召喚チート付きで異世界に飛ばされたので、とりあえず俺を転移させた女神さまを召喚することにしました

触手マスター佐堂@美少女

第28話 女神さま、冒険者になる


 朝食を済ませたあと、俺たちは冒険者ギルドへと足を運んでいた。
 なぜか少し人が多いので、手続きを済ませるためにカウンターの前に並んでいる。
 今日受けるクエストを選ぶのと、ルナの冒険者ギルドへの登録を済ませるのが主な目的だ。

「どうして月の女神たるルナが、冒険者になんてならなければいけないのかしら……本当に不本意だわ……」

 わかりやすくため息をつきながら、ルナは長い髪の毛先を弄っている。
 その姿には、そこはかとなく悲壮感が漂っていた。

「お前同じこと何回言えば気が済むんだ?」
「何回言っても言い足りないわよ!」

 俺が言ったとおり、同じようなやり取りは朝から何度もしている。
 それでもこの問答が終わらないのは、それだけルナの抵抗感が強いからだ。

 なにせルナは、昨日までは女神だったのだ。
 それが突然この世界に降りてこさされて、「じゃあ今日から冒険者になってもらいます」と言われても納得できないのは理解できる。
 月の女神としてのプライドもあるだろう。

「気持ちはわからないでもないが、俺たちと一緒に来てもらう以上、ずっと無職の女神さまっていうわけにもいかないだろ」
「それは、そうなんでしょうけど……」

 俺の言葉に、ルナの言葉が尻すぼみになる。
 ルナも頭では納得しているのだろうが、気持ちの整理がつかないのだろう。

 そんな彼女の姿に、心が少しも痛まないわけではない……こともないな、うん。
 正直な話、申し訳ないとは全く思っていない。
 ルナはあの場所から連れ出してほしそうだったし、なんだかんだで下界を楽しんでいるように見えるからだ。

 今朝も「これ美味しいわねー」とかなんとか言いながら、朝食のパンに舌鼓を打っていたしな。
 順調にこの世界に馴染んできていると言えるだろう。
 あと一週間もすれば、俗世の欲に塗れて完全に堕天するのではなかろうか。

「……なんだか、ものすごく失礼なことを考えられているような気がするわ」
「気のせいだ」

 ルナのジト目をうけ流しつつ、俺はカウンターの様子を見る。
 さっきはまだ前に何人か並んでいたが、そろそろ俺たちの番が回ってくるはずだ。
 などと思っていると、ようやく俺たちの番が回ってきた。

「すみません。新しく冒険者ギルドに登録をお願いしたいんですけど。あ、私じゃなくてそこの銀髪の女の子です」
「お? 新入りか。お前らとパーティーでも組むことにしたのかい?」
「はい。そんな感じです」

 俺が言うより先に、フィンが受付の男に話しかけていた。
 さすがフィン。頼りになる。
 しかしそんな感想を抱いているのは俺だけのようで、ルナは焦ったような顔をしていた。

「ちょっと、何勝手に――」
「ルナさん。あまりソーマさんを困らせちゃダメですよ」
「うっ……! わ、わかったわよ……」

 フィンの笑顔を見たルナが、露骨に目を逸らしている。
 なんというか、今の彼女の笑顔には妙な迫力があった。
 ルナは仮にも女神だというのに、それを黙らせるのはすごい。
 フィンはただのドワーフのはずなんだけどな。

「ありがとな。フィン」
「いえ、大したことじゃありませんから」

 お礼を言ったら、なぜかフィンは顔を逸らした。
 なんだか、フィンの機嫌が悪いような気がする。
 
「……なんか怒ってる?」
「怒ってません」

 どう見ても怒っているように見えるのだが、フィンがそう言うならあまり深く聞くのはやめておくことにする。
 理由はよくわからないが、誰だって虫の居所が悪いときぐらいあるだろう。

 なぜか怒っているフィンはしばらくそっとしておくことにして、俺はカウンターの男に話しかけた。

「冒険者ギルドに、もう一人登録したい」
「わかった。登録料は五百ディールだ」
「……そういえばそうだったな」

 登録料が要ることをすっかり忘れていた。
 渋々ながらも五百ディールを支払う。

 よく考えると、五百ディールと言ってもけっこうな金額だ。
 少なくとも今の俺たちにとっては。

「じゃあ嬢ちゃん、名前と年齢、種族を――」

 受付の浅黒い肌の男が、不意に話を途切れさせた。
 惚けたような顔で、ルナのことを見ている。

「どうかしたか?」
「ああ、いや。なんというか、すごい綺麗な嬢ちゃんだと思ってな」
「ふふ。当然ね」

 受付の男のそんな言葉に、ルナは文字通り当然という顔をしていた。
 俗世に染まり始めているとはいえ、たしかにその美貌は女神と呼ぶにふさわしいものだ。
 男の反応も仕方ないと言えるだろう。

「悪いな。改めて、名前と年齢、種族を教えてくれるか?」
「名前はルナ。年齢はわからないわ。種族は女が――」
「ルナさま、ちょーっとこっちに来てもらおうか」
「なっ、なによ!?」

 俺はルナの両肩に手を置いて、彼女を後ろから押すようにして連行した。
 ルナは状況を飲み込めずに、なされるがままになっているようだ。
 人がいない壁のところまでやってくると、俺は小声でルナに話しかける。

「お前、自分が女神ってこと隠す気あるの?」
「え? 隠すって……何で隠す必要があるのよ」
「色々とあるだろ……。最悪、捕まえられたりするかもしれない」

 ルナはおとぎ話に出てくるようなレベルの存在、地上に降りてきた女神なのだ。
 その利用価値は計り知れないものがある。
 もちろん俺は、そんな打算でルナを召喚したわけではないが。

「女神っていうだけで、国の研究対象にされる可能性も大いにある。とにかく、余計な面倒ごとは避けるために、月の女神って名乗るのはやめとけ」
「ふぅん……言われてみれば、たしかにそうかもしれないわね」

 ルナは少し感心したような表情で、俺のことを見ている。
 彼女も長い間女神として人の世を見てきたのだとは思うが、ただ傍観しているのと実際に自分がその中に入って行動するのとでは、大きな感覚のズレがあるのだろう。
 そのあたりをフォローするのも俺の役目だな。

「身体的にも人間と大して変わらなさそうだし、こっちの世界では人間族、だっけ? そう名乗っとけばいいんじゃないか?」
「そうね。そうするわ」

 俺との口裏合わせを終えたルナは、カウンターの前へと戻っていく。
 とりあえずこれで大丈夫だろう。

「待たせたわね。名前はルナ。種族は人間族よ」
「わかった。年齢は?」
「年齢? 年齢は……えーっと」

 年齢のことを尋ねられると、ルナは急に答えに詰まった。
 あいつ絶対種族のことだけ気にしてて、年齢のこと考えずに戻っていったな……。

「ありゃ、わからねえのか。しゃーねーな、ちょっと待ってろ」

 受付の男は一旦奥に戻り、しばらくして小さな黒い石の板のようなものを持ってきた。
 それは、プロメリウスに入るときに衛兵が持っていたのと同じものに見える。

「冒険者ギルドにも石版があるんだな」
「ああ。俺が個人的にピンときた奴や、この嬢ちゃんみたいに自分の年齢がわからない奴とかのステータスの確認のためにな。面倒だから普通はやらねえが」
「そんな適当でいいのか……」
「こまけえこたぁいいんだよ」

 どう考えても登録する全員分やったほうがいいと思うのだが、異世界の役所はそのあたりルーズなようだ。
 ……あれ。
 ちょっと待てよ。

「じゃあ、ここに手を乗せてくれるか?」
「ええ」

 ルナは涼しい顔で黒い石版に手を乗せている。
 そんな光景を見て、俺は内心で冷や汗をかいていた。

 ルナが石版でステータスを確認されたら、どんな表示になるのだろうか。
 最悪の場合、種族:女神 とか出てくる可能性すらある。
 女神が種族なのかどうか、議論の余地があるところではあろうが。

 そんな俺の不安をよそに、受付の男は訝しげな声を上げていた。

「ありゃ? 妙だな。壊れちまったか?」

 ステータスが浮かび上がるはずの石版の表面は、沈黙を守っている。
 真っ黒なまま、何か変化が起きそうな気配もなかった。

「すまねえが嬢ちゃん、もう一回やってみてくれねえか?」
「わかったわ」

 ルナがもう一度石版に手を乗せると、今度はすぐに文字が浮かび上がった。

「名前はルナ、年齢は……十六歳か。種族は人間族と。ありがとう、もういいぞ」

 一通りの手続きを終えたルナは、俺たちのところへと戻ってきた。
 あとはカードが完成するのを待つだけだ。

「……ルナ、もしかして石版の表示を弄ったのか?」
「ええ。ああするのが一番手っ取り早いと思って」

 俺の疑問の言葉に、ルナはあっけらかんと答えた。
 石版の表示っていうのは、そんなに簡単に弄れるものなのだろうか。
 ガレウスやあの酒屋のマスターの言い方では、そこまで容易に操作できるものではなさそうだったが。
 それだけルナの能力が優秀だということなのだろう。

 しばらくすると、ルナの分のギルドカードが完成した。
 こうして、なんとか無事にルナは冒険者デビューを果たしたのだった。


「召喚チート付きで異世界に飛ばされたので、とりあえず俺を転移させた女神さまを召喚することにしました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く