ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし

ノベルバユーザー173744

閑話休題……ローズ様の溺愛するメオくん

 メオ……メテオールの毎日は、じいじとばあばに起こして貰うことから始まる。
 じいじもばあばも年齢に性別を超越した……特にじいじ……存在である。

「おはようごじゃいましゅ。じいじ、ばあば」

 普通は起きたらメイドなどが着せ替えを手伝うのだが、メオは人見知りの為、じいじ、ばあばが抱っこして着替えをさせる。

「メオ〜?何色の服がいいかな?今日はじいじと陛下の所に行こうな?」
「メオくん。ウィリーさま……じいじとばあばと行きましょうね?」
「あい」

 お返事はちゃんとできるお利口なメオくんですが、朝食を2人に食べさせて貰い、お出かけすることになると、ぐずり始める。
 人見知りで、余り人に会うのが怖いのである。

「メオ?ルゥさまと幸矢さまが待ってるぞ?」
「幸矢しゃま!」

 メオは国王陛下夫妻が大好きである。
 抱っこに庭で一緒に遊んでくれるのである。

「行こうな?」
「あい!」
「それに、ラファにセナいるからな?」
「んーと……ラファパパとシェニャパパ……?」
「そうそう」

 汚れてもいいようにスモックと半ズボン、革靴ではなく走り回れるように靴を履いて祖父に抱き上げられ祖父の職場に向かう。
 途中で会うのはこちらは長身で落ち着いた物腰の亜麻色の髪の青年と、ローズ様瓜二つの愛らしい美少女……ではなく、

「セナ、ラファ」
「あ、ウェイト伯父上、アルファーナ叔母上、おはようございます」
「父さん、母さん、おはようございます。あ、メオ。おはよう」

 ニッコリととろけるように微笑む……ラファは子煩悩である。
 メオは恐る恐る顔を覗かせると、

「ラファパパ、おはようごじゃいます。シェニャパパ、おはようごじゃいます」

頬を赤くしてテレテレと挨拶をする。
 ラファは、落ち着いたら養子に迎えるメオをすでに可愛がっていて、

「メオはいい子だなぁ。パパとセナにもちゃんと挨拶ができて」
「本当だねぇ。メオはいい子だよ」

ラファの横で、セナも目を細める。
 ちなみに、セナは父がリオン……エドアルド・ヘリオスと言い、現在のカズール伯爵の甥。
 ラファよりも1歳上で、国王アルドリーの妹王女を妻にしている。

「メオ、パパのところに来るかな?」
「あい!」

 ようやく慣れた義父に抱っこして貰い喜ぶ様子に、祖父であるウェイト……ローズ様は女装時のお名前です……は安心する。



 連れ戻る前、最初は孫の行方不明だと聞き、主君に許可を得て飛んで行った。
 すると、見つかったものの、両親にも周囲にも距離を置き、口数の少ない……心を閉ざす孫に心を痛めた。
 点滴をして、側に母親がいるものの、言葉を発することもなくただぼーっと天井を見つめている姿。

星蘭せいらん
「お義父様……申し訳ございません」

 妊婦の星蘭は表情が余り出ないが、自分を責めるように表情を歪める。

「どこにいたんだ?メオは」
「紅騎士団の武器庫の中です」
「武器庫!怪我は?」
「いいえ……怪我はなく、酷い脱水症状と熱です。でも、先生に診て頂いても、返事もなくて……」

 ウェイトは、孫に呼びかける。

「メオ?じいじだぞ?」
「……」

 こちらを見ることなく、心を閉ざす孫を見て、このままではダメだと嫁に告げ、安定した所を見計らい王都に連れ帰った。
 息子が追いかけてきたが、徹底的に殴り飛ばし、

「メオはお前に返さん!面倒一つ見もしないで、親父ヅラするな!」

と追い返した。
 ちなみに、追い返しても何度か会おうとしたのだが、諦めて帰ることにしたのは、一度だけ庭で遊んでいたメオに駆け寄ろうとした時。
 父親を見たメオがおもらしをし、喉を引きつらせ泣き出したのである。

「だ、団長……」

 その時、ちょうど休暇でメオと同じ年の娘と共に来ていたラファと、ラファの妻で星蘭の妹の那智なちの前で、ボロボロ涙を流すメオ。

「団長の邪魔しないの。大人しくしてなしゃいなの……ごめんなしゃい……ごめんなしゃい。おもやし、ごめんなしゃい……」
「お、怒ってない!それに、俺は父ちゃんで……団長じゃないぞ?」
「ごめんなしゃい、団長。ごめんなしゃい……見えないとこいく……」

 走って行こうとしたメオを那智は慌てて抱き上げ、義兄を非難するように睨み、

「メオちゃん。ママと行きましょうね?ばあばがジュースを用意しているって……」

と娘の手を引いて奥に消える。
 それを確認したラファは弟に近づき、

「メオを俺たちが養子に引き取ることになった。メオはお前の息子じゃない。諦めて帰れ。星蘭もいるだろう」
「だけど、兄貴!」
「団長……とメオはお前に言った。那智は星蘭からの手紙で、『メオが自分のことを参謀、夫のことを団長と言うのがとても心配しています。何度かパパとママと教えても首を振って団長と参謀と繰り返し、口数も少なくおしめをしても、おもらしをしたとか言えないのです。表情もなく心配しています』とな」

唇を噛み、うなだれる弟に、冷たく、

「仕事は大事だが、団長としての資格はあるが、お前にはメオの父親の資格はない。帰れ。子供を放置して仕事に没頭し、放置して自宅に帰ったと聞いている。まだおしめをした子供に、騎士団を出ていけるはずもない、門や扉には警備がいるはずだ。それらが任務を怠っていないなら、内部でメオはいるはずだと言うのに探しもできない。騎士団長としていたいなら、メオは忘れろ。帰れ」

ラファは言い放ち、

「ではな。メオをこれ以上苦しめるなら、隼人義父上にも伝えておく。帰れ」

そう言って去った。
 うなだれて帰っていく姿を見送ったウェイトは、ヒックヒックしゃくり上げる孫を抱き上げ、

「大丈夫だぞ〜?メオ。ほら、パパが戻って来た」
「ごめなしゃい。おもやし、ごめんなしゃい……」
「良いんだよ。怒ってないよ?さぁ、メオ。お部屋でじいじたちとおやつを食べよう」

着替えをさせた孫に、微笑んだ。



 職場に向かったウェイトは、友好交渉を行なっている隣国の王族の暗殺未遂事件に、出向の命令を与えられ、同僚のカイと向かうことになったのだが、残念だったのが、

「メオ……ごめんね!じいじはお仕事でしばらく行ってしまうんだ。帰って来たら沢山遊ぼうね」
「あい。じいじ」
「ラファ。後は頼んだ」
「あぁ。父さんも気をつけて」



「あぁぁ……メオに会いたい、メオに会いたい……」

 ウェイトは、今日もローズ様に変身しつつ孫の名前を呼ぶのだった。

「ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く