拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

10話 準備は完了です!

僕たちがダンジョンに帰ると罠は作り終わっていた。

「こんな感じでどうでしょうか?」

「おぉ、すごいな」

僕はミドリとモアラー軍団の罠の完成度に驚かされてしまった。まずミドリの罠はダンジョンに入ってすぐに仕掛けてあるので分かっていても引っ掛ってしまうところだった。知っていても本当に危ないところだったのでこのダンジョンを知らない者は引っ掛かってしまうだろう。次にモアラー軍団の落とし穴は穴が空いているんじゃなく上手くカモフラージュされていてよく見ないと落とし穴か分からないのだ。

「すごいな、よく出来てるよ!」

「ありがとうございます!」

「「モキュ!」」

ミドリとモアラー軍団には少し休んでもらうことにした。こんなに凄い罠を素早く作ってくれたので疲れているだろうと思い休んでもらうことにした。

「それでゴブリンを従えていたのはゴブリンの上位種だったよ」

「そうなの?それでどうするの?」

ミドリとモアラー軍団の休憩がおわり僕とシルがダンジョンの外で調べた結果を話し合っていた。

「う~ん、こっちからは何もしないかな?」

こっちから仕掛けるには数が足りないので返り討ちに合うかもしれないのでこっちからは手を出さないことにした。

「それであっちから攻めて来たら?」

「その時は全力で返り討ちにしてやる!」

もしあっちから僕たちのダンジョンに攻めて来たらそれはもう返り討ちにするしかない。僕はダンジョンコアを壊されたらダメなのでそれを守るために返り討ちにするしかない。

「そうですね、そのための罠ですもんね」

「そうだよ!そのために罠を作ったんだから!」

そうだ、もしゴブリン達が攻めて来ても大丈夫なために罠を作ったんだからな。

ぐぅぅぅぅ~

「そ、それじゃ一先ずご飯を食べよう!」

「ふふ、ご飯にしましょうね」

「わお!」

「「「モキュ!」」」

僕のお腹が腹を空かせて音を鳴らしてしまった。僕たちはいつくるか分からない、もしかしたら来ないかもしれないゴブリン達について考えていてもしょうがないので朝から何も食べていなかったので腹ペコになっているのでご飯を食べることにする。

「ふぅ~お腹いっぱいだな」

「わお!」

「「モキュ!」」

「美味しそうに食べてもらえて嬉しいわ」

ご飯はミドリが作ってくれている。僕とシルとモアラー軍団は料理が出来ないので料理が出来るミドリが料理当番になっている。いつもは魔力を消費してご飯を召喚したりするのだが今回はゴブリンがいつ来ても大丈夫なように魔力は消費せず温存しておくことにしている。そのためいつもより種類は少なかったけど量が多めだった。それでもミドリのご飯は美味しいけどね。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く