ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし

ノベルバユーザー173744

24……さぁ、会場へ!

 父のミューゼリックが戻ってきて、リティは母と兄の間に座っていたが、振り返り、

「お帰りなさい。パパ」
「んっ?今日は、パパと呼ばないって言っていたのに」
「あっ!」

小さい手で口を押さえようとしたのを、デュアンが止める。
 手は指輪などの装飾はない代わりに、レースのついた手袋をはめていた為である。

「リティ、お化粧がついちゃうから駄目だよ?それに父上もからかわない」
「悪かった。リティ。パパが悪かった」
「えっと、えっと、今日はお父様でした。それに、お兄様もありがとうございます」

 頰を赤くして言い直すリティの姿に、メイドたちは内心身悶え、ロビンソンと共にもう一人控えていた近衛の青年は、

「可愛い……」

と呟き、デュアンがチラッと見る。

「可愛いのは当然だろう?それに、お前には近づけないからね、カーク」
「えぇぇ!酷いですよ。隊長!」
「カーク。今は仕事だ。私語は慎むように」

 ロビンソンが低い声で黙らせ、頭を下げる。

「申し訳ございません。ラルディーン公爵閣下」
「いや、大丈夫だ。まぁ、うちの娘は可愛いからな」

 目を細め微笑む……子煩悩で有名なミューゼリックが、一人息子のデュアン以外にこのような表情を向けることはなかった。
 養女と言われるが、本当に可愛くてたまらないのだろう。

「リティ。ダンスはデュアンと王太子殿下と踊ったら、一緒にパパとママの所においで。もし人混みとかで迷ったら、この二人とこの後に会うクシュナ……ラーシェフ公爵夫妻と、近衛の二人を頼りなさい。こちらがパパの友人でロビンソン卿と、デュアンの後輩のカークだ」
「ロビンソンと申します。姫様」
「カークです。よろしくお願いします」
「あ、私は、ファティ・リティと申します。どうぞよろしくお願い致します」

 立ち上がり優雅にお辞儀をする。

「ち、ちっさ〜。華奢。それに、目がクリクリ、隊長のペットみたいな美少女」
「こら!カーク!」

 今度こそ、ロビンソンが拳を固め頭を殴る。
 ロビンソンは、公務以外にも忙しいデュアンの代わりに近衛を纏めあげているのである。
 部下の非礼には容赦がない。

「近衛の者なら、もっと礼儀を重んじろと何度言った!本当に、他の者が休みでなければこの者をここに連れて来るつもりはなかったのに……申し訳ございません。姫様」

 深々と頭を下げられる。

「いえ、ロビンソンさま、ありがとうございます」

 ニコッと笑う愛らしい少女にロビンソンのいかつい表情が緩んだのを、ミューゼリックとデュアンは見逃さなかった。

 コンコン……

扉が叩かれ、

「ラルディーン公爵閣下、公爵夫人、サー・デュアンリール、ファティ・リティ嬢、お時間でございます」
「あぁ、解った。では行こうか。デュアン。リティを頼んだぞ」
「はい」

立ち上がったデュアンは、手を差し出す。

「じゃぁ、リティ。お手を」
「あ、ありがとうございます。お兄様」

 兄の手に小さな手を乗せ、もう一方の手は、兄に渡して貰った畳まれた扇を握り、ゆっくりと歩き出した。



 途中出会ったのは、ミューゼリックやデュアンと同じウェーブの強い髪を緩やかに後ろにまとめた青年貴族とその奥方らしい可愛らしい女性。
 にっこりと微笑む青年は、柔らかい声で話しかける。

「初めまして、と言うよりも、久しぶりだね。ファティ・リティ。私はクシュナ、君の従兄弟だよ」
「お久しぶり……あっ!マカロンのお兄ちゃん……?」
「あれ?覚えていたの?随分昔なのに」
「蝶々の名前を教えてくれたお兄ちゃんです。私の目をオオルリアゲハの色だって言ってくれました。周囲には私の色は誰もいなくて、お兄ちゃんは『蝶々が、君にこの色がいいよって運んできたんだね』って……あ、クシュナお兄様、お姉様、私はファティ・リティと申します。今日は来て下さってありがとうございます」

 お辞儀をするリティに、クシュナは、

「あの頃は小さかったのに、よく覚えていたね。私の方が転びそうになった時、咄嗟に怒っちゃったことしか覚えていなかったのに……。それに、その髪飾りはササキア?イヤリングはシジミアじゃないの?」
「あ、フェルディさまがおっしゃられてました。お兄様にはすぐに分かるって。そうです。ササキアとシジミアと言う蝶々です。お兄様見ただけで分かるんですね。凄いです」
「うーん。これは繊細な細工だね。それに、細かい部分まで再現されている。さすがはフェルディさま」
「兄上。後で、じっくり見て下さい。そろそろ行かないと」

デュアンが声をかけ、ハッと我に返った。

「そうだったね。ゴメンゴメン。じゃぁ、先に行くから」

 クシュナは妻と共に先を歩き出した。

「あーあ、兄上。又、エスティマを紹介しないで行っちゃった。つねられてる、つねられてる」
「エスティマお姉様と言われるのですか?」
「そうだよ。勉強したと思うけど、隣国の女王陛下エレナさまの夫君クリストファー殿下の妹で、私たちの従姉妹」
「エスティマお姉様に後で挨拶をしますね。お兄様」
「そうだね。エスティも喜ぶよ」

 デュアンは妹に微笑みかけ歩き出したのだった。



 しかし、デュアンもミューゼリックもクシュナも、この後起こる事件に呆然とすることになる。
 そのことはまだ誰にも解らず、王宮の大広間に歩いて行く一行だった。

「ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く