ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし

ノベルバユーザー173744

57……星の飴とリティ

 自分の口の中で甘みが広がり、リティは、半分眠たいのかうとうとと呟く。

「美味しい……幸せでしゅ……パパやお兄ちゃん、リー伯父さま達に……」
「帰ったらあげましょうね」

 眠くなる時に舌ったらずになる姪の愛らしさに、ティアラーティアは微笑む。

 しかし、王妃である彼女はゆったりしているようでいて、それ以上に覚悟をしているのだ。
 王妃として、夫を心配しつつ息子であり王太子を支えることを。

 不意にリティはムニムニと目をこする。
 セリが慌てて止める。

「あぁ、目をこすっちゃダメですよ」
「ご、ごめんなしゃい……っ……」

 こらえきれなかったのか小さくあくびをし、口を押さえ赤い顔になる。

「は、恥じゅかしい……」

 俯いて恥ずかしがるその初々しさと可愛らしさに、セリは内心身悶え、セリの兄2人が、

「なっ、顔も可愛いのに、仕草も可愛い!」
「……あいつは大あくびだけど……」
「うちのツキなんて……」
「ツキに期待するな」

バッサリと切り捨てるラファ。

「それに、ツキが男嫌いになったのは、お前らが、特にエルが悪いわ!」
「ツキ……しゃん、れしゅか?」
「ツキ姉さんは、長兄の奥さん。月歩(つきほ)って言うんだよ。騎士になれたんだけど、問題があって現場に立てなくて、後輩を育てる教官になったんだ」
「問題……?」

 リティは首をかしげる。
 ラファは首をすくめる。

「ツキは私の幼馴染なんだ。一つ違い。でも、めちゃくちゃ可愛かった。那智と六槻(むつき)姉さんは別格だが、お人形みたいだったな。潤んだ黒い瞳と漆黒の髪と、肌は白くて人見知り。六槻姉さんは誘拐直前に犯人を叩きのめしたが、ツキは何度も男に誘拐されかかって、おじいさま……騎士の館の館長が自分の身を守れるようにと武芸を叩き込んだんだ。で、その頃、ツキの姉さんが男に騙されて、連れ去られそうになって、俺とツキ、幼馴染と追いかけた時に、大人しかったツキが、大好きな姉さんの髪の毛を切り刻み、服を破っていた男たちにブチ切れて、オラァァと半殺し……。どうどうと宥めて、死者がなかったが、それから、長く伸ばしていた髪を短く切って、男みたいな喋り方に『男はケダモノ!抹殺!……あ、セナ先輩とラファ先輩は親友だ!』と、騎士になって男に騙される女性を守ると騎士になると言ったんだが……」

はぁぁ……ため息をつく。

「日向夏(ひゅうか)さん……お姉さんの旦那のちぃはツキと上手くいくんだが、それ以外は暑苦しい!と殴り飛ばし、女としてみられたり声をかけられると、敵も味方も関係なく攻撃して……これじゃぁ騎士団には置けないとなった……それを余計に悪化させたのがコイツだコイツ!」

 エルを殴る。

「だから追い回すなと言っただろう!お前、顔だけでガサツ!もっとレディに対する対応を考えろ!」
「だって、ツキは兄さん達やちぃとは仲が良かったけど、俺たちには容赦ないし……」
「兄上のとばっちりを受けてボロボロでした」

 腹黒メガネの次兄アーダルベルトに、セリが、

「兄さんも姉さん囲い込んで、だったよねぇ?あぁ、ヤダヤダ、普段は無表情のくせに笑うと悪役」
「セーリー!」
「本当じゃん。ニヤッじゃん。父さんは無表情っぽいけどぼーっとしてるのに、エル兄さんはツキ姉さん以外にも愛想を振りまくからダメなんだよ。で、兄さんは何か悪巧み企んでそうな顔。姉さん達によく言われるんだよねぇ、いつも一緒にとことんまで叩き潰さないかって。今度してあげよう」
「俺も付き合うぞ。那智が心配しているからな……」
「那智しゃん……?」

リティがラファを見る。

「あぁ、那智は私の妻なんだ。ツキと日向夏さんの妹で、本当に可愛いんだ」

 照れっと頬を染める。
 童顔で美少女顔のラファが照れると可愛らしい。

「兄さん、惚気はいいから……」
「エル兄さん、うるさい!」

 セリはポケットの中に入れていた何かを投げた。
 ラファを除く4人の真ん中に入ったそれは、透明な空中で爆発すると、粉まみれになり、ついでに目を覆いくしゃみを始める。

「セリ、何をしたんだ?」
「卵の殻の中に、粉と香辛料を使う粉爆弾です。脱出の時に使うので。常時作ってるんです」
「あぁ、あれか。良くやった」
「いえ、兄達がアホですみません。団長」

 4人がくしゃみをしているのに、上司と部下の会話は続く。

「団長。ウィリアム卿が、向かう前にあれこれと言われておりますが……」
「ある程度は見当がついている。大丈夫だ。後でくるセナと師匠が一気に戦局を変えるだろうさ」
「大丈夫ですか?」
「何が?」
「叔父上……シエラ叔父さんは、国を守ったほうが……」

 躊躇う一言に、ラファが、

「師匠が来なかったら、陛下が来る。そうすると先代マガタ公爵閣下、先代マルムスティーン侯爵閣下が揃って来られる。表舞台から下がられたお二人……逆に陛下を支えられておられるお二人まで出て来られると、国が晒される。一気に行こうと思っているのだと思う……まぁ……それは、私が思っただけだけれどな」
「……もっと、私に力が……本当は、私が潜入している間に、愚兄達がもっと団長やセナ先輩、ちぃ先輩のようになっていれば、動かせる駒が増えていたのに……」
「本当に、私の努力が足りなかったよ……」

ヴァーソロミューが髪をかきあげる。
 その声にセリとラファは首を振る。

「ち、違います。ヴァーソロミュー様のことを言ったのでは……」
「分かってるよ。でも、指摘されたようにやっぱり甘やかしすぎだね。帰ったらもっとビシバシ教育しようか。ラファを後宮にとも思うけれど、そうすると白がいないからね。シュティーンの孫は次のマガタ公爵として自分の領地を知るべきだしね……」
「後宮には名誉なことですし、父と共に働けるというのも嬉しいことですが……」

 口を濁し、チラッと見るのは、実父と弟……。

「精神的に追い込まれそうなので、遠慮させてください……カイ兄上の例もありますし……」
「そうだねー。カイには辛いかもね。ならエルドヴァーンとアーダルベルトを後宮から出そうか?心労も減りそうだし」

 涙目の2人は突然の戦力外通告に青ざめる。

「それだと私の心労が……」
「そうなんだよね……本当に、セリは祖父のエイや両親を見て育ったからか、そういったところは似ているのに、エルドヴァーンとアーダルベルトは中途半端で出来の悪いリュシオンそのもので、本気で歯がゆいね。リュシオンは騒動を巻き起こす天才だったが、剣に関しては天才肌のアレクシアに負けないと努力していた。孫のお前達にはそれがない。残念だよ。末っ子がどう育つかだけどね」
「ウィンツェンツは負けず嫌いですね。いつも、暇があったらお兄ちゃん、僕に剣を教えて下さい!って来ますよ。最初は本当に荒い動きでしたが、最近は粗さも取れ、無駄な動きが減ってきました。父上にも教えて欲しいとせがんでいるそうです。父が嬉しそうでした」
「まぁ、末っ子で上と少し離れているからね」
「それに、嬉しいんでしょう。私は母に似ましたが、ウィンツェンツは父に似ているようで、どことなく両親のいいところを貰ってますし。それに、髪の色が濃くなっているんですよね。私と同じ真っ直ぐだと思っていたのですが、金じゃなく、明るいブロンズ系に」

 セリが考え込む。

「もしかしたら、もっと濃くなるかもしれません。本人は、父は好きだけど黒い髪がいいと言ってました」

と、セリの上衣を握りしめていた指の力が緩む。
 ハッとすると、スゥスゥとリティは眠っていた。
 しかし、軽い。
 セリの末弟よりも遠慮が強い。
 元の家では甘えることが許されなかったのだろう。
 多分……セリの父のように……。

「弟の成長も楽しみですが、姫が笑顔になってくれたら嬉しいです」
「そうだな……」

 ラファは微笑んだ。

「ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く