LIBERTY WORLD ONLINE

sun

初戦闘


暗闇から解放されると眩しい太陽の光にさらされ、とっさに目を閉じたが、だんだんと慣れてきて目を徐々に開いていくと街の風景がなだれ込んできた。

「これは…すごいなぁ……」

目を開けた私は目の前に広がる風景を見て感嘆の声を漏らした。

上を見れば何も淀みがない晴れ晴れとした青空、下を見れば一面平らな敷石を敷き詰めた石畳で、人々が暮らしているであろう建物を見れば石造りで、屋根は切妻屋根。窓辺からは色とりどりの花があふれるように咲いていた。周りを見れば私と同じように転移してきたばかりの人たちがいた。既に露店を開いている人やPTの勧誘を誘う声が聞こえた。と、ここで何故か複数の視線を感じて居づらくなり場所を移るため少しの間走っていると、不意に何かしなきゃいけなかったような気がして立ち止まった。

「……あ、そうだ!」
雫たちとログインしたら噴水前で合流するって言う約束を思い出し急いで走った。


マチは、だいぶ約束の時間から過ぎてるから雫たちおこってるかなぁと思いながら遅れた理由をどう言い訳しようか考えながら走っていた。

「変な空間に飛ばされて、そこでシグファルドとあって話し込んでたら遅れた」などと言うことを言っても信じてもらえるはずがないと思い、必死に謝る言い訳を考えていると約束の噴水の目の前までついてしまった。とりあえず、一旦言い訳を考えるのをやめて目的の人物を探していると、後ろから声をかけられた。

「お~い、麻智~!こっちこっち!」

後ろを振り返るとミディアムショートヘアくらいの青い髪をした女性がこっちに向かって手を大きく振っていた。隣を見ると赤い髪でウルフカットにした青年と黒髪のショートヘアで目が好戦的そうな青年と髪を型くらいまで伸ばしてふわっとさせた感じが印象的な緑髪の女性がいた。青い髪が雫で、赤い髪が弘樹だと思うけど、あとの二人はだれだろう?

「ごめん、お待たせ」
「遅いよ!麻智!」
「なにか、トラブルでもあったのか?」
「いや、特に何も起こってないよ!ちょ、ちょっと道に迷ってね」

さすがに正直に話すことができずに苦し紛れに言い訳をした。

「なに焦ってんだよ。まあ、何もなかったんならいいけどよ」
「まあまあいいじゃない弘樹。ちゃんと来たんだし。あ、うちが雫で名前はレイよ!」
「俺は弘樹で名前はヒロキだ」
「おいヒロキ、3人で話してないで俺らも紹介してくれよ」
「っと、わりぃわりぃ。紹介するぜ麻智。こいつらはベータテストのときのPTメンバーで黒髪の短髪の方がシュンで、こっちの緑髪の方がリンだ」
「あ、えっと初めまして、レイとヒロキの友達のマチです。リンさんシュンさんよろしくおねがいします。」
「ごめんね~二人とも、マチはちょっと人見知りなのよ」
「大丈夫よ、よろしくねマチさん」
「よろしくなマチ!」

ちょっと緊張したけど結構人が好さそうな人たちで安心したかも。すぐには慣れないけど仲良くできそうな感じで良かった。などと考えているとレイから、

「あ、そういえばマチはどんなスキルを選んだの?」
「私は 刀 察知 STR上昇 を選んだよ。みんなは?」
「うちは 弓 遠視 察知 だよ」
「俺は 剣 STR上昇 察知だな」

リンは後衛でヒロキは私と似たようなスキル構成で前衛みたいだ。まあ、初期で3つしか選べないからほとんどみんな似たような感じになるんだけどね。

「俺は 盾 STR上昇 剣 だ」
「私は 火魔法 INT上昇 MPアップ よ」
「よし、自己紹介も終わったことだし早速レベル上げしようぜ!」
「とりあえずギルドのクエストを受けましょう」
「よし!じゃあ俺が選んでくるぜ!」

そういってヒロキが受けてきたクエストは以下のようになった。

・スライム討伐:10体 報酬 1000G 討伐した証として、証拠となるモンスターの一部を提出すること
・ワイルドラビット討伐:5体 報酬 1500G 討伐した証として、証拠となるモンスターの一部を提出すること







街を出て私たちは草原-カハヤ草原-に到着した。周りにはほかのプレイヤーが狩りをしている。私たちも狩りをしようとモンスターを探した。

「いたわ!目の前にスライム3体!」

リンさんの声が聞こえたほうへ向くと3体のスライムがこちらへやってくるのがわかった。私は刀を構えてスライムのいるほうへ駆け出して、スライムの目の前にたどり着くや否や袈裟斬りで3体いるスライムのうち一体を切りつけた。

「ふっ!」

手応えはあったがまだHPが残っていたため、今度は右から左へ切りつけたらHPが全損した。レベルがあがったが、遅れて到着したレイたちが残りの2体を相手していたので私もそこへいった。

「みんなおつかれ~!みんなレベルあがった?」
「レベル2になったぜ」
「うん、私も2になったよ」
「それよりも俺はマチさんのスピードにびっくりしたぜ。俺らよりもかなり速かったぜ」
「ああ、確かに。私も気になりました。私の方が先にいたはずなのに追い抜かれてびっくりしましたよ」
「マチはスキル選びのときにAGI上昇なんてとってなかったよな?なにかほかのスキルもってるのか?」
「あ、えっと、実は街中で迷ってた時に早く合流しないとって走りまわってたらAGI上昇とれたんだよね」

シグファルドからもらった装備のことを言ったら面倒くさくなるのでもっともらしいことを言った。

「ああ、なるほどね。てかゲットするまで走り回るってどんだけ迷ってたんだよ」
「マチはおっちょこちょいだからしかたないね」
「あと、なんでマチさんの胸元辺りが光ってんだ?」
「ちょっと、シュン!私のマチをそんな目で見ないでよ!」
「安心しろ、俺は女に興味はないぜ。あるのは強いか弱いかだけだ!それによく見てみろよ、ちゃんと光ってるだろ?」
「あ、本当ね。マチどうして光ってるの?」
「んー、多分これかな?」

そういって胸元からシグファルドからもらったペンダントを出して見せた。

「「はぁ!?」」
「な、なによこの装備!序盤でこんな装備なんてないわよ!」
「おい、これどこでドロップしたんだ!」

「ちょっと落ち着きなよみんな、あまり人のことを詮索するのはマナー違反だよ」

「ぬぅ」

私が出して見せた装備の効果に驚愕した四人が問いただそうと詰め寄ってきたが混乱から回復し冷静になったレイが引き止めた

「ありがとう、レイ」

「いいのよマチ、ところでそのブローチの入手方法は言えない感じ?」
「うん、ごめんね。このブローチのことは教えれないよ。それに教えたとしてもそこに行けるかは私にもわからないの」
「だそうよ、みんな」

「むぅ、なら仕方ないな」


◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇



「よし、これで最後か」

あれから1時間くらいたってようやくクエスト対象の最後の一体を倒した。レベルはみんなレベル3になったが私だけはアクセサリーのおかげによりレベル4になっていた。

「じゃあ終わったことだしクエスト達成報告しに行くか」
「お疲れ様~。みんな今日は集まってくれてありがとうね。私たちはまだやるつもりだけどマチも一緒にやる?」
「ううん、私はいったんログアウトするよ。」
「そっか、それは残念だな。何かあったら連絡してくれよ」
「うん、ありがとう。今日は誘ってくれてありがとう!みんなまたね!」
「「マチさんまた(ね)な」」

みんなとフレンド登録をした後、私はログアウトボタンを押してログアウトした。











マチ
レベル4
HP:41
MP:14
STR:32(5)
DEF:28(5)
AGI:48(20)
INT:18
DEX:14

装備
頭  :
体上 :初心者の服
体下 :初心者のズボン
腕  :
足  :初心者の靴
アクセ
頭  :
顔  :
首  :ファフニールのペンダント
腕  :
足  :
耳  :

スキル
刀lv1 察知lv1 STR上昇 取得経験値上昇(微) ※※※※※(ユニーク)lv1

残りスキルポイント:8
残りアビリティポイント:4

称号
神獣ファフニールの友人》




















「LIBERTY WORLD ONLINE」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く