ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし

ノベルバユーザー173744

43……好きになって欲しいのに

 セリは兄弟の中で一番平凡な顔である。
 他の兄弟は、父方の祖父に似て美貌なのだ。
 父は穏やかな性格そのままの美形だが、長兄は祖父そっくりの派手な格好の似合うタラシで、ヘタレである。
 他の兄弟も似たようなものだが、セリだけは漆黒の髪と瞳の、その上肌は白く、ほっそりとした体躯の少年に育った。
 身体は弱くはないのだが、小柄で華奢な為、特に長兄、次兄には可愛がられた。

 まぁ、コンプレックスのこの顔は、自分の性別を不詳にし、その上大きくタレ目は幼く見えた。
 しかし、この顔で生まれたのだからと諦めたのだが……ちなみに、初恋も今までになかった。

 シェールドには、ほぼ代々人間を超えた美貌の国王がおり、その妃も整った顔をしている。
 その為、シェールドの者は美形に見慣れて他国の人間は不細工に見えるだろうと、前……先代国王アレクサンダー二世は、他国の外交官にそう言われたらしい。

 すると、椅子に悠然と座っていた先代シェールド国王アレクサンダーは、ふてぶてしい態度と長い足を円卓の上に乗せ、両手を頭の後ろに回すとニヤッと笑った。

「ホォ?貴殿のお嬢さんは非常に残念なご容姿なのだな。私は女性はそれぞれ美しさが違うと思っているのに、父親にこんな場面でそう言われるとはお嬢さんは可哀想だな」
「なっ……」
「それに、私はシェールドでも不細工で有名なんだ。すまないな?私のような不細工が交渉役で……」
「えっ……」
「父も母も、美の女神に祝福されたと言われる程の美男美女。その息子がこれかと」

 その言葉に、ルーズリアのリスティルも遠い目になった。
 アレクサンダーは売られた喧嘩は買いまくる。

「後で、マルムスティーンの兄上達にチクろうっと……あんなうざいのは裏でバラしたら良いのに……」

と呟くリスティルの横で北の国リールの女王の夫……王配殿下カイルも苦笑する。

「陛下もお変わりがないようで……」
「カイルもね。女王陛下とは仲睦まじいと評判じゃないか」
「はい……陛下……妻も最近は大人しくしております」
「まぁ、仕事は大変でも、お身体がね。もう少し落ち着くか、生まれるまでは君たちが主になって動くしかないね」
「先代陛下……義父上もそうおっしゃって下さって……」

 カイルは義父や親友たちもおり、安心している。
 それよりも……。

「オラァァ!最低でもこの仕事しなさいよ!あんたが豪遊するから、お金が尽きたんでしょう!私は帰りたいって言ったのに!このバカアレク!」

漆黒の髪と瞳だが、神秘性は薄く、何故か鋭い眼差しでアレクサンダーをねめつける。

「あぁ、セイラさん!そこの男が、シェールドは美形ばかりで、不細工はいないだろうだって。アルドリーたちは良いけれど、アルトゥールのことを不細工だって。どうする?」
のぞみ……みーくんは不細工じゃありません!私の子は皆美形揃い!許せないわ!」

と言い放ったセイラは、夫をボッコボコにした。

「わぁぁ、言ったのは、あっちだよ!」
「あんたを動けないようにして、私は子供達のところに帰りたいの。早く逝って頂戴!」

と、国際会議場で夫婦の殴り合いの喧嘩が始まり、その話を聞きつけた当時のマルムスティーン侯爵シルベスターが、丁度遊んでいたセリの手を引いて姿を見せると、

「申し訳ございません。我が国の大使がお恥ずかしい限りです」

と蹴り飛ばしたのだった。

 セリは賢い子供だったので大人しく、カイルの膝に座り、夫婦がシルベスターによって追い出されたのを確認し、共に会議に聞き入っていた。

 カイルも穏やかだが政治家としての手腕は相当だったし、リスティルは天才、そして、『愛すべき愛おしき外交官』と言う異名を持つ、性別は男性だが自分の娘であり王妃のルエンディードよりも美少女に間違われるシルベスターはシェールドの騎士ながら騎士の正装でもなく、女性がよく着る乗馬用の服装に似た格好である。
 ちなみにシルベスターはセリと同じで兄弟や従兄弟皆長身で、それ以上に恐ろしいのが騎士の正装で歩いていても女性に間違われる……娘よりも美少女である。
 世界の美貌10人の中に、何故か男性部門でも女性部門でも名前が上がる。
 シルベスター本人は昔は度々文句を言ったらしいが、最近は言うのも馬鹿らしいとほったらかしている。
 ちなみに、その世界の美貌10人にシルベスターの妻子、つまりシルベスターを含め合計5人が入っている。
 そして、長女の夫である国王アルドリーと、長男の嫁であるカズール伯爵家の長女、六槻むつきも入っている。
 つまり、シルベスターは重複しているので20人中8人が一族であり、他に、リスティルとその妻ティアラーティア、カイルの妻の女王陛下も入っており、他はカイと、国王アルドリーの妹王女2人と六槻の母の清泉いずみが入っていた。
 そして、ティフィリエルとデュアンリール、男女同時がもう1人、ローズ様がいた。

 昔は端正な兄弟の中でただ1人の異端児……兄弟じゃないとまで言われ傷ついてきたが、最近は兄弟に似なくてよかったと思っている。
 父は口下手な方だが、母を本当に大切にしていて、それに母もかなり性格が破壊的だが、父は、

「私も綾も、そんなに親の愛情を理解できなかったからね……」

と呟いた。
 一応、綾は国王アルドリーの母、セイラの妹だが、実際は同母兄の隼人と共に引き取られた養女である。
 しかも虐待されて身体中がボロボロの状態で、養子に出されていた兄が久々に実家に戻った時に見つけ、即座に連れ出された。
 全身ミミズ腫れに手足も踏みにじられ、泣くのがうるさいと猿ぐつわをかまされて放置されていたらしい。
 一歳の時に連れ出された時には人に怯え、声を発することもなく、手足は無残に骨が砕けていた。
 同じ年の子供がいた義兄の奥さんに乳を分けて貰い、手足の治療に、放置され育った弊害が……他人への恐怖……大人の方は突然顔を見せたりしないように、そして大声を上げないように、怯えさせないように優しく接し、同じ年の義兄の息子と一緒に育てられた。
 ちなみに、初めて言葉を喋った時は、

「とと」

だったと言う。
 特に綾を心配し、夜に怯え、風にも物音にも怖がり抱いてあやして寝ていた義父のことで、ニコッと笑いそう呼ばれた義父は大泣きしたらしい。

 カイもカイで実の親と引き離され、養父に虐待されて育った。
 自分は結婚する気は無かったのだと一回、セリだけに言ったことがある。

「自分が虐待されて育ったから……子供たちに手をあげたりしたら……とゾッとした。綾を、子供達を不幸にするかもしれないと思った」

 すると、叔父のカズール伯爵シエラシールは大爆笑したらしい。

「お前は2人だけで子育てするつもりなの?おこがましい!綾の家族である私たちや、お前のお祖母様たちがいるって言うのに、2人で?」
「えっ、でも……」
「お前は仕事で忙しい。爵位もいつかは継ぐだろうね?それに綾は、努力家だから頑張ろうとするだろうけど、綾も身支度に子育てに、屋敷のことにって……その上に余裕はあるかぁ!それに綾の両親である姉様や兄様、お前の義母上にお祖母様、皆が楽しみにしているのに、それを拒むのかな?冷たい甥……まぁ、私は不器用だけど〜」
「叔父上や……皆さん……嬉しいですか?」
「当たり前じゃない。カイは私の甥で、綾は姪。幸せになって欲しいに決まってるでしょ」

 シエラシールは頭を撫でる。

「兄上や姉上も本当に喜んでいるよ……幸せになりなさい」

 叔父にそう言われ、涙が止まらなかったらしい。
 そして生まれた子供は、本当に男ばかりで手がかかり、シエラシールの言う通り親族に頼まないと全くどうしようも無かった。
 安心したとも言う。
 そして最近には、

「お前もそろそろいい人を探さないとね」

と言うようになっていた。

 しかし、自分に近づく女性はほとんど、二言目には兄たちの名前を出すことが多く……既婚の上3人の名前を出すことすらある。
 それにうんざりしていた。

 で、自分の先輩であり、シェールドの最も友好の深いルーズリア王国の王弟の嫡子デュアンリールの暗殺未遂と言う事件に父とローズ様、そして実兄以上に兄として慕うアルトゥールが向かい、次はルーズリアの王太子のお茶に毒を入れられたと聞き、緊急に溜まっていた休暇を使い溟海めいかいを渡った。
 そしてそこで、デュアンの妹であるリティがいた。
 あまりの可愛らしさに、どきっとした。
 大きな瞳に華奢な体にお人形のような愛らしい仕草。
 ちょこまかと動く様も可愛いし、声もコロコロしていて胸がドキドキする。
 可愛すぎる……どうしよう……抱きしめたら絶対に折れる。
 声を聞いていたら、話に聞き入っていたいし、小さい口でクッキーを食べているのを見ると、アーンと食べさせたくなる。
 ニッコリと、リボンを結んであげただけで笑ってくれた瞬間は息が止まった。

 どうしよう。
 他の……特に、美男子で知られているこのルーズリアの王太子に、あの笑顔を向けられたら……。

「僕……泣けるかも……」
「どうしたの?」
「……ローズ様に聞いて、向こうから色々持ってきて貰おうっと……リボンも喜んでくれたし、次は時計とか……ピンクの……こっちもローズ様にお願いしよう」
「だから、泣くって?」
「……嫌われたくないし、でも、僕、誰ともお付き合いしたことないし……どうしたらいいのか解らないし……ダンスのレッスンと、後、何をしてあげたらいいのかな?」

 父を必死に見上げる。

「どうしよう?えっと、レッスンに勉強に……」
「……落ち着きなさい」
「あっ。ごめんなさい」

 思い出したように告げる息子に、カイは頭を撫でる。

「まぁ、おじいさまに教えて貰った昔話とか、姫の知らないお話を話してご覧?」
「あ、そうか!父さんありがとう!」
「はいはい。でも、もし振られたら、昔のように私に抱きついて泣いていいからね?」
「父さん!酷いこと言わないでよ〜!まだ何も始まってないのに!」

 セリは半泣きで父親に訴えたのだった。

「ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く