ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし

ノベルバユーザー173744

37……心の変化

 ところで、ティフィはいつもと変わらず仕事をしていた。
 その執務室の扉が、

 トントン

とノックされた。
 扉は重厚な為、近衛か職務の決済を頼んでくる文官かと思っていたのだが、

「失礼します。殿下。姫様のお越しにございます」

 衛兵の声に一瞬、えっ?と首をかしげる。
 姫というのは国王の娘であり、父にはすでに嫁いだ妹たちしかいない。
 すると、

「ひ、姫様!ワゴンは私どもが!」
「大丈夫です!リティは力持ちなので……」
「いえいえ!姫様!力持ちとかの問題ではなく!」

白い上品なワゴンが入ってくるが、押しているのではなく、どう見ても後ろから近衛がワゴンに乗るリティをたしなめている姿にしか見えない。

『危ないから、ワゴンで遊んではいけません!』

 と昔、妹たちが、今現在は弟のラディエルが叱られている姿に似ている。

「ティフィお兄ちゃん。お菓子食べませんか?」

 背伸びをするリティは、昨日聞いたが、骨や関節がまだしっかりしておらず、シェールドの女性ファッションデザイナー一族の当主のウェイトと主治医のアルスの2人によって、ハイヒールにレディーの正装も最低2年は禁止されたらしい。
 それを教えてくれたのは、シェールドでの上司であり同時にルーズリアの王太子であるティフィの警護を兼ねていたカイである。
 しかも、何故かメイドの格好をしている。
 普通のメイドの裾の長いものではなく、ミニスカートにレースフリフリのエプロンドレス、ヘッドドレスも可愛らしい……と一瞬考えたが、誰がこの格好をさせたのか……に、思い至り、

「あの、ローズ様か……」

と呟く。



 ローズ様こと、マルムスティーン一族のウェイトは、潜入捜査の第一人者であり、女装を得意としている。
 ウィリアムと言う名前があるものの、男装の際にはウェイト、もしくはウィリーと呼ばれ、女装の際にはローズ様と呼ばれる。
 男性にとってのローズ様は、恐ろしい完璧主義者で徹底的にしごく鬼教官兼、女性になりきり、数限りなく男を騙し情報を収集する天才詐欺師……であり、女性からすると、定期的にローズ様のお屋敷などで行われるマナーレッスンを兼ねたお茶会で流行について、男性についての相談事などに真摯に聞いてくれる『お姉様』である。
 結婚しており、子供も孫もいると言うのに、女装を止めようとしない……と言うよりも美貌に磨きがかかり、ますますおモテになるらしい。
 一時期潜入捜査の勉強をした際には、従兄弟のデュアンとティフィは童顔であることを理由に、徹底的に女性のドレスコードのいろはを学ばされた。
 その教育は所作に始まり、自分での化粧、同僚との着替え……同僚には女性も当然いるが、逆に恥ずかしいというよりも情けなく先輩に教わるのだが……。

「地獄……うん……」

 遠い目をする。

 むさ苦しい着替えに、ローズ様の命令というか指示に従い柱にしがみつくと、問答無用でコルセットの紐を締め上げられる。

「息を吐いて、柱に掴まれ!」

 その通りにするが、同期たちが気絶や悲鳴、最後には凄まじい締め上げに文句を言う者には、ローズ様はにっこりと、

「その程度で喚くなって言ってんだろうが!まだあぁん?俺は今、一応軽〜く60まで締め上げているが、うちの嫁は48センチだ!そこまで締め上げてやろうか?」

と言ってくれた。

 48センチ……母にそれとなく聞いたが、

「よ、48!無理よ〜!」
「というか、カズール伯爵のご令嬢は、45センチだって聞きました」
「何でウェストのサイズを聞きたがるの?」
「……いえ、今潜入の為に、まだ若くて童顔の私やデュアン兄さんを中心としたメンバーにドレスを着て、どれ位動けるかの訓練です。ピンヒールもローズ様は、12センチも履いても大丈夫と豪語されてましたが、私には6センチでも苦行で……あれでダンスを踊れと言われたら……母上や女性方は恐ろしい……いえ、素晴らしいなと思いまして……」

ものには言いようと、言い方がある。
 すると、横で聞いていた父のリスティルは、

「潜入捜査……お前はするの?」
「いいえ。カズール伯爵閣下に反対されました。私たちの先輩の1人がかなり無謀な潜入捜査をして、死にかかったとか……それに、私の場合はルーズリアの王太子で、普通は同期とも差別はしてはいけないけれど、私は大学院にも籍を置いているので、免除されるのだそうです」
「まぁ、それならいいよ。それより、潜入捜査で死にかかった無謀なお前の上司っていうのは、カズール伯爵の娘婿で、先代マルムスティーン侯爵の息子のリュシオン・フィルティリーアだよ。あの子、12歳で騎士の館に入学して3年で卒業したら、2年の間に幾つもの暗殺者集団とか人身売買の組織とか、窃盗団とかを潰して回って、逆に捕まって、何回か拷問に、両手足を縛られて冬の川に投げ込まれて、死にかかったらしいから」
「……えっ?」

 リュシオン・フィルティリーア……国王アルドリーの側近であり、妻である六槻むつき……これはグランディアの名前で、本名はアエラ・アルカサール皇女。
 父方はカズール伯爵家、マルムスティーン侯爵家の血を引き、曽祖母は当時の王女と言う高貴な身分であり、母方はグランディアの国王である現在の騎士の館の館長の姪の子。
 皇女の地位は母方の地位を示す。



 ちなみに、グランディアでは国王……皇上こうじょうと訳される……は、一族で最も能力のある存在を言い、それは一族に続けて出ることは稀である。
 しかし、現在の当主の清影せいえいは当時の皇上の末息子で、さほど能力に優れていると言われていなかった。
 年の離れた兄が皇太子だった。
 清影は生まれてすぐ母を亡くし、父は忙しく兄に可愛がられて育った。
 しかし、3歳の時に兄が戦死し、周囲は大人しく、表情のない子供だったので、女官たち以外は気味悪がり屋敷の奥に放置していた。

 だが、兄が戦死した為、すぐに能力者の子供……後継者候補が集められ、おまけのように呼び出された清影は周囲の少年たちの一言に文字通りブチ切れた。

「あの皇太子は双子だった、やはり畜生腹ちくしょうばらの子供。だから死んで当然だ。その前に母親もろとも殺してしまえば良かったのに」

 清影の兄は双子で、双子の妹である姉は何者かに連れ去られ、未だに行方不明だったのである。
 大好きな兄を、顔も覚えていない母や姉を馬鹿にした周囲の年長の子供達を、清影は容赦しなかった。
 力ではない……いや、力ではあるが拳などで殴りつけた訳ではない。
 立ち上がり口を開いたのである。

「畜生腹……ならばそなたの妻はどうだ?今、そなたの妻の腹の中にいる子供は双子だ。生まれたら殺すのだな?可哀想に……お前の一言で、お前の妻と子供の人生は終わったも同然だ」
「なっ……?」
「そう言えば、そなたは身分の低い家からの婿養子……だと言うのに、その一族の娘である妻を蔑み、虐げるのだな」

 清影は3歳の割には大人びた言葉を繰り返す。

「それにその者、先日命を絶った巫女をここにいる数人の男たちと暴行しただろう?しかも、巫女の地位を欲した自分の姉と、父の命令に従い、この国の日々の安寧を願う巫女を穢した。この国にとって害悪の一族だ」
「誰が!証拠はあるのか?」
「証拠?そう問いかけると言うことは、主導したと言うことも同然。よって処分する。風の神よ!あの巫女の悲しみを、恋い慕い、結ばれる日々を待っていた恋人の苦しみの為に、この一族の血が断たれることを我は望む!」

 その瞬間、凄まじい勢いの風が巻き上がり、落ち着いた時には、清影の周囲の年長の青年に達しない少年たちの首はなく、巫女の地位を欲した女は無残に首を切られ、それを命じた父親は切り刻まれ肉塊と化していた。
 皇太子を選ぶ場所での穢れに周囲は騒然となったが、立ったままじっと父親を……皇上を見つめる様に、周囲は……特に身分を傘に暴力を振るい、ひいては言葉にできないことを要求する者たちに嫌気のさしていた女官は、幼いものの先代の皇太子に瓜二つの清影を歓迎した。
 しかし、皇上はその幼さで怒りを以って処断する息子を恐れると言うよりも、将来を心配した。
 その為、皇太子には認められたものの、信用に足りうる青年に息子を預けたのだった。

 ちなみに、清影の予知は当たり、妊娠していた女性は双子を産んだ。
 しかし、その前に、皇太子を怒らせた婿を一族から追い出していた当主が、恋人を失っていた青年を婿に迎え、彼は双子を実の子として可愛がったのは別話である。

 そして、六槻は能力者だが、体が弱く、能力を封印している。
 その夫のリュシオンは、10歳下の妻を文字通り溺愛しまくり、妻と娘の為なら害悪は問答無用で抹殺しますが口癖である。

「フィア先輩……そんなことしてたんですか?」
「ん?本人15から17の頃の記憶全くないから。17歳の時死にかかった時記憶喪失で、5歳から後の記憶がすっぽり抜けて、それから3年間は静養してたんだよ。20歳になって、普通の生活に戻れることになって、白騎士団長に就任したから」
「……外見と内面が違う……んですね」
「内面と外面が一緒なのはカイ位じゃないの?」

 と、父親は言っていたのだが……。



 ワゴンは取り上げられたリティは、ちょこちょこ近づいてくる。

「お兄ちゃん。休憩しませんか?リティの作ったお菓子持ってきました」
「あぁ、ありがとう。そうしようかな」

 立ち上がると、普段よりも小さいリティに、あれ?となる。

「リティ?今日はヒールを履いてないんだね」
「はい。普通の靴なのです」

 ティフィも叔父のミューゼリックやカイほど長身ではないが、顎を上げて必死に見上げる従姉妹が可哀想になり、ヒョイっと抱き上げる。
 脇の下を持ち上げ、お姫様抱っこにするのだが、体を安定させる為腕を回すと、リティのウエストに無意識に触れる。

 細い……。

 先程思い出した母との会話でも、45センチだのあったが、成長していないリティはそれ以上に細いらしい。
 と、

「ねぇ、ティフィリエル殿下!何していますの!」

背後から声が聞こえた。
 振り返ると女装姿が恐ろしい程よく似合うローズ様である。

「えっ?ローズ様。何がです?」
「公然セクハラですの?騎士の端くれが、このむっつりすけべに〜!」
「セクハラって何ですか?」
「従姉妹とは言え、どこ触っていますの!」
「えっ?」

 見ると、無意識にウエストや細い手足を触っていたらしい。

「あ、ごめん。前に、ローズ様が女性の格好をする時ウエストを絞るって聞いて……リティがこれ以上絞ったら大変だと思って……あたぁぁ!」
「言いながら、ベタベタさわさわ、姫のお腹を触らないで戴きたいわ!」

 バシッと頭を叩かれ、リティを奪われる。
 ちなみに、普段は剣を佩くものの女装時は、金属で作られた扇を主な武器に戦う。
 その武器で思いっきり殴られ、頭を押さえる。

「ほんっとに、男ってこう言う所が嫌なのよ。姫?大丈夫?」
「ありがとうございます。えっと、痩せてるのが変ですか?ごめんなさい……」
「違う違う!これ以上締めたら、リティが気絶すると思って!それに、自分の両手で、十分ウエスト周りのサイズが測れる……だぁぁ!」

 もう一度問答無用で、ローズ様に殴られたティフィは悶絶する。

「全く……失礼な。放っておいて、姫。お菓子を食べましょう」

 ソファに準備されていたティーセットで、ローズ様はリティに微笑む。

「痩せているのを気にしなくてもいいのよ。私の妻も、本当に小さくて痩せていたの。10歳だったわ」
「そうだったのですか……」
「そう。私は19で、本当は騎士として勤めるはずだったのだけど、騎士の館に2人の問題児が入るから、指導教官として残ってくれって言われたの」
「問題児?」
「1人は13歳だって年を偽って騎士の館に入ろうとしたファー……私の奥さんね。そして、もう1人は12歳だけど、平均年齢14歳の新人の中で一番筆記試験も体力試験も、実技も満点だけど人見知りの激しいフィア……幼馴染だったのよ……何ぼさっと突っ立っているの?座って食べなさいな」

 ローズ様は、王太子すら顎で命令できる女王様である。
 この部屋の本来の主人ティフィも、反論はできないのだった。

「ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く