召喚チート付きで異世界に飛ばされたので、とりあえず俺を転移させた女神さまを召喚することにしました

触手マスター佐堂@美少女

第23話 公衆浴場にて


 冒険者ギルドで依頼完了を伝えた俺たちは一旦宿に戻り、公衆浴場へと足を運んでいた。

 プロメリウスに帰るまで気づかなかったのだが、通行税はプロメリウスにあるギルドからの依頼を受けている場合は払わなくてもいいそうだ。
 さすがに依頼の度に通行税を払うのはやっていられないだろう。

「しかし、これが今日の報酬か……。こんなものなんだな」

 俺は今日の報酬である銀貨三枚――三百ディールを眺めながらなんとも言えない気分になっていた。
 依頼を受ける前からわかっていたことではあるが、やはりランク1の依頼の報酬は多くはない。

 この世界の銀貨は、一枚百ディールとなる。
 もっと細かく言うと、銅貨一枚が一ディール、大銅貨一枚が十ディール、銀貨一枚が百ディール、大銀貨一枚が千ディール、金貨一枚が一万ディールである。

 俺の感覚だと、ディールと円の価値にはおよそ十倍ほどの差があるように思える。
 まだこちらの世界独自のものを完全に見れているわけではないので、今のところの感覚だが。

「着きましたよー。ここです」
「……なるほど」

 そんなことを考えながら歩いていると、公衆浴場に到着したようだ。
 建物は随分と古ぼけており、入り口にはのれんがかかっている。
 なんとなく見覚えのあるような形のマークが描かれているが、日本のそれとは微妙に違う気がする。

 公衆浴場というより、完全に銭湯だった。

「ここの風呂はお湯が出てくるとか、そういうのはないのか?」
「お湯ですか? お湯が出てくるようなお風呂は、それこそ貴族さまでもなければ入れないと思います……。ここの浴場も出てくるのは水でしょうね」
「ふむ。まあ仕方ないか」

 どうやら完全に銭湯というわけでもないらしい。
 水は割と豊富に利用されている気がするのだが、火を利用して大量の水を温めるのは難しいのだろうか。
 火魔晶石とかもありそうなものだが。

 中に入ると、まず目に飛び込んできたのは靴箱だった。
 日本のそれとは少し異なり、病院などにあるような靴を無造作に突っ込むタイプのものだ。
 盗まれたら泣き寝入りするしかなさそうだな。

「履き物を脱がないといけないですね。そこの棚に置いておくみたいです」
「なるほど。そのようだな」

 フィンの家でも寝るとき以外は靴を履いていたので、少し懐かしいような感覚があった。
 ただし、見たところ銭湯のように休憩できる場所はない。
 このあたりは日本の銭湯と雰囲気が違うな。
 さっさと入ってさっさと帰る場所という感じだ。

 受付のおばちゃんに五十ディールずつ払い、俺とフィンは一旦別れることにした。
 公衆浴場も普通に男女は分かれている。
 さすがに混浴ではなかった。

 浴場の中は特筆することもなく、さっさと洗ってさっさと出てきた。
 男湯のことを長々と考えるなど時間の無駄でしかない。

 俺はもう公衆浴場から出てきたが、フィンはまだのようだ。
 女の子だし仕方ないか。

「お、ソーマじゃねえか。こんなところで会うなんて奇遇だな!」

 フィンを待っていると、公衆浴場から見覚えのあるデカいハゲが出てきた。
 お前のことなんて誰も呼んでないんだけどな……。

「ガレウスか」
「おう。俺様も少し酔いを醒まそうと思ってな」
「なるほど」

 ボヤいても仕方ないので、適当に相手をすることにする。 
 ガレウスの顔は赤かった。
 完全に酔っ払っている。
 いまだにこいつのシラフを見たことがないな。
 いつなら酒が入っていないのだろう。

 こうして対面しているだけで、周囲の気温が二度ぐらい上がった気がする。
 面倒だし暑苦しいので、さっさとお引き取り願いたいところだ。

「そうだ! ソーマのことを探してた人がいてな。ちょっと待ってろ」
「お、おう?」

 ガレウスはそう言うと、慌ただしく去っていった。
 なんなんだ一体。

「悪い、待たせたな」

 数分もしないうちに、ガレウスは戻ってきた。
 見覚えのある、灰色のローブを被った女性を連れて。

「こんばんは。今朝ぶりですね」
「……ああ、今朝の人か」
「ええ。その節はどうも」

 朝に、俺がぶつかってしまった女性だった。
 それにしても、ガレウスに女性関係の接点があったとは意外だ。
 あまり女性に縁がありそうには見えなかったのだが。

 彼女はいったい俺にどういう用があるのだろうか。
 今もニコニコしているので、今朝のことを怒ったりしているわけではなさそうだが。

「確かにこの子ですね。あとでご褒美をあげましょう」
「やったぜ! ありがとうございます!」

 女性はそう言って、ガレウスの頭を優しく撫でる。
 ガレウスは、大人しくされるがままになっていた。

「…………」

 そんな光景に、俺は言いようもない違和感を覚えた。
 ガレウスが、女に撫でられて喜んでいるというのは少し奇妙なことに思えたのだ。

 こっそりと、後ろ手に流争剣タルクを取り出す。
 なんとなく嫌な予感がする。
 そしてそういう時の俺の予感は、嫌というほど当たるのだ。

 しかし、俺のそんな行動は事態を加速させただけの結果になった。

「そんなに警戒しないでくださいな。そんなもの、持っていても仕方ないですよ?」
「な――」

 いつの間にか、俺のタルクは女の手に渡っていた。
 それを握りしめ、興味深そうに眺めている。

「これはなかなか珍しい剣ですね。私も初めて見ました」

 一体何をされたのかわからない。
 タルクで受け流すとかそういう話ではなかった。
 認識できなければ、タルクを持っていてもなんの意味もない。

 ……こいつはヤバい。
 本能が警鐘を鳴らしている。
 今すぐに逃げなければならないと、そう言っている。

「さて、落ち着いてお話ができそうになったところで早速なのですけれど」

 言いながら、女がフードを取り去る。
 そこから現れたのは、二本のねじれた角だった。
 それが意味するもの、それは。



「ここで死んでくださいな。勇者候補さん」



 こいつは、魔族だ。

「召喚チート付きで異世界に飛ばされたので、とりあえず俺を転移させた女神さまを召喚することにしました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く