ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし

ノベルバユーザー173744

45……国王陛下と一巻きのリボン

 デュアンは婚約者親子の帰還を残念がる。

「ヒナ姫……又ね。二月後には行くからね?」
「お兄様は、騎士の大祭ですもの。ヒナはリティお姉様と遊ぶのが楽しみなのです」
「えぇぇ〜!ヒナ姫……僕だって、僕だって……」
「リティお姉様。一緒に金の森に行きましょうね」
「うわーん。リティと姫が仲良しなのは嬉しいけど、複雑……」

 デュアンが肩を落とすのを、リティとヒナは顔を見合わせて笑う。

「ヒナちゃん。今度、お兄ちゃんとパパとママと一緒に行きますね」
「じゃぁ、セリお兄ちゃんは、お姉様の騎士として帰って来てね?」
「こーらー?ヒナ?軽々しくそう言うことは言うんじゃない」

 アルトゥールはおませな娘にめっとする。
 リティの騎士・・……つまり、特別な存在として一緒に帰って来て欲しい。
 何なら婚約者としてでもいいと言うことである。
 それはダメだろう……アルトゥールは思う。
 それでなくても、セリはカズール伯爵の秘蔵っ子である。
 そして、ヒナの遊び相手でもあった子供たちに声をかける。

「クレス兄ちゃんところの、ノエルとリラとベルも、遊びに来ると良い。暇なじいちゃん、ばあちゃんや俺の兄ちゃんが来るから」
「暇な兄って誰のこと〜?」

 背後から色気漂う独特の声に、アルトゥールは振り返る。

「うわぁ!兄ちゃん!何で来たの!」

 ワタワタ慌てるアルトゥールの背後から姿を見せたのは、蒼い……溟海うみの色、空の色、夜の色、朝焼けに変化して行く寸前の……世界の時の色を髪に写し取ったかのような、蒼の王……。
 瞳は宵闇にけむる色で、肌は白く、顔立ちは整っている……。
 長い睫毛を伏せ、ため息をついた絶世の美貌の王は、

「……帰ってこないから、心配で……ずっと、俺がお前を束縛しているのかと……思って……蒼記あおきには、いい加減大人なんだから放置しろって……でも……喧嘩して、もう蒼記の馬鹿!しばらく口聞かない!って言って来た」
「はぁぁ?兄ちゃん!幾つだよ〜!蒼記兄ちゃんに馬鹿って……うわぁぁ、やばいな。それ、絶対効くよなぁ……」
「えぇ、効くわぁ……大丈夫かしら」

アルトゥールの横でローズ様が遠い目をする。

「お久しぶりです。へ……アイド兄さん」

 デュアンは声をかける。
 その時には妹を抱き寄せている……でないと、セリと取り合いになるからである。
 振り返った青年は、幼くなったデュアンに目を見開き、ため息をつく。

「デュアン……無事で良かった。それと、俺と姿、取り替えない?羨ましい……この姿じゃなければ気軽に出歩けるのに……」

 物憂げに俯く様は、美魔女(?)ローズ様が我を忘れ、身悶えするほど美しい。

「ダメ!兄ちゃんは、馬鹿親父のようにフラフラしちゃダメ!」
「違うよ。陛下みたいに失踪じゃなくて、今回のように何かあった時に、すぐに駆けつけられたらと思って……この顔とこの色……変えられないかなぁ……」
「ダメ!兄ちゃんは、俺の兄ちゃん!姿変えたりしなくていいの!」
「何言ってんの!幸矢こうやは僕のだよ!全く。油断も隙もない!」

 背後から人外の美貌の主を抱きしめる腕。

「ほら〜!お馬鹿は大丈夫だったでしょ?幸矢、のぞみは置いて行くよ。大丈夫。殺しても死なないよ」
「何だってぇ!蒼記兄ちゃんのボケ〜!兄ちゃん独占禁止法〜!」
「うるさいよ。文句聞かない。ほらあっち行け!」
「こら、蒼記、望!喧嘩しない!」
「アルドリー。甘い!こう言うのにはこうすればいいんだよ!はい、ミュー容赦無くやって!」

 その声に、拳が振り下ろされる。

「イタタタ……」
「本気で殴った〜!」

 2人は呻く。

「うるさいぞ。アルトゥールだけじゃなくアーサーもでかい図体、邪魔だ邪魔!」
「あ、すみません。ミュー兄さん」
「アルドリー。馬鹿は馬鹿だぞ?容赦無くしつけてよし!おやつは与えすぎないこと。締め付けすぎもダメだが、手綱はちゃんと握っとけ」
「ミュー兄さん!僕はナムグじゃないよ!」

 アーサーは訴える。

「違ってたのか?今、うちで育てているミカとイザの子供たちでも、もっときちんと言うこと聞くぞ?特にリティのブルーローズは二対ある翼でヘタレないように、毎日プールで泳いでいるぞ。な?リティ?」
「は、はい。ブルーローズは、前はずっと寝てましたけど、最近少しずつ遊ぶようになりました。翼パタパタします」
「へぇ……翼パタパタ出来るんだ。お話は?」
「出来ます。とってもお利口なんです。さっきも練習していて、お昼寝中です」

 リティはちなみに、美貌の人物を見て、夢みたいと舞い上がっていたりする。
 アルドリーは目を細め、微笑む。
 数えるのも馬鹿らしい程、同性異性の心をタラし込んだ微笑みである。

「そうなんだね……ブルーローズだっけ?頑張ってるね。それに、柘榴姫ざくろひめ。大きくなったね」
「えっ……」
「リティ……シェールドの国王アルドリー三世陛下。アルトゥールの兄上だ。その後ろにくっついているのが、陛下の双子の弟、アーサー殿下。全く似てない双子陛下だ。リティが一回リボンを作りに行った時に連れて行ってくれたのが、陛下だよ」

 父のミューゼリックの言葉に、目を見開き、慌てて頭を下げる。

「も、申し訳ございません。陛下。ファティ……」
「しっ……言わないで」

 アルドリーの声が響く。

「君の名前は竜族の名付けた神聖な名前。私がその名前を呼びかけると、竜族に怒られるからね。俺は、じい様が名付けた柘榴姫って呼ぶから……ゴメンね?」
「いいえ、あの。陛下……」
「幸矢で良いよ?アルドリーは呼びかけられても、返答しにくいからね」
「返答しにくい……ですか?」
「そう。アルドリーって言うのは、俺の本当の名前であって名前じゃないんだ。俺の本質……俺自身は、グランディアの幸矢が近いと思ってる。アルドリーは表層……形式上の名前で、俺は幸矢。こちらに来た時の仮の名前がアイドなんだよ」

 リティは考え込むが、呟く。

「えっと……リティも一緒で、昔はマリアージュって呼ばれてて、でも、お母さんに本当の名前があるって言われて、もう1つの名前が柘榴姫……みたいなのですか?」
「正解。柘榴姫は賢いね。あ、そうそう。これ、兄さんに頼まれたんだ。これは仮のものだから、正式には後日贈らせて貰うよ」
「えっ……」

 白い布とブルーのリボンに包まれた物を差し出され受け取る。
 そして、戸惑いつつリボンを外し、中を丁寧に開けると、目を見開く。

「お、おじいちゃんのリボン……!」
「これはね?柘榴の花と実のモチーフのリボンだよ。それに、ラミー子爵の紋章だった幻の鳥ユースも織られている。とても貴重な特別なリボンだね。ルイス様が柘榴姫に遺した大切な宝物の1つだよ」
「……ありがとうございます。幸矢さま。大切にします」
「そうだね。それに、これを言うと君のお父さんは怒ると思うけれど、二月後のシェールドの大祭では、怨恨を残さないことと、騎士の総帥カズール家の領地の名産品であるリボンが戦いの勝者に贈られているよ。その中でも最初の試合と最後の日のリボンは特別でね?そのリボンを受け取ると……」
「こら!言うな!アルドリー!リティ!聞くんじゃないぞ?いいな?」

 ミューゼリックが割り込む。
 アルドリーは微笑み、

「ミュー兄さん?子供はいつかは手から離れるんだよ?グランディアでは風の鳥って言う位だからね?飛んで行っちゃうよ?」
「離すか〜!うちの子はどこにもやらん!」
「あーあ、兄さんは変わらないね」

リティの頭を撫でたアルドリーは、もう一度リティを見る。

「じゃぁ、二月後、会えるのを楽しみにしているよ?それじゃぁ、ヒナ?パパと帰ろうか?」
「うんっ!抱っこ〜」

 抱っこをせがまれ抱き上げると、アルドリーはヒナと共に手を振り、

「ほら、蒼記、望、カイ兄さん帰るよ?そして、ローズ姉さんとセリ。任務を、いいね?」
「はい、分かっておりますわ」
「かしこまりました。陛下」

2人はそれぞれ頭を下げて、そしてリティたちも手を振り一行を見送った。



「パパ!リボンです!嬉しい!」

 リティは父親に飛びつく。

「綺麗!どうしましょう。ママに見て貰うのです。それとも、ママに……」
「そのリボンは、本当に特別な人にあげなさい。いいね?」
「パパとママとお兄ちゃんは特別じゃないの?」
「うーんとそうだなぁ……パパとママとデュアンには構わない。他の人にあげる時には、よく考えて……」
「んーと、リーおじさまとお姉ちゃん……」

 考える無邪気な娘を抱き上げながら繰り返す。

「こーら、よく考えなさいと言っただろう?簡単にあげてはいけないんだよ?いいね?特に、そこのティフィやセリにはあげないこと!」
「えー?パパ。ダメ?」
「ダメ!このリボンは本当に国宝級の価値があるんだ。これ1つで、この間のパーティを開くことができる」
「……パーティ……って、パパ」
「デビュタントだよ。分かるか?シェールドのリボンは本当に特別な物なんだ。一巻きポンっと下さるなんて普通はないことなんだよ。いいね?」

 父親の言葉に青くなり、リティは頷いたのだった。

「ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く