話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

召喚チート付きで異世界に飛ばされたので、とりあえず俺を転移させた女神さまを召喚することにしました

触手マスター佐堂@美少女

第15話 盗賊


 ――盗賊。



 正直、現実感があまりない。
 現代の日本では考えられなかった単語が、今現実の存在として目の前にいるのだ。

「ソーマさん! 盗賊です!」

 フィンの声が聞こえて我に返った。
 どうやら彼女も状況を把握したらしい。
 馬車から降りて、近くにいる盗賊の男を迎撃していた。

「はぁぁああっ!!」

 叫び声と風を切る音が同時に聞こえた。
 勇ましいフィンの声だ。

 フィンが持っているのは巨大な槌だった。
 ちょっとした子供くらいの大きさがある。
 先ほどまでは持っていなかったので、インベントリから取り出したのだろう。

 装飾などは一切ない、単純な攻撃力に特化した槌だ。
 そんな鉄の塊を、フィンはいとも容易く振り回していた。
 化け物じみた腕力とスタミナだな。

 盗賊の男も、そんなフィンの姿に少し腰が引け気味だ。
 あれが当たればどうなるか、想像しただけで恐ろしい。
 というよりも、あんなか弱そうな少女がそんなものを振り回すなどと、誰が想像できるだろうか。

 フィンのほうは、ひとまず大丈夫そうだ。
 俺は周りを見渡す。
 苦戦しているところはないか。

 一番近いのはパパさんが戦っているところだ。
 パパさんも、フィンと同じような槌を使って盗賊二人を相手にしている。
 今のところ危なげな様子はないが、次の一瞬にどうなっているかわからないのが戦いだ。

 俺は躊躇していた。
 元引きこもりだった俺に、戦いの経験などあるはずもない。
 昨日テンタクルフラワーからフィンを助けるのだって、無我夢中だったのだ。

 しかし、相手は盗賊だ。
 この世界で生きていくのに、盗賊との戦闘は避けては通れない道だろう。

「……クソっ!」

 殺さなければ殺される。
 やるしかない。

 幸いにも、俺には先ほど手に入れたレア武器がある。
 ただの剣よりは役に立ってくれるはずだ。

 俺はインベントリから朧脆剣もうぜいけんタンザナイトを取り出す。
 それを手に持った瞬間、不思議と力がみなぎってくるような気がした。

「おらぁぁあああああ!!」

 腹の底から叫び声を出しながら、俺は盗賊の一人に向かってタンザナイトを振るう。
 パパさんの方に意識が向いていたそいつは、突然剣を振るってきた俺にほとんど反応できていない。
 盗賊の男はとっさにタンザナイトの刃を剣で受けた。

「へ?」

 タンザナイトは盗賊の剣をあっさりと両断し、その勢いをころさずにその胴体を豆腐か何かのように切断した。
 完全にR18Gな光景が目の前に繰り広げられている。
 全身の毛が逆立つのを感じながら、俺はできるだけそちらの方をあまり見ないようにして、もう一人の盗賊の方を向く。

 盗賊の男は、仲間の無残な姿を見て完全に戦意を失っていた。
 そんな隙を突いて、パパさんの槌が盗賊の男に向かって振るわれる。

 強烈な一撃が、盗賊の男の腹部に直撃した。
 盗賊の男の身体が、その場に崩れ落ちる。

「ふう、なんとかなりましたね。ソーマさんも大丈夫ですか?」
「あ、ああ。大丈夫だ」

 パパさんは、スプラッタなことになった死体を見ても平然としている。
 これくらいのことは当たり前なのだろうか。
 よくわからない。

 というか、タンザナイトの切れ味が凄まじい。
 本当に人間を切ったのかと疑問に思わせるほどだ。
 初めて人を殺してしまったが、それを悩むのは後回しにする。

「よろしければ、フィンのことを助けてやってくれませんか? 私はこれ以上戦うのが難しそうなので……」
「わかった」

 そこで俺は初めて、パパさんが槌を少し不自然に持っていることに気づいた。
 右手は添えられているだけで、ほとんど左手だけで持っているような状態だ。

 俺が来る前に、何か攻撃を受けていたのかもしれない。
 こちらに来てよかった。

 パパさんと別れ、フィンを探す。

 彼女はすぐに見つかった。
 相変わらず、盗賊の男と交戦状態だ。
 状況はほとんど変わっていないように見える。

 しかし、フィンの背後にもう一人の盗賊が迫っていた。
 そいつが迫っていることに、フィンは気づいていないようだ。

「フィン!!」
「えっ!?」

 とっさに身体が動いていた。
 フィンの背後に迫っていた盗賊に向かって、タンザナイトを振るう。

 俺の存在に気付いていなかったのか、先ほどと同じように盗賊の反応が少し遅れた。
 俺のタンザナイトに合わせるようにして、手元の剣で斬撃を弾こうとするが、無駄だ。

 タンザナイトは盗賊の剣を両断し、次いで盗賊の身体をも切り裂いた。
 先ほどと同じような光景が、再び目の前に展開される。

 一つ違ったのは、目の前に青色の破片が飛び散り、タンザナイトが粉々に砕け散っていたぐらいか。
 ……ん?

「えっ」

 手元には何も残っていない。
 俺の右手は、ただ宙をつかむように手持ち無沙汰にしていた。

「はぁぁ!? うっそだろ!?」

 朧脆剣もうぜいけんタンザナイトは、見事なまでに砕け散っていた。
 青色の欠片が目の前に広がり、まるでそこに何もなかったかのようにその存在が消失する。

「いくらなんでも脆すぎるだろ!? 二回しか使ってねぇぞ!?」

 正確には、盗賊の剣二本と盗賊の身体二人分だが。
 それにしても耐久値が異様に低い……。

 もしかしなくても、『その刃の前にはあまりに脆い』とかいう説明文は自己紹介も兼ねていたのか。
 盗賊を一撃で屠れるほどの威力だったので、性能はかなり良かったようだが、耐久値がこれではハズレ枠になってしまうのも納得だ。

 とはいえ、俺はガチャをほぼ無限と言っていいほど回せる。
 耐久値はゴミだが、使い捨ての武器として見れば性能面では何の問題もない。
 今後も召喚することができたらインベントリに保存しておくことにしよう。

 俺がタンザナイトについて考察していると、片手に槌を持ったフィンが近くまでやってきた。
 先ほどまでの様子からあまり心配はしていなかったが、戦闘は無事に終わったようだ。

「あ、ありがとうございますソーマさん。さっきの動き、凄かったですね……!」
「え? そうなのか?」
「はい! とっても素早く華麗な一撃でした!」
「そ、そうか。ありがとう」

 本当に剣術を習っている人間からすればど素人もいいところだっただろうが、フィンの目にはそう映ったらしい。
 おそらく身体能力についても剣についていたスキルのおかげだったのだが、黙っておくことにした。
 タンザナイトは壊れてしまったから、どうせ証明することもできない。

「なんとか盗賊を全員追い払えたようです。ソーマさんもありがとうございました」
「ああ。フィンが無事でよかった」
「えっ!? あ、ありがとうございます……」

 フィンの顔が少し赤い。
 戦闘によって身体が温まっているのだろう。
 しばらく休んだほうがよさそうだ。

 他の盗賊たちも、すべて倒されるか敗走したらしい。
 なんとかなってよかった。

 ドワーフ側の損害は比較的軽微だったようだ。
 積み荷が盗まれたということもない。
 ただ、死者は出なかったものの、負傷者は出た。

 数人の村人たちとともに、負傷者には引き返してもらうことになった。
 品物は村長らしき人が責任をもってプロメリウスで売ってくるそうだ。

 盗賊たちの所持品も村のものになるらしい。
 まだ生きている盗賊は、奴隷として売り払う。
 プロメリウスでそれらを売り、村のドワーフたちに還元するとのことだ。

 残念ながら、俺が倒した盗賊たちの装備品は使い物にならなくなっていたので、俺の取り分はない。
 相変わらずの一文無しである。

「大丈夫。パパ……?」
「これくらいなら大丈夫さ。すぐに戦うのは厳しいかもしれないが……」
「そう? それならいいんだけど……」

 パパさんは大丈夫だと言っていたが、一応他の村人から手当スキルによる治療を受けていた。
 手当を受けると完全に回復したようで、俺やフィンとしても一安心だ。

 それにしても、手当のスキルを使う人を初めて見たが、やはり手当は回復スキルとしては最弱レベルなのだろう。
 それでも無いよりははるかにいいだろうが、召喚や観察眼と比べると少し弱いような印象を受ける。
 とりあえず、また機会があれば試してみることにするか。

 パパさんの怪我も大したことはなかったので、そのままプロメリウスに向かうことになった。



 それからは特に何のトラブルも起きることはなく。
 俺たちはプロメリウスに到着した。






「召喚チート付きで異世界に飛ばされたので、とりあえず俺を転移させた女神さまを召喚することにしました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く