拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

17話 新たな階層を召喚しました②

僕はシルと一緒にダンジョンマスターの能力を使い新たに作った階層にワープで移動した。

「ここが新たな階層か~」

僕とシルが新たな階層に移動した時に初めて目にしたのは石だった。

「って、土の次は石かよ!?」

「わお!?」

この階層は全て石でできていた。天井も壁も地面も全て、石、石、石で出来ていた。僕がこの階層内を見渡し全てが石出てきていることが分かり大きな声で驚いたのでシルは突然大きな声を出した僕に驚いた。

「ごめん、ごめん、なんかダンジョンの階層って全て同じもので出来てるのかな?」

「わお?」

僕のダンジョンは全て同じもので出てきていた。例えば二階層は全て土で、そしてこの1階層では全て石で出来ている。僕はダンジョンって言えばダンジョンの中なのに海があったり森林があったりと摩訶不思議な場所だと思っていたのに、まぁ魔力を使えばそういった場所にすることができるがそれをするにはとてつもない魔力と時間がかかってしまう。

「それじゃ少し辺りを見てから2階層に戻ろっか」

「わお!」

シルは口で僕を掴み上に放りあげると僕はくるくると回りシルの背中の上に乗っかった。

「それじゃ出発!」

「わお!」

僕を乗せたシルが石で出来たこの階層を走り出した。この階層は地面が平面ではなくデコボコしているので走るというよりも石から石に飛び移ると言った方が正しいかもしれない。

「う~ん、やっぱりと言うか、石しかないね」

「わお~」

しばらく階層内を調べたが予想通り石以外何もなかった。時々光っているような石もあったが今は階層内を調べることを優先したのでまた今度取りに来ることにした。

「それじゃ一回、2階層に戻ろっか」

「わお!」

僕達は1階層から2階層へとワープして戻った。

「あら?お帰りなさい、一階層はどうでしたか?」

「そうだね、一階層は全てが石で出来ていたよ」

僕は2階層にワープで戻るとそこにミドリがいて新たに出来た階層のことを聞いてきたので僕が見たことを調べたことを伝えた。

「それで、そっちはどんな感じになった?」

「そうね、モアラー軍団が手伝ってくれたので、畑を耕すのは終わったわ、」

「そうか、ありがとうな、モアラー軍団もありがとう!」

「「「モキュ!」」」

「それでこの畑に植える物を考えておいたから召喚してもらえるかしら?」

「わかった!すぐに召喚しょう!」

僕はミドリに言われた通り畑に植える物を次々と召喚していく。その中には危険な植物、毒を吐くやつや、触れると痺れるやつや、強烈な匂いを放つやつなどがいた。野菜では前の世界にもあったやつが召喚されていたので変な物を食べなくてすみそうだった。

「それじゃみんなで協力して植えていきましょうね!」

僕達はミドリの指示に従って召喚したものを畑に植えていった。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く