拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

11話 ゴブリンとの戦い①

『マスター!ゴブリンが侵入して来ました!マスター!』

「ゴブリンが来たのか!」

ゴブリンが僕達のダンジョンにようやく来たのかそれとも来てしまったのかはよく分からないがとりあえず僕たちは今ダンジョンに侵入して来ているゴブリンを迎撃することにした。

「それじゃみんなやるぞ!」

「はい!」

「わお!」

「「モキュ!」」

僕たちはゴブリンを迎撃して行く。

まずは罠である引っ掛け罠と落とし穴のコンビだ。ダンジョンに侵入してきたゴブリン達は引っ掛け罠を避けることができず引っかかって行く。

「次は落とし穴だな」

引っ掛け罠の後に落とし穴が仕掛けてあるので引っ掛け罠に引っかかったゴブリン達は落とし穴に落ちて行く。

「次は私ですよ!」

落とし穴に落ちなかったゴブリンもいるのでその罠を抜けてきたゴブリン達を迎え撃つためにミドリは植物魔法を唱えて行く。

「相手をなぎ払え《グリーンウィップ》」

ミドリの《グリーンウィップ》は植物の蔓が鞭のようにまとめ上げて鞭のようにして相手に攻撃する魔法だ。

「いいぞ!モアとシルもいい調子だ!」

「わお!」

「「モキュ!」」

シルはダンジョンを走り回って次々にゴブリンに噛み付いて行く。シルの早さに追いつくことが出来ないのでシルの攻撃にゴブリンは対応することが出来ない。

モアはモアラー軍団で行動し確実にゴブリン一体一体を倒していっていた。モアラー達はゴブリン達より力が強く力勝負では負けることがなかった。

「よし、僕もやるか!」

僕も罠を抜けて僕のところにやってくるゴブリン達を剣を使い倒して行く。ゴブリン達は素手の奴が多く五歳の僕でも武器を持っている僕の方がリーチが長くゴブリンの手が届く前に相手を切り裂いて行く。

「よし、この調子なら!」

このままゴブリンを倒していけたら怪我もなくゴブリン達を殲滅することが出来ると思っていたがそんな上手いこと事が進むわけはなかった。

『さらにゴブリンの上位種が侵入してきました、マスター』

ダンジョンコアから僕たちにダンジョンにゴブリンの上位種が侵入してきたと報告が上がった。

「そうだった!まだ上位種が居たんだった!」

僕は上位種のことを忘れていたのだ。

「ごぶごぶ!」

雄叫びをあげながらゴブリンの上位種が僕たちの目の前に姿を現した。

「な!あれが上位種なのか!」

僕たちの目の前に現れたゴブリンの上位種は普通のゴブリンとは違っていた。普通のゴブリンより大きく筋肉がついている黒い体だった。そして手には剣と盾を持っていた。

「確かに強そうだな!」

「それなら私がやりますね!」

普通のゴブリンより強く武器を持っているゴブリンでは僕には分が悪いので、ミドリが相手をしてくれることになった。

「な、まだいるのか!」

ゴブリンの上位種は一体だけではなかったのだ。さらに二体の上位種がダンジョンに侵入してきた。

「わお!」

「「「モキュ!」」」

ゴブリンの上位種一体にシルが向かっていき、もう一体にはモアラー軍団が向かっていった。

「よし、僕も加勢に行くか!」

あらかたゴブリン達を倒し終わったので、僕はじいっーとミドリやシルやモアラー軍団を見ているだけなんて出来ないので加勢に向かおうとしたがさらにダンジョンに侵入者がやってきた。

『あれは王種です、マスター!』

ダンジョンに侵入してきたのは王種と呼ばれるゴブリンだった。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く