒せばいいのです、マスター』

確かにこの者達を倒すことは簡単だ。おそらくゴブリンキングより強いわけはないので負けることはまずないだろう。

「倒すことは簡単だけど、でも、ちょっと試したいことができた!」

「試したいことですか?」

「そう、試したいことがあるんだ!」

僕はダンジョンに入って来たのがそんなに強くなくて人数も少ないので試したいことがあった。

「僕とストーンタートス達だけで戦ってみたいんだ!」

僕の試したいこととはストーンタートス達がどれだけ強いのか、どれだけ戦えるのかを確かめてみることだ。それと僕のとっておきを試すのにちょうどいいと思ったのだ。

「どうかな?」

「ん~私は別に構いませんよ?」

『それはいい案だと思います、マスター』

ミドリとダンジョンコアも大丈夫だと認めてくれた。ミドリもダンジョンコアもストーンタートス達の力を見てみたいと思っていたのだろう。ストーンタートス達はゴブリンとの戦いが終わってから召喚したので戦いの経験がないので戦いの経験をストーンタートス達に積ませたいと思っているのかもしれないな。

「それじゃさっそくダイヤと作戦会議をしてくるよ」

僕はダイヤ達、ストーンタートスがいる一階層にワープで移動する。

「「シュー」」

一階層にきてみるとダイヤ達が迎えてくれた。

「今回は僕とダイヤ達、ストーンタートスだけで戦うことにした。」

「「シュー」」

僕とストーンタートス達だけで戦うことを知るとストーンタートス達は気合が入ったように鳴き声を上げてしまった。

「ちょっと、落ち着け!」

「「シュ~」」

幸い盗賊達には気づかれなかったようだ。

「それじゃ作戦会議を始めるぞ!」

「「シュー!」」

盗賊達を倒すためストーンタートス達との作戦会議を始めた。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く