召喚チート付きで異世界に飛ばされたので、とりあえず俺を転移させた女神さまを召喚することにしました

触手マスター佐堂@美少女

プロローグ 女神召喚


 異世界の夜空は澄み渡っている。
 輝く星たちをより一層引き立てているのは、ため息が出そうになるほど見事な月だった。
 今日は満月だ。

「……くそッ!!」
「見つけたぞ! あっちだ!」

 しかし今の俺に、ゆっくりと夜空を眺めていられる余裕などない。
 追っ手を振り払い、街中を逃げ回るので精いっぱいだ。

 追いつかれたら殺される。
 俺の胸中を支配していたのは、初めて身近に感じた死への恐怖だった。

 ただひたすら、走る。
 すれ違う人たちは、そんな俺のことを気にもしていない。
 よくある光景なのだろうか。

「って、行き止まりかよ!」

 いつの間にか、あまりよくない道を選んでしまったらしい。
 俺の視界を、巨大な街の外壁が覆いつくしていた。

 辺りに人の気配はない。
 ここで何かが起きたとしても、すぐには発見されないだろう。
 すぐにここから離れるべきだ。



「――やっと追いつきましたよ」



「ぐっ!?」

 手に衝撃が走り、持っていた鉄の剣を落としてしまった。
 振り返ると、一人の女が立っている。
 頭の上に、二本のねじれた角を生やした女だ。
 その後ろに、何人もの男たちが待機していた。

 女の手には、長い鞭のようなものが握られている。
 おそらく、あれで手を打たれたのだろう。
 見事としか言えないコントロール能力だ。



「もう逃げられませんよ? 勇者候補さん?」



 淫猥な微笑を浮かべた女は、唇を舐めた。
 紫色の髪が揺れ、金色の瞳が猛禽の如く俺を見据える。

 月の光に照らされたその姿は、ほとんど露出魔だ。
 成熟した肉体を惜しげもなく晒している。
 どう見ても公共の場を歩いていい恰好ではない。

 俺は観察眼のスキルを発動させる。



 ディアナ・スーリアデス サキュバス

 淫魔Lv.66

 六魔将



 見るからに強そうだ。
 六魔将というのは、魔王軍の役職か何かだろうか。
 強そうな名前だし幹部レベルな気がする。

 ……どうするか。
 冷や汗を流しながらも、俺はこの状況を打開する策を考える。

「……冥土の土産に教えてくれよ。どうして俺が勇者候補だってわかったんだ?」
「私は観察眼のスキルを持っているんです。あなたの名前が見たことのない文字だったから、ピンときたんですよ。あなたはこの世界の人間じゃない、ってね」
「なるほどな」

 俺の名前はもちろん漢字だ。
 観察眼で出てきた名前が未知の言語だった場合、転移という現象を知っていれば、そいつはこの世界の人間ではないという結論を導き出せる。

 そしてこの世界の人間ではないなら、それは勇者候補として召喚された人間だけ、というわけだ。
 魔王軍の幹部級になると、そういった情報も持っているのか。厄介だな。

 女の話ぶりからして、観察眼のスキルを持っているのは俺だけではないようだ。
 今後同じようなことを繰り返さないためにも、改名か何かする必要がある。

 しかしそれは、この状況をどうにかしてから考えるべき問題だ。

「さて、もういいでしょう? 私たちの王のために、ここで死んでください」

 女が、ゆっくりと腰のサーベルを抜いた。
 動きが無駄にエロい。
 今はそんなことはどうでもいい。

 鉄の剣を拾い上げ、正眼に構える。

「……ふー」
「あら、抵抗するつもりですか? うふふ、そうでなくては面白くありませんものね」

 俺は覚悟を決めた。
 魔力はほとんど残っていない。チャンスは一度きりだろう。
 今日、この場所で来てくれなければ、俺には彼女との縁が無かったということだ。

 だが、不思議と負ける気はしなかった。



 ――想像イメージする。



 これから先、彼女と共に歩んでいく道を。
 彼女がいる未来を。

 あの場所で、ずっと一人で寂しそうにしていた。
 召喚などあり得ない可能性、夢物語なのだと、諦めきっていた。

 俺と来ても、きっと楽なことばかりじゃないだろう。
 苦しいことや悲しいことだってたくさんあるに違いない。

 でも、それでも、俺は彼女に来てほしいと思った。
 この世界を一緒に見たいと思った。

 だから俺は、その名を叫んだ。



「来い! ルナぁぁぁぁああああああ!!!!」



「――なによ、うるさいわね」



 いつもとは違う手ごたえがあった。
 光の色も違う。
 ただの白色光ではなく、あたたかな銀色の光だ。

「なにっ!? 馬鹿な……これは……!」

 女が狼狽うろたえたような様子で、銀色の光を凝視している。
 何が起きているのかわからない。そう言いたげな表情だ。

 やがて、溢れんばかりの光が消える。
 何事もなかったかのように、闇夜がその姿を取り戻す。

 しかし一つだけ、変化したものがあった。
 俺の目の前に、先ほどまではいなかったはずの一人の少女が立っている。

 小柄な銀髪の少女だ。
 闇夜の中でなおその輝きを失わない銀色に、俺は魅入ってしまっていた。



「あら、そういうこと。なかなかやるじゃない」



 彼女――ルナが振り返り、俺に向かって微笑みかける。
 その顔は少し小馬鹿にしたようでいて、どこか嬉しそうで。



「月の女神、ルナ。召喚者の危機を察し、契約に応じて参上したわ」



 俺とルナの物語は、ここから始まった。



「召喚チート付きで異世界に飛ばされたので、とりあえず俺を転移させた女神さまを召喚することにしました」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く