召喚チート付きで異世界に飛ばされたので、とりあえず俺を転移させた女神さまを召喚することにしました

触手マスター佐堂@美少女

第20話 朝の一幕


「何してるんですか私……。ドワーフなのにソーマさんの前でべろんべろんに酔っ払って寝ちゃうなんて……。もうダメですおしまいです……」

 朝起きると、フィンが世界の終わりのような顔で落ち込んでいた。
 少し面白いが、さすがにそのまま放って置くわけにもいかない。

「おはよう、フィン」
「あ、おはようございますソーマさん……」

 挨拶の声にも、いつものような覇気がない。
 調子が狂うな。

「あー、なんだ。俺は別に、昨日のことは気にしてないからな?」
「……ほ、ほんとですか?」
「ああ」

 たしかにエール四杯で潰れるのはドワーフとしては相当酒に弱い部類に入るのだろうが、俺はそんなことは気にしない。
 むしろこの先毎日ガバガバ酒を飲まれる方が問題だ。
 懐にそれほど余裕があるわけでもないし。

「それならよかったです……。うん、そうですよね。ソーマさんが気にしないって言ってくださってるんだから、私も気にしないようにします」
「それがいいと思うぞ」
「はい!」

 フィンに笑顔が戻る。
 やはり女の子は笑顔の方がかわいいからな。うん。

「そういえば、同じ部屋でも大丈夫だったか?」

 昨日はフィンが寝てしまっていたので、彼女の許可を取らずに同じ部屋で寝てしまっていた。
 配慮に欠ける行動だったな……。

「は、はい、それは大丈夫です! お金も節約しなきゃですし、ソーマさんと一緒に寝るのは嫌じゃないですし……」

 サラッとすごいことを言ったような気がするが、フィンは気付いていないようだ。
 それだけ信頼されているということなのだろう。
 というか童貞なので間違いを起こそうにも色々と難しい。安心してほしい。

 軽く身支度をして一階の酒屋に降りると、マスターが朝食の準備をしていた。
 俺たちの他にも、ちらほらと食事を摂っている人たちがいる。
 起きる時間は問題無かったようだ。

「おはようございます。昨夜はお楽しみでしたな?」
「お、お楽しみ……っ!?」
「昨夜はあの後すぐに寝た。変なことを言わないでくれ……」
「これは失敬」

 俺がそう言うと、マスターは露骨に口元に笑いを浮かべて仕事に戻る。
 狸ジジイめ……。
 しかしこれで料理は美味しいのだからタチが悪い。

 それにしても先ほどからフィンの顔が赤い。
 何もなかったからね。ほんとに。

 朝食はサンドイッチとスープだ。
 サンドイッチと言っても、具材を挟んでいるパンは食パンのような平べったいものではなく、一昨日や昨日フィンの家で食べたパンに近い。
 具材はレタスのような野菜と、ハムのような肉だったが、日本で食べたことのあるそれとは微妙に味が違う気もする。

 飲み物は牛乳だった。
 こちらは日本で飲んでいたものよりもコクが強くて美味しい。
 いいものを仕入れているようだ。

「お二人は、今日はどちらへ行かれるのですかな?」
「軽く必要なものを揃えてから、依頼を受けてみようと思っている」
「なるほどなるほど。それがよろしいでしょうな」

 ソーマの言葉に、マスターが頷く。
 今日はまず生活必需品を揃えて、依頼を受けるつもりだ。

 そのあとは今日の宿についても考えなければならない。
 こちらは冒険者ギルドで聞いてみたほうがいいかもしれない。
 さすがにここのマスターに他の宿屋を紹介してもらうわけにもいかないだろう。

 朝食を終えると、俺とフィンはすぐに荷物をまとめた。
 とは言っても、ほとんどかばんから出していないのでそのままだったが。

「ありがとう。世話になった」
「ありがとうございました!」
「いえいえ。またのご利用をお待ちしておりますよ」

 マスターに別れの挨拶をして、俺たちは店を出る。
 そんなに畏まった挨拶をする必要もないだろう。
 おそらくこれが最後の機会ではない。

「それじゃあ、生活必需品を揃えに行くか」
「はい。……あ、ソーマさん!」

 軽い方針確認をしていた俺は、前から近づいてくる人に気付かなかった。
 そのまま軽くぶつかってしまう。

「きゃっ!?」
「っと、すまない」

 フードを被った女性がよろけたので、反射的に身体を支えてしまった。
 俺の腕を、彼女の前に回した形だ。

「……っ!?」

 俺の腕に、暴力的なまでに柔らかな感触が押し付けられる。
 デカい。
 ゆったりとした服の上からなので正確な大きさはわからないが、そう直感する。

 思わず息を呑んでしまったが、すぐにその手を離した。
 息子が元気になってしまいかねない。

 幸いにも、あまりにも自然な動作で彼女の胸から腕を離すことができた。
 フィンが若干ジト目なのは気のせいだと思いたい。

 金色の瞳に紫色の髪をした大人の女性だ。
 全身ゆったりした服で覆われているが、その服の下にはさぞ素晴らしい理想卿が広がっているに違いない。

「こちらこそごめんなさい。怪我はありませんか?」
「大丈夫だ。そちらこそ怪我は?」
「大丈夫です。ありがとうござい……」

 そこまで言うと、なぜか女性は言葉を切って、眉を上げた。
 どうしたのだろう。
 俺の顔に何かついているのだろうか。

「あなた……」
「え?」
「……いえ、なんでもありません。それでは私はこれで」
「……? ああ」

 俺の顔をまじまじと見つめると、女性はそれ以上何も言わず去っていった。
 一体なんなんだ。

「ほらソーマさん、早く行きますよ。午後には依頼をこなさなくちゃいけないんですから」
「わ、わかった。わかったから引っ張るんじゃない」

 ご機嫌ナナメなフィンに引っ張られ、俺は彼女の後を追った。



――――――――――――――――――――――



 女は、ぶっきらぼうな少年とドワーフの少女が去っていくのを、後ろからジッと見つめていた。

 少年の名前はわからなかったが、少女の方の名前は記憶した。
 顔は二人とも覚えている。
 再び見つけ出すことは容易だ。

「……まずは一人目。意外と早かったわね」

 プロメリウスに入ってから既に一週間が経過している。
 彼女はこれまでの経験から、勇者候補が現れる場所にあたりをつけていた。
 プロメリウスもその一つである。

 親愛なる魔の王は、勇者候補の殲滅を望んでいる。
 芽は出る前に摘んでおくべきだ。
 力をつける前に殺す。
 そんな考えを示したのは、他でもない魔王自身である。

 彼女は何人もの勇者候補たちを屠ってきた。
 彼もまた、彼女によって殺されてしまう哀れな子羊の一匹となるのだ。

「今度の勇者候補さんは、いったいどんな最期を見せてくれるのかしらね?」

 そう呟き、女の口元が陰惨に歪んだ。

「召喚チート付きで異世界に飛ばされたので、とりあえず俺を転移させた女神さまを召喚することにしました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く