話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし

ノベルバユーザー173744

60……シェールドの客人として滞在しています。

 部屋を用意してもらい、服を着替えさせてもらったのだが、

「えっと、これはなんでしゅか?」
「うふふ、グランディアの普段着みたいなものかしら?靴は普通の靴でもいいから」

手伝ってくれたのはプラチナの髪と、右目が真紅、左目がライトブルーの美少女。
 きつくはないが、お腹から背中に回る布で縛ってもらう。

「はい、可愛いわ。よく似合ってる」
「お姉さま、ありがとうございます。えと、はじめまして、私はファティ・リティと申します」
「ありがとう。リティちゃん。私は、マルムスティーン侯爵夫人のレイ・ディーアです。よろしくね」
「マルムスティーン侯爵……えと、金髪のお兄さんの奥様ですか?」
「うふふ、しゅーちゃんは旦那様なの」

 微笑む顔は国王アルドリー程人外の美貌ではないが、愛らしい。
 リティは兄のデュアンや先日まで来ていたアルトゥールに教えてもらったことがあるのだが……。

「あ、あの……もしかしてアルトゥールお兄ちゃんのお姉様ですか?えっと……」
「えぇ。15歳上の姉なの。みーくんの上のお姉ちゃんよ。みーくんの双子の姉があちらにいるねがちゃん」

 せっせと何かをしている……いや、侍女らしい女性とともに、何かを探しているのは銀色の髪と青い瞳の女性。

「どうしましょう。髪飾りはどれがいいのかしら……お姉様。あらまぁ、可愛い。お姉様の言う通りとてもよく似合っているわ」
「でしょう?ねがちゃん。こう言うのでゆっくりとして貰えたらいいのよ。帯よりも、こんな風に蝶々結びの方が可愛いでしょう?」

 リティの髪を軽くまとめ、髪飾りで飾る。

「本当。お姉様。でも、お姉様、ルゥお姉様が色々と見立てるとか」
「姉様が準備してくださる間だけでも、この姿でいいと思うの。リティちゃん。一緒に行きましょうね。あのおチビちゃんも待ってるわ」

 レイ・ディーアと、アラバニールと名乗った美少女は微笑み手を繋いで歩いてくれる。
 二人とも国王の妹で、大変美人だが気さくで優しい人たちである。
 元の部屋に戻ると、

「アル!酷いじゃないか!私がカズールに行っている間に!」

と、それはそれは美しい少女……大きなブルーの瞳に、目鼻立ちは驚くほど整っているが、美貌と言うよりもお人形のように精巧で計算し尽くされた愛らしい顔立ちに、長い髪はプラチナブロンドだが、左前の一房だけブルーシルバーの……。

「アル!私だって、私だって……着せ替えっこしたかったのに!リジーもそう思わないか?」

 国王アルドリーに食ってかかるが、威勢がいいのに、それがくるくると表情が変わり、ますます可愛らしく見え、

「だからね、ルゥ。本当に突然だったんだよ。だから、さーやと希(ねがい)に来てもらったの。その後はちゃんとここで向こうの戦闘が落ち着くか、ベビードラゴンが成長するか見守ってもらわないといけないし」
「……アルが黙って連れてきたとか……」
「あり得ないよ!それでなくても、リー兄さんやミュー兄さんがキレて怖いのに!ミュー兄さんの愛娘だよ。それにマザードラゴンの愛し子」
「にーちゃ、ルゥ姉様、リジー姉様。リティちゃんですわ」

レイ・ディーアが声をかける。
 振り返った美少女は目を輝かせる。

「まぁ!何て可愛らしいの!」
「あ、と、突然お邪魔して申し訳ありません。私はルーズリアのラルディーン家の娘のファティ・リティと申します。どうぞよろしくお願い致します」

 慣れない異国の服ではあるが母に教わったカーテシーをする。

「まぁ……こんにちは、ファティ・リティ姫。私はルエンディード・カエサールと申します」
「私はブリジット・アルカディアですわ。どうぞよろしくお願い致します」
「……えっ……シェールドのお二人の王妃殿下……でいらっしゃいますか?」
「違う違う」

 アルドリーが慌てたように答える。

「私の奥さんがルエンディード……ルゥで、ブリジット……リジーは、私の双子の弟、蒼記(あおき)の奥さん。一応ね?私と蒼記は双子で王位継承権は同位だったんだよ。だから」
「と言うか、僕は王位に興味はなかったんだけどね〜。幸矢(こうや)の方が向いてるし。だけど、幸矢が王宮にいることが増えたから、ある程度外遊や国内を見るのも公務だからと思って、外向きをしてるんだよ」

 お茶を飲みながらアーサーは答える。

「それに、こんな破壊兵器外に出したら、絶対戦争起こるから」
「俺をなんだと思ってるんだ、お前は」

 アルドリーは眉をひそめる。
 しかし、物憂げな表情は美貌をますます引き立てるだけである。

「ところで、ルゥ姉さん。その手何?」
「可愛いドレス、あぁ、ナーニャ姉上と一緒に……」
「ルゥ!柘榴姫は身体が丈夫じゃないからゴテゴテの重たいドレスやヒールは厳禁だよ?」
「大丈夫だ!私とナーニャ姉上の手で!可愛いお人形のように!」
「姉ちゃん、ストップ!」

 いつのまに近づいていたアルトゥールがリティを抱き上げる。

「リティは、うちのヒナの友達だから。姉ちゃんが遊んじゃダメ」
「そ、そうだよ。それに普通のワンピースで。庭で鬼ごっことかいいと思うんだけど。あ、セリ。綾ちゃんが泣いてたよ」
「大丈夫です!僕いなくても、末弟いるし」
「セリー!」

 姿を見せたのは、動く椅子に座った黒髪と瞳の年齢未詳の女性と、その後ろから、カイを小さくした少年がぴょこんと飛び出す。

「あっ!セリお兄ちゃん!お帰りなさい!」
「わぁぁ!ウィンツェンツ……髪切ったの?」
「うん!だって邪魔だし、僕すぐグシャグシャにするから」
「えぇぇ!僕は切らせて貰えなかった!」
「そりゃ、金髪6人もいたら、お母さん一人くらい短くても良いって。でも、お兄ちゃんのはダメって言ってた。ね?お母さん」

 短いといっても、肩のあたりで切り揃えられた少年の頭を撫でながら、

「これでも、我慢させたのだぞ。セリ。ウィンはもっと短くすると言い張って」
「母さんは僕には切るなって……ずるい」
「私ではないぞ。カイが言ったのだ。セリの髪は切らせない。そろえる程度。だから私も長いではないか」
「母さんは、グランディアの巫女姫の血筋でしょ。僕は巫女も何もないじゃない」

セリが頬を膨らませる。
 すると、

「グランディアの奉納の剣舞が舞う後継者がいない。幸矢(こうや)と少々荒っぽいが月歩(つきほ)、無表情の星蘭(せいらん)、成時(せいじ)の妹の七姫(ななき)はお転婆だ。六槻(むつき)のところは体が弱い、幸矢の娘も問題あり、蒼記(あおき)の娘も、彗(すい)のところは全くダメダメだ。さーやの血を引いてないらしい。誰か後継者が生まれるまではセリがやれ。それとも、自分の姪……つまり、バカ息子どもの娘に踊らせるか?まだよちよちだが、叔父が姪をいじめるのか?兄はいじめて良いぞ」

バッサリの言い方は本人のくせらしい。

「……うぅぅ……母さんの意地悪。僕だけ……僕だけ……」
「私が舞えるなら、舞いたかったが、無理だからな」
「あ、お母さん。僕も練習したい!ねえ?頑張るから良いでしょ?」
「しても良いが、ウィンはセリのように母から離れるな……頼むから」
「セリお兄ちゃんはお仕事で出張が多いんでしょ?僕は騎士になるけど、お母さんと姫さまの騎士でいたいから離れないよ?」

 キリッとした7歳の弟は、きっぱり言い切る。

「良い子に育った!」

 ひしっと息子を抱きしめる。

「はいはい、綾ちゃん。セリが忙しくて構って貰えないからっていじめないの」
「だって幸矢!」
「綾姉ちゃん。お客様が来てるって知ったんだろ?」

 アルトゥールは近づくと、腕の中の少女を下ろす。

「姉ちゃん。こちらが、ルーズリア公国ラルディーン公爵の末娘、ファティ・リティ公女。じい様がつけた名前は柘榴姫」
「は、初めまして。グランディアの姫様。私はファティ・リティ・ウィステリア・ルイシアと申します」
「……か……」

 カーテシーを決めたリティを見つめた女性は、ギギギッとアルトゥールを見ると、

「望(のぞみ)!もらっても良いか?欲しい!可愛がるから!」
「ダメ!ルーズリアのリー叔父の可愛い姪っ子だよ!殺されるよ!」
「それに、先に私が言ったのだ!」
「ルゥ姉上には娘がおるだろうに!ずるいぞ!」
「その前に、姫はものじゃありません!」

セリが抱き上げ、母と王妃の友人同士を睨む。
 そして溜息をつき、

「ごめんね?姫。紹介するね?僕の母の綾……鮮やかな織物という意味。そして、末弟のウィンツェンツあと紹介してないのは、政務官のすぐ下の弟と、三番目と四番目の愚兄だね。ウィン。姫に挨拶は?」
「はい!お兄ちゃん。初めまして。姫さま。僕はカイ・レウェリンの息子のウィンツェンツと申します。どうぞよろしくお願い致します」

と可愛らしい少年はにっこりと笑ったのだった。

 ちなみに、リティから見てウィンツェンツは可愛い少年なのだが、ウィンツェンツから見てリティは、

「小さい子だよなぁ……。僕と同じくらい?でも、僕は同年代の子から見ても大きいし……年下かな?」

と思ったのは内緒の話。

「ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く