拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

13話 ゴブリンとの戦い③

【ミドリ視点】

「はぁ~いい加減にしなさい!」

私は今ソードゴブリンと戦っている。今すぐ王種と戦っているご主人様の応援に行きたいのにこの目の前の相手が私の行く先を塞いでくる。

「はぁ~仕方ないですね!緑の弾丸で敵を打ち抜け《グリーンバレット》」

ゴブリンキングがいるのであまり魔力を消費したくはなかったけどすぐにでもご主人様のところに向かいたいので植物魔法を唱えた。私が唱えた植物魔法グリーンバレットは植物の種を勢いよく飛ばして相手を貫く魔法だ。この魔法によりソードゴブリンをようやく倒す事ができた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【シル視点】


「わお!」

「ごぶごぶ!」

シルはソードゴブリンの攻撃を一撃も食らう事なく避けていた。相手を中心に走り回りソードゴブリンがシルに攻撃して来たときにできる隙を狙い少しずつソードゴブリンに噛みつき肉を噛みちぎっていた。

「ご、ぶ、ごぶ」

ソードゴブリンはシルが肉を噛みちぎった所から血がたくさん流れ出していた。そのせいで足元はふらつき今にも倒れそうだった。

「わお!」

最後にとどめて言わんばかりにシルはソードゴブリンの首に噛み付いた。今度はソードゴブリンが倒れるまで離すことなく噛みつくとソードゴブリンは暴れ出すがそれでも離すことなく噛み付いていた。

「わお~~~~~~!」

ソードゴブリンは必死にシルを引き剥がそうとするがそれでも離すことは叶わず次第に動きが鈍くなって行き立っていることもできず地面に倒れこみそれから動き出すことはなかった。それに気づいたシルはようやくソードゴブリンを離し勝利を確信し勝利の雄叫びをあげた。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【モアラー軍団視点】


「モキュ!」

「「モキュ!」」

モアラー軍団はモアが指示をだしモアラー軍団でソードゴブリンと戦っていく。

モアラー軍団は数の利を活かしてソードゴブリンとの戦いを有利に進めようと闘っていた。

「ごぶごぶ!」

ソードゴブリンは数の差で攻めてくるモアラー軍団に攻めあぐねているようだ。モアラー1体を攻撃しょうとしても他のモアラー達にその隙を狙われてしまうからだ。それとモアラー軍団はダンジョンを潜って自由自在に動き回り翻弄されているのだ。

「モキュ」

モアラー軍団も攻めきれないでいた。モアラー軍団には決定的になる攻撃がなかったのだ。どれだけ相手を翻弄しょうとどれだけ数の利で勝っていても決定打がないと相手に勝つことは出来ないのだ。

「「「モキュ!」」」

だからこそモアラー軍団は考えた。今自分達が相手より優っているものを、それは地形の利と数の利だ。この2つは相手より自分たちの方が優っているのだ。数の利は言わずとも1対5なのでこちらが優っている。地形の利はこの土で出来ているダンジョンだ。土で出来ているので地中の中に入り攻撃を防いだり地中の中を移動したりとこの地形を生かすことができているのだ。

「ごぶ!?」

突然地面が崩れだしたのだ。あまりにも突然のことだったのでソードゴブリンは反応出来ずに穴の中に落ちていった。

「モキュ!」

モアラー軍団はこれを好機と見て一斉に飛びかかったのだ。この穴はたまたま崩れたのでない。モアラー達が作り出したものだ。4体がソードゴブリンを翻弄している間に一体のモアラーがソードゴブリンの足の下に穴を作っていたのだ。ソードゴブリンには気付かれないように慎重にかつ急いで作り上げたのだ。

「モキュ!」

「「モキュ!」」

ソードゴブリンは崩れ落ちた時に足を怪我したみたいで何も出来ずモアラー軍団が殴って倒すことが出来たのだ。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く