拾ったのはダンジョンコアでした!?

感想待ち!

1話 森で拾いました!

僕はいたって普通の高校生だった。

どこにでもいそうな、いたって普通の高校生だった。

だが、僕は普通だったのにある日突然、普通ではなくなった。

それはなぜか僕が転生したからだ。

「はぁ~本当に転生したんだな~」

僕が転生したと気付いたのは5歳の誕生日の時だった。僕の誕生日になると前世のこの僕になる前の記憶が蘇ってきたのだ。

「それにしても大変だな!」

この世界は前の世界と違い文明も進んでいなくてケータイもなければテレビも洗濯機もないのだ。

「けど、この世界には魔法があるんだよな~!」

この世界には魔法が存在した。この魔法は火を起こしたり水を出したりと便利なものから竜巻を起こしたり山を崩したりと危険なものまであった。

「おい!早くしろよ!」

この声は村長さんの声だ。僕には親がいなくて孤児なのだ。そのため僕はこの村の村長に預かりとなって育ててもらう代わりにお手伝いをしている。

「はーい!わかりました!」

僕は今村長さんに言われて畑の収穫をしていた。
畑の収穫は大変で腰も痛くなるし手も痛くなるのですごく大変なのだ。だが僕はそれを我慢してやらなければならない。なぜなら僕は孤児だからだ。1人では生きていけないし村長さんに育ててもらわなければならないので村長さんの言うことをしっかりと聞かなければならない。そうしないと捨てられるかもしれないからだ。捨てられてしまうと僕を引き取ってくれる人なんてこの村にはいないので生きて生きていくことができなくなってしまうのだ。

「ちっ!早く終わらせろ!お前には薬草を取りに行ってもらわなければならないんだからな!」

村長さんは村長なので僕を引き取っているだけで本当なら引き取るなんてしたくなかったのだと僕は聞いたことがある。そのため村長さんは僕に対する当たりが強いのだ。だから少しでも有用なことを示していかなければ捨てられてしまうのだ。

「わかりました!すぐにやります!」

僕は作業ペースを上げていき、畑の収穫を終わらせていく。

「はあ~終わった~次は薬草採取か~」

僕は畑の収穫を終わらすと薬草採取のために森に向かった。

「森は危険だしささっと集めて早く帰ろうっと」

森にはモンスターと言われて人を襲う存在がいる。森だけにいるわけじゃないが僕の住んでいる近くではこの森にしかいない。

「お、あそこに薬草みっけ!」

僕は薬草が生えている場所を見つけたので採取するために走って向かう。

「お、お、ここにもある!」

僕は薬草を続けて見つけることができた。普通はこんな簡単に見つけることは出来ないのだが今日はラッキーで次々と薬草を見つけることができた。

「ん?ここは?」

僕が夢中になって薬草を取っているとどこかの洞窟に迷い込んだ見たいだ。

「ほぇ~この森にこんな洞窟ってあったかな?」

僕は洞窟を見渡してみる。いつも森に入っていたがこんな洞窟を見たことがなかったのでこんなのあったっけ?と思いながらどんどん奥に進んでいく。

「ん?あれは?なんだろう?」

僕が洞窟の奥に進んでいくとある物を見つけた。

「これは?水晶か?」

僕が拾ったのは水晶みたいなものだった。水晶みたいに透き通っているが少しだけ水色も混ざっているようなものだった。

『マスターを確認‥‥マスターを認証しました。』

水晶から声が聞こえてきた。

「ん?なんだったんだろう?」

僕は水晶に耳を当ててみるがもう声は聞こえてこなかった。僕は空耳だったかなと思い水晶を持って村に帰ろうとすると

『これよりマスターはダンジョンコアのマスターにダンジョンマスターに変更します』

再び水晶から声が聞こえてきたので再び水晶に耳を当てようてしたが

「ん?なんだか?眠気が」

僕は急激な眠気に襲われた。僕はまだ村長に任された仕事が残っているのでこんなところで眠ってしまうわけにはいかない。

「こんな時に‥」

僕はそれ以上意識を保つことが出来ずその場に倒れてしまった。

「拾ったのはダンジョンコアでした!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く