話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

3話 初めての召喚でした!

「これからよろしくね!」

僕が召喚したのはアルラウネだ。翠の髪と瞳をしていて身長は小学高学年ぐらいの高さで僕より背が高い。

「はい、こちらこそよろしくお願いしますね!」

アルラウネは僕が差し出した手を取り握手を交わした。

「君には名前がないから僕が付けてあげるよ!」

「あらあら、そうですか?それはよろしくお願いしますね」

僕が召喚したアルラウネは名前がなかったので付けてあげることにした。これから一緒に過ごしていく中で名前がないと呼ぶ時に不便だからな。

「そうだな、ミドリはどうかな?」

安直だけどミドリはどうかと聞いてみた。翠の髪と瞳をしていて特徴的なのでミドリという名前が似合うと思ったのだ。

「ありがとうございますね、私はミドリ、これからもよろしくお願いしますね」

ミドリもミドリっていう名前を気に入ってくれたようだ。表情にはあまり出ていないがなんとなく嬉しいといった気持ちが伝わってくる。

「それで私はどうしたらいいの?」

「ミドリにはこのダンジョンで植物を育てて欲しいんだ」

僕はなんでミドリを召喚したのかこのダンジョンをどうしたいかなどを伝えた。

「わかりました、それでも植物を育てるにも種がないと育てることが出来ないわ」

「うん、それは僕は一度村に帰って取ってくるよ!」

僕は畑の収穫をしているのでどこに畑の取れたものがあるかを知っているのでそれをすこしこっそりと分けてもらうことにする。

「それじゃ誰もこないと思うけどここでダンジョンコアを守っていてね」

「気を付けていってきてね」

僕はミドリにダンジョンコアをお願いしてこのダンジョンから出ることにした。ダンジョンは洞窟と繋がっているが洞窟の外見と中は違っているのだ。ダンジョンは亜空間にあってそれを洞窟に繋げているのだ。だから洞窟の中に入るまでダンジョンかはわからないし中もどうなってるかわからないのだ。

「はぁ、はぁ、バレないようにしないとな」

僕は種を奪うと、違ったなこっそりともらうともうこの村に帰ってこない予定だ。別にこの村に思い入れなんてないしダンジョンの中にいる方が安全だからもうこの村に入る必要がないのだ。

「よし、倉庫にたどり着いたぞ!」

僕は誰にも見つかることなく種が置いてある倉庫にたどり着くことができた。

「すこしだけすこしだけだからな」

僕は本当にすこしだけ置いてある物の全種類を持って帰ることにした。

「よし、これだけあれば十分だな」

僕は必要な分を取るとポケットに入れるとまた誰にも見つかることなくダンジョンに帰る。

「はぁ、はぁ、見つかることなくダンジョンに帰って来ることが出来た!」

僕は帰りも誰にも見つかることなくダンジョンに帰って来ることが出来た。

「ただいま~」

「おかえりなさい」

僕がダンジョンに入るとミドリが迎えてくれた。

「これが取ってきた種だよ」

「まぁたくさん持ってきましたね」

ミドリに種を渡すとさっそく種を植えに向かった。このダンジョンは壁や天井が土で出来ているのでどこでも種を植えることができるのだ。

「それじゃ僕はどうしょうかな?」

種を取ってきて僕の役割が終わってしまったのでやることがなくなってしまった。

『それでは家を召喚してみてはどうでしょうか?マスター』

ダンジョンコアからやることがなくなっていた 僕に提案を出してきた。

「そうだな、家がないとダメだよな!」

このダンジョンには土しかないので寝る時は土の上で眠ることになるので体を痛めてしまう可能性があるのでダンジョンコアに言われた通りに家を召喚することにした。

「家を召喚!」

僕は勢いよく家を召喚と言ってみたが家は召喚されなかった。

「ダンジョンコアに言われた通りに家を召喚してみたが家は召喚されなかったぞ?」

僕は不思議に思いダンジョンに聞いてみた。

『それはマスターの魔力が足りないからですマスター』

そうだった、僕はもう魔力がないのだ。ミドリを召喚して僕の魔力はなくなってしまっていたのだ。魔力は徐々に回復されていくが寝ていたり食事を食べて入る方が魔力は回復されるのだ。

「それじゃ今日はもう家を召喚出来ないじゃん!」

このままでは夜にまでに(ダンジョンには朝とか夜とかないけど)家を召喚することはできないので今日は土の上に寝なくちゃならない。

「それは嫌だな!」

土の上で寝るのは嫌だ。せめて布団は欲しい。布団さえあれば汚れるがすっきり眠ることが出来るはずだ。

「布団を召喚!」

布団が召喚することが出来るかわからなかったが召喚してみると布団は召喚することが出来た。

「よし、なんとか召喚出来たな!」

僕は布団を召喚することが出来てほっとした。

「種を植え終わりましたよ」

僕が布団の召喚を終えてほっとして入るとミドリが種を植え終えて戻ってきた。

「今日はこれでおしまいだな」

「そうですね、それじゃ一緒に寝ましょうね」

「え?なんて?」

ミドリが突然僕と一緒に寝ると言い出した。

「布団は一個しかないでしょ?」

「それはそうだけど」

布団は一個しかない。もう一個召喚出来たらいいんだけどもう魔力はなく何も召喚することが出来ない。

「それじゃ一緒に寝ますよ」

僕はミドリに引っ張られて布団の中に連れ込まれた。

「なんかお姉ちゃんと弟みたいですね」

「そ、そうだね」

僕はお姉ちゃんがいたことがないけど確かにお姉ちゃんがいたらこんな感じかなと思った。

「それじゃおやすみなさい」

「うん、おやすみ」

僕はミドリに抱きしめられて入るので一緒に1つの布団で眠ることになった。

(なんか疲れているのか眠たくなってきたな)

僕は女の人一緒に眠ることなんて出来ないと思っていたが僕は疲れているのかすぐに眠りに落ちてしまった。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く