拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

5話 僕は満足でした!

僕とミドリは協力してオークをダンジョンに持ち帰った。

「帰ってきたよ!」

「わお!わお!」

「おし、おしおし!」

ダンジョンに帰って来るとウルフが僕の顔を見ると勢いよく飛び込んできたのでその勢いで僕は倒されてしまった。

「ちょっと、急に離したらあぶないわよ」

「ご、ごめん、だって」

「わお!わお!」

僕が急にオークから手を離したのでミドリはバランスを崩してしまった。急に手を離してバランスを崩してしまった僕はミドリに注意され謝ろうとしたがウルフが顔をペロペロ舐めるのでうまく喋ることが出来ずうまく謝ることが出来なかった。

「はぁ~まぁいいですよ、それじゃわたしは発火草を取ってきます」

ミドリはそう言うとダンジョンから出て行ってしまった。

「ありがとう!」

発火草は発火する草のことで潰したり斬りつけると発火するのだ。

「その間に僕はオークを解体しておくか」

僕は召喚した剣をうまく使いオークを食べやすいように解体しておく。

「はい、持ってきましたよ」

ミドリは少し赤みのある草 発火草を持ってダンジョンに帰ってきた。

「それじゃ火を起こしてくれるか?」

「わかりましたよ」

ミドリは植物を操ることができるので発火草を何もしなくても発火させることが出来るのだ。

「よし、これで大丈夫だな」

「はいこちらも火を起こしてありますよ」

僕は解体したオークの肉を剣に刺して焼いていく。

「あぁ~美味しそうな匂いがするな!」

「そうですね、早く食べて見たいですね」

「わお!わお!」

オークの肉からは美味しそうな匂いが漂ってきて食欲がどんどん増していく。

「まだかなまだかな~♪」

「まだですよ、もう少しですからね」

「わお~わお~♪」

肉が焼けて食べれるようになるまで目を離さずにずうっとオークの肉が焼けていく様子を眺める。

「よし!もう充分だな!」

「そうですねもう焼けましたね」

「わお!」

充分に焼き色がつきこんがりと仕上がった。

「それでは食べようか!」

「いただきましょうか!」

「わお!」

僕達はいっせのーででオークの肉にかぶりついた。

「お、美味しいー!」

「すごく美味しいですね!」

「わお!」

オークの肉はオークの見た目からは想像できないような美味しさだった。料理をしてなくてただ焼いただけでこれだけ美味しいと料理した時のオークの肉がどれだけ美味しくなるのか楽しみになる。

「美味しいな!」

「本当に美味しいですね!」

「わお!わお!」

僕達は次々とオークの肉を口に入れていきすぐにオークの肉を完食してしまった。

「あーおいしかった!」

「また食べたいですね!」

「わお!わお!」

オークの肉がこれだけ美味しいかったのでまた食べたくなったし他のモンスターの肉も食べて見たくなってきた。ただし見た目が酷すぎたりおしいくなさすぎるのは食べたくはないな。

「ご飯を食べてお腹もいっぱいになったことだしウルフに名前をつけてあげよう」

「わお!」

ご飯を食べてお腹が満たされ次に僕はウルフに名前を付けてあげることにしたのだ。ウルフとはこれから一緒に過ごしていく仲間だ。だからウルフに名前を付けてあげたいと思ったのだ。ウルフは種族名だからな。

「そうだな~」

僕が召喚したウルフは若干毛が銀色なので1つの名前候補が浮かび上がった。

「それじゃ『シル』はどうかな?」

毛が銀色で銀色を別の言い方に変えるとシルバーからシルを取った。安直だが僕はいい名前だと思っている。

「わお!」

「よし!気に入ってくれたか!」

「わお!」

シルという名前を気に入ってくれたようだ。これからはウルフではなくシルと呼ぶことになる。

「これからよろしくな!シル!」

「私からもよろしくお願いしますね、シル」

「わお!わお!」

僕はウルフに名前を付けてシル、これから一緒に頑張っていく仲間だ。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く