LIBERTY WORLD ONLINE

sun

獣人化


 「じゃあ、いってくるね」
 「頑張れよ!」
 「マチさん頑張って」
 「勝ってこい!」
 「相手は二つ名持ちだけど大丈夫?」
 「大丈夫、とっておきがあるから!」

 心配してくれるレイに「まかせて」と言い残し、その場を後にした。

 「決勝トーナメントブロックに出場する選手の控室はこちらになります」

 どこの控室に入ればいいのか迷っていると、案内係の人に控室へ誘導された。第一試合はあと15分後に始まるのでそれまで待機して過ごした。そして、15分が経過し、私は闘技場へと転送された。闘技場には既に対戦相手のファングさんが待っていた。

 『さぁ、決勝トーナメントブロック第一回戦はマチ選手対ファング選手の試合ですね』
 『そうねぇ、ファング選手は二つ名の異名の通り、二つの槍を操って攻撃する選手よね』
 『えぇ、大体二つ名がつく選手にはユニークスキルを持っているみたいですので、どんな攻撃が繰り出されるのか見ものですね』
 『対するマチ選手は全く情報がなくて未知の存在よね。こちらもどんな技を使ってくるのか楽しみだわ~』
 『予選で見せてくれた刀に纏わせたあれがなんなのか気になりますねぇ』

 「君がマチさんだね、予選での戦い見せてもらったよ。あのスキルはどんなスキルなのか教えてもらってもいいかな?」
 「秘密です」
 「まぁ、そうだよね」

 『これより決勝トーナメントブロックでのルールを説明いたします。制限時間はなく相手側が降参か戦闘不能になるまで戦う完全決着方式といたします。予選と同じで使用不可なスキルなどは存在しません。時間無制限なので思いっきり戦ってください!』

 「それでは第一試合開始!」のアナウンスの声とともにゴングが鳴らされ、私の第一試合が始まった。

 「最初の攻撃は君に譲ってあげるよ」
 「後悔しても知らないですよ!」

 そういって、余裕の表情で構えてファングさんに向かって地面を勢いよく蹴って全力で駆け出した。その勢いのまま【ストロークファスト】を発動させて、さらに勢いを加速させた。
 ファングさんは、初手を譲ってもらったことで十分に力をためて突撃した私の予想以上の速さに、驚きながらも二槍ある槍を交差させて防御の姿勢を取った。刀と槍がぶつかり合い、金属同士がこすれる甲高い音を響かせた。

 『あれは刀スキルの【ストロークファスト】ですね』
 『でも、それってあんなに威力があったかしら』
 『スキルの動きを自分でも・・・・再現して威力に補正をかけているのでしょう』
 『なるほどねぇ、それであんな威力があったのね』

 「はあぁぁぁぁぁぁぁ!」
 「くぅ!予想以上に重い!」

 ファングさんは十分に力の乗った私の攻撃を押し返すことが出来ずに逆に押し込まれ、余裕を浮かべていた顔に汗を滲ませながらも必死に押し返そうとしていた。このままいけば押し勝てると思ったのだが、二つ名がついていることだけあって流石にそう上手くはいかなかった。ファングさんはこのまま押し返すのは無理だと判断したのか、槍の側面で刀の軌道を逸らした。急に拮抗していた力がなくなったことで支えを失った私はつまずいて転んでしまった。

 「まだまだ甘いな!」
 「うぐぅ」

 転んだ隙を逃すファングさんではなく私に向かって槍を突き出した。即座に立て直し、回避行動をとったが、一回目のあとに突き出されたもう片方の槍を躱すことが出来ずに肩に一撃を食らってしまった

 「これでもう、両手で刀を握ることはできまい」

 肩を貫かれたことでだらりと下がった腕を見た。確かにこれでじゃあもう、刀は握れないかな。そう判断した私は刀をファングさんに向かって投擲した。あっけなくはじき返された刀は闘技場に転がった。

 「刀を捨ててどうするつもりだ?降参するつもりか?」
 「まさか」
 「なら、どうするつもりなんだ?」

 突然、武器を捨てた私の行動を疑問に思ったファングさんが質問してきた。

 「こうする」

 私は予選で隠していた切り札である【神獣降臨フェンリル】を発動させた。すると、私の身体を光が包み込んだ。

 「…なんだその姿は」

 光が収まり、姿を現した私を見たファングさんは油断なく構えていたが、その声には驚きと困惑が入り交ざっていた。

 『なんと!光が収まった後にそこから現れたのは獣耳と尻尾を生やしたマチさんが現れました-!ケモミミだああああ!』
 『あなた、ケモナーだったのね…』

 運営実況者の声が興奮しており、観客席からは「うおー!」とか「ケモミミサイコー!」「ケモミミはぁはぁ」とかよくわからない声が聞こえてきたが無視した。




 この獣人化の能力を手に入れたのは、このイベントが始まる前日のことだった。ワイバーンの尻尾の毒により死に戻りして受けたデスペナは次の日、つまり昨日ログインしたときには消えていた。私は自分の取得スキルを見てまともに使えるのが二、三個しかないことに今更気づいて慌てた。スキルを取得しようにも、現在の取得方法はクエストの報酬、店による購入、戦闘によるスキル発現しかなかった。店で購入しようにもスキル結晶はとても高くお金を稼いでいなかったため買うことが出来なかった。戦闘によるスキルの取得とは言ったものの何をすれば欲しいスキルが手に入るのかわからない。ワイバーン戦のときは偶々【回避】スキルが手に入ったけど、何が条件だったのかはわからない。かわし続けるだけでいいなら、既に多数のプレイヤーが持っているはずだ。因みに【回避】スキルの効果は常時発動のスキルで、回避速度が速くなるというものだった。ギルドのクエストで何か良いのはないかなと探していると、ふとあるクエストが目に留まった。

 ・ウユラン塩湖にいるギガントソルトタートルの討伐:ウユラン塩湖に生息しているソルトタートルの突然変異種。普通のソルトタートルとは違いは数倍の体格を持ち、その巨体の重量をいかして人を襲う。

                                      報酬:スキルup玉 

 「スキルup玉?」     

 今欲しいものではないが、物珍しさともしかしたらと言う期待を寄せてこのクエストを受注してみた。
 ウユラン塩湖はフェンハイルの街の東側にあり、ウルバ鉱山の反対側に位置している。ウユラン塩湖に向かう途中にある森の中には昆虫型魔物が存在している。蛾や芋虫などの状態異常攻撃を主体とする魔物が存在し、その中にはナメクジ型の魔物もいた。塩湖が近いこの場所にいては溶けてしまわないんだろうかと思い、後で街の人に聞いてみたところ、この世界のナメクジは砂糖に弱いらしい。

        …謎だ。

 「ここがウユラン塩湖か」

 道中で何度か襲われ状態異常にかかってしまったが、今回はワイバーンとの戦闘を生かし、ちゃんと何があっても大丈夫なように各種状態異常解毒ポーションを買っておいた。このポーションが中々に高く所持金のほとんどが消えてしまった。
 ウユラン塩湖は一面塩の平原であるが雨が降ると表面が薄く水で覆われ、巨大な鏡のような状態になる。そのため、今は昼だが夜になると夜空に輝く星々を湖面が反響し、壮大な光景を作り出すという。今度みんなと一緒に見てみたいなと思った。

 「あれかな?」

 ウユラン塩湖を囲うように生息しているソルトタートルの群れの中をしばらく進んでいると、岩塩の上にひときわ大きい巨体あった。その巨大な甲羅は岩塩みたいな感じになってごつごつしており、亀ではあるがドラゴンのような顔をして、ぎょろりと覗く大きな瞳は爬虫類特有の目をしていた。ギガントタートルはを視認すると、その重い巨体をゆっくりと持ち上げ始めた。





「LIBERTY WORLD ONLINE」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く