召喚チート付きで異世界に飛ばされたので、とりあえず俺を転移させた女神さまを召喚することにしました

触手マスター佐堂@美少女

第5話  プロメリウスってどこだよ


「はぁっ……ここまで……はぁっ……来れば……大丈夫、だろう……」
「そ、そうですね……」

 しばらく走ったあと、俺と少女は一息ついた。
 圧倒的に酸素が足りない。
 荒い息を繰り返しながら、必死に酸素を取り込む。

 見ると、少女の方は既に息を整えていた。
 異世界人のほうが、引きこもりだった俺などよりもよほど体力があるようだ。
 当たり前か。

「ぜーはー……ぜーはー……ぜーはー……」
「あ、あの、大丈夫ですか?」
「だい……じょうぶだ……問題ない……」

 俺の様子を見かねたのか、逆に心配されてしまった。
 情けなさすぎる……。
 身体を鍛える必要があるな。

 それから五分ほどかけてしっかりと息を整えた俺は、改めて少女を眺めた。

 身長は俺よりだいぶ低い。おそらく百四十センチくらいか。
 肩くらいまで伸びた栗色の髪は、少し量が多いように感じる。

 よく見ると、耳が少し長い。
 人間ではない種族のようだ。

「あ、あの。助けていただいて本当にありがとうございました!」
「気にしないでくれ。困ったときはお互い様だからな」

 俺がそう言うと、少女ははにかんだ。
 愛嬌のある可愛らしい笑顔だ。
 かわいい系だな。

「でも、テンタクルフラワーを追い払う時に召喚をしてらっしゃいましたよね? 私のために、貴重な精霊石を使っていただいてしまいました……」
「あー、大丈夫だ。精霊石にはそんなに不自由していない。あまり気にするな」
「そ、そうなんですか……?」
「ああ」

 精霊石はまだ57億個ほどある。
 1個使った程度、誤差の範囲内だ。

「……もしよかったら、私たちの村に来ていただけませんか? ぜひお礼をしたいです!」
「お礼なんてそんな……。いや、折角だしお願いしようかな」

 日本人の癖で断りかけるが、そういうことならお言葉に甘えさせてもらおう。
 俺としても、この世界のことをもっと知らなければならないと思っていたところだ。
 この申し出はとてもありがたい。

「そういえば、お名前を教えていただいても?」
「あー。俺の名前は……ソーマだ」

 相馬は苗字だったが、そう名乗る。
 俺はあまり自分の名前が好きではない。
 この世界ではソーマと名乗っても支障はないだろう。

「ソーマさんですか。あっ、申し遅れました。私の名前はフィンといいます」
「フィンか。よろしくな」
「はい!」

 フィンの住む村は、すぐ近くにあるという。
 村まで案内してもらう道中で、彼女から色々な話を聞くことにした。

 彼女の話を聞く限り、森に薬草を取りに行く途中、魔物――テンタクルフラワーに襲われたらしい。
 よくある話だ。

 というか、あれはやはり魔物なのか。
 観察眼ではテンタクルフラワーと表示されていたが。

 フィンにそれを尋ねるか少し悩んだが、やめておいた。
 スキルというのがこの世界でどの程度のものなのか判然としない以上、不審に思われる言動は極力避けるべきだ。

「いやー、それにしてもソーマさんは召喚士の方なんですね! びっくりしちゃいました」
「ま、まあな」

 どうも。ほとんど木の棒しか召喚できない召喚士です。
 フィンがびっくりしたということは、召喚士は珍しいのだろうか。

 いや、フィンはおそらく、俺の召喚を見てジョブを判断したはずだ。
 ということは、召喚自体を見たことがないわけではない。

 多少は珍しいくらいのかもしれないが、そこまで希少なジョブというわけでもないだろう。
 もしくは、この場所にいるのがびっくりしたという意味だったのかもしれない。

「ということはやっぱり、プロメリウスに向かう途中だったんですか?」
「ま、まあな」

 プロメリウスってどこだよ。
 向かうということは、都市か何かの名前だろうか。

「……実は、ずっと遠いところからやって来たものでな。こちらのことがまだイマイチよくわからないんだ」

 さすがに誤魔化しきれないと思ったので、少しゲロってしまった。
 なかなかうまくはいかないものだ……。

「あ、そうだったんですか! プロメリウスは、この辺りでは一番大きな都市の名前ですよ」
「なるほど。召喚士と言ってもまだまだ未熟な身でね。しっかり働かないと生活もままならないからな」
「そうですよね……。今は色々と厳しい時代ですしね……」

 適当に話を合わせていると、フィンの顔に僅かに暗い影が落ちた。
 厳しい時代なのか。

「それはやっぱり魔王のせいなのか?」
「はい……。この国でも国境近くでは魔族との戦いが起きてますからね。私たちの村も、絶対に安全とは言い切れませんし……」
「そうか……」

 それでも、比較的安全なほうではあるのだろう。
 今のところ地理も何もわからないので、フィンの表情から推測するしかないが。

 そんなことを話していると、景色が明らかに変わってきた。
 森を抜け、視界が大きく開ける。

 最初に視界に入ってきたのは、小さな川だ。
 太陽の光を浴びて、水面がきらきらと輝いている。

 そういえば、喉が渇いていたのを思い出した。
 こちらの世界に来てから、全く水を口にしていないのだ。
 今まで気にならなかったのは、初めて現地人と話して気を張っていたせいだろうか。

「その川の水は飲めるのか? 喉が渇いてな」
「えっ? うーん、飲めないこともないと思いますけど、たぶんお腹壊しちゃいますよ」

 フィンの反応は悪い。
 こちらの世界でも、川の水は飲むものではないようだ。

「もう少しで到着するので、ちょっとだけ我慢してくださいね。家に着いたら冷たいお水を出しますから」
「……すまないな。ありがとう」
「いえいえ」

 苦笑するフィンの顔を見ていられなくなり、俺は顔を背けた。
 この世界の普通の人なら、喉が渇いたからといって川の水を飲めるかなどとは聞かないだろう。
 完全に変な人認定を受けてしまっているような気がするが、仕方ない。

 またしばらく歩いていると、明らかに人工のものが見えてきた。
 木造の家だ。
 近くの畑では、農作業をしている人の姿もある。

 何故か、家らしき場所から黒い煙が上がっているところもあった。
 それが見えているはずのフィンの様子がなにも変わらないので、村焼きのようなことにはなっていないようだが。

 よく見るとそれは家ではなかった。
 小さな男が、かまどのような物の前で何かの作業をしている。
 炎の熱気がこちらまで伝わってくるようだ。

 何をしているのかはすぐにわかった。
 あれは鍛冶屋だ。
 初めて実物を見ると、えも言われぬ感動があるな。

「着きましたよー。ここが私たちの村です」
「おお……」

 そして俺も、ようやくフィンの種族に思い至る。
 彼女はドワーフだ。

「召喚チート付きで異世界に飛ばされたので、とりあえず俺を転移させた女神さまを召喚することにしました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く