ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし

ノベルバユーザー173744

22……デビュタント直前の馬車の中

 最初は兄と並んで座っていたものの、14歳にしては小さく痩せているリティが、何故かピョコンピョコンと飛び跳ねる。
 痩せすぎで馬車の中のソファのクッションが、逆にトランポリンの状態になっているらしい。
 ガラス窓にぶつかりかけた妹を慌てて引き寄せたデュアンが、膝に乗せる。

「大丈夫?」
「び、びっくりしました」
「お兄ちゃんもびっくりだよ。前に乗った時もこうだったの?」
「えと、前に乗った時には、ティフィお兄様がクッションを周りに置いて下さって……それに途中で寝ちゃったのです……」
「あぁ……」

 ミューは呟いた。



 覚えている。
 毛布に包まれたリティを抱いて降りてきたティフィ。
 後ろから降りてきたのは疲労の色の濃い夫婦。

「叔父上、叔母上。突然申し訳ありません。こちらは、父の友人のアレッザール子爵と奥方です」
「あぁ、知っている。サーシアスどの、久しぶりだ」
「も、申し訳ございません。私の方から……」
「いや、お疲れのようだ。さぁ、執事に案内させよう、それと医師を」
「それよりも、お嬢様を!お願い致します」

 必死に縋るように頼み込むサーシアスとその夫人に、ティフィが、

「叔父上。私の腕の中で眠っているのが、ラミー子爵の令嬢のマリア殿です」
「はぁぁ?」

ミューとアリアは絶句する。
 確か、マリアージュは今年14歳、ほとんどの家がデビュタントに出席する年である。
 しかし、毛布に包まれていても分かる程小さく華奢なと言えば可愛いが、やせ細った、貴族の娘としてはありえない青黒い顔をしている。
 過労と栄養失調しか考えられない。

「医師を急いで呼ぼう。脱水症状、栄養失調、過労……点滴や病院食も必要だな」

 甥から抱きとったミューは軽すぎる体にこれは危険だと、家令を呼び、医師に緊急に来て貰うよう伝える。

「空いている部屋……あぁ、客室よりも私達の近くの部屋に。その隣の部屋にアレッザール子爵と奥方を。事情はまだ聞いていないが、客人として招くよりもこちらに匿っていることにする。客人が誰か、緘口令を敷くように」
「かしこまりました」

 家令は数人の執事に命じ、あれこれと動き始めた。
 そして、家令は、

「旦那様。陛下には……?」
「あぁ、マリアージュを保護していること、アレッザール子爵夫妻が過労で倒れたことをお伝えしてくれ」
「私どもは大丈夫です」
「何を言う、サーシアスどのも奥方も疲労の色が濃い。何か作らせる。食べて医師に診て貰い休んで欲しい……どこに行くんだ?ティフィ」

自分の仕事は終わったと、去っていこうとする甥に声をかける。

「いえ、ラミー子爵の家を私の命で取り押さえ……マリア殿が泣いていたので、祖父のルイス殿の遺品と愛馬を売りさばかないか見張りに行って来ます。緊急にギルドで紹介して貰った数人のメイドや従僕たちに仕事を振り分けようと思いますし、勘違いしたラミー子爵があれこれ命令しているでしょう。命令は無視をと頼んでいますが、邪魔になりそうなら陛下にお願いしようかと思います」
「お願い?」
「ラミー子爵から爵位と領地を剥奪して欲しいと。折角、あの地域でシェールドで栽培されているグランディアの米とかネギ、トウガラシ、ワサビ、ウリ、ショウガ、ミョウガ、レンコンに……」
「あぁ、解った!お前はそういったものを植えて育てたいんだな」
「それもありますが……哀しそうに、弟だったガキが、お爺様の遺品を鍵をかけていた自分の部屋に侵入し、盗んで行くんだと言っていたマリアージュ殿が辛そうで……見ていられませんでした。領地まで走らせる愛馬2頭も大切にしているのだと……そんな思いを踏みにじる親や兄弟なんて、潰してやると思いました」

 無表情だがミューには解る。
 ティフィは父親に瓜二つ。
 激怒すると瞳の色が深くなる。
 それに口数も増えている。
 今は見る影もないが、ティフィの父である長兄は静かに怒りを露わにするタイプである。
 そして、徹底的に叩き潰して、何もなかったように立ち去る。

 権力にものを言わせる貴族や異国の王族、そしておだてられ愚かな行為に走り、最終的にはミューの家庭を破壊した次兄を、長兄は決して許さなかった。
 領地に、持っていた幾つもの爵位も奪い取り、不当に得た富に貴金属も没収し、王宮の重職からも追放した。
 実家である現在のミューたちの我が家にも立ち入りを完全に禁じた上に、勝手に旅行なども出来ないように馬車の使用も制限された。
 与えられたのは一応公爵として恥ずかしくない程度の邸と、王宮から送られるメイドや執事とは名ばかりの監視。
 それ程、怒らせたのである。

 慌てた次兄は両親や妹に執り成しを頼んだが、三人ももうすでに次兄を見限っていた為、無言を貫いた。
 ミューの元に……いや、三兄やデュアンの元に度々執り成しをと愚かな使いを送って来た為に、即長兄の元にその使いを連れて行った。
 すると益々激怒した長兄は、次兄を幽閉したのだった。

 自分の所業を甘く考え、悔い改め、自主謹慎でもしていれば可愛いものだったのだろうが、特に身体の弱い三兄は元々の病弱、そして最後には次兄の所業に忠告しても聞き入れて貰えないストレスで一気に体調を崩し、デュアンの事件の一年後に亡くなった。
 悲しみ嘆く両親や長兄、三兄の家族の前に立った次兄を、赦す者はなかった。
 特に両親は、年老いている自分の方が先に逝けば良かったのにと泣き続け、後を追うように母が、父が逝った。
 長兄は王としてではなく、両親の息子として死を悼み、三兄の時と同様に棺にすがり泣き続けた。
 そして両親の葬儀に次兄を参加させず、墓地にも立ち入りを禁じた。

 だが長兄やミューたちの気持ちを全く理解しなかった次兄は、恨みながら死んだらしい。
 しかし葬儀には出向かず、代理の使者も送らなかった。

「恨むなら恨めばいい」

 長兄は今のティフィのように瞳を変えていた。

「僕はそれ以上に、あいつを恨み続ける!フェルに父上、母上、デュアンに、もっと前には僕がミューに預けたアリアを追い出したのはあいつだ!絶対に許すものか!」
「で、兄貴、パルスレット公爵の位は?息子が継ぐらしいが」
「馬鹿息子?ふーん。いつ潰すか楽しみだね」

 長兄の嗤い声にゾッとしたことは記憶に新しい。

「じゃぁ、ティフィ。頼まれてくれるか?陛下……兄貴には緊急に使いを送る。私もこの3人の様子がはっきりするまで、出仕を遅らせることと、ティフィの戻るのが遅れることを伝えるから」
「はい、叔父上。マリアージュ殿やアレッザール子爵と夫人をよろしくお願いします」
「気をつけろ。まぁお前はそこらへんの衛兵程度、一撃だろうがな」
「解っています。殺さない程度に痛めつけておきます」

 ティフィは出て行った。

「……ティフィ。自分の実力過小評価するなよ?お前は、この国に10人いるかいないかの逸材だぞ」

と見送ったのだった。

 小さいマリアージュ……リティは、本人はすぐ目を覚ましたと思っているのだろうが、約2日間目を覚まさなかった。
 疲労にショック、そして栄養失調で点滴を目が醒める少し前まで続けていたのである。
 初日は遠慮して来なかったティアラーティアが、アリアの代わりに看病をし、デュアンは、夜勤を含めた国王直属の近衛隊長として一日戻って来なかったこともあり、2日目にヘロヘロ状態で帰って来た息子をベッドに押し込み休ませ、目が覚めた時を見計らい丁度シェールドから届いた婚約者からのお手紙……婚約者はまだ幼いので、絵日記のようなものである……を渡しておいたのだ。

 それからは家族になり、今日はニコニコと笑いながら、膝に乗せた妹に、

「じゃぁ、お兄ちゃんの膝に乗って行こうね。帰りはパパ」
「それは良いが、行きと道が逆になって同じ景色を見ることになるぞ?」
「あ、そうか。じゃぁ、帰りもお兄ちゃんの膝の上だね〜」
「お兄ちゃん。あっ、お兄様、重くないですか?」
「そんなことはないよ」

デュアンは優しく答える。

「リティは軽い軽い。これでもお兄ちゃんは国王陛下直属の近衛隊長なんだ。部下と訓練もするし、筋力トレーニングも欠かさないよ」
「わぁ!お兄ちゃん凄い!」
「パパも強いんだよ。それに今日来てくれる、僕たちのお兄ちゃんのクシュナ兄さんも強いんだ」
「クシュナお兄ちゃん?」
「そう。ラーシェフ公爵。パパのお兄さんのフェルナンド様の長男で、お兄ちゃんが小さい頃は一緒に住んでたんだ。今日はリティのデビュタントだから来て下さいって手紙を出したんだ。元々忙しいと言うか中央が好きじゃないから、領地で生物の研究をしてるんだけど」

 その言葉に、髪飾りを示す。

「あっ!フェルディさまが、この蝶はササキアって言って、クシュナお兄ちゃんが詳しいよって言ってました」
「あぁ。僕は動物学、兄さんは昆虫や蝶などが詳しくて、言ってなかったかなぁ?ティフィは植物に詳しいんだよ」
「ハーブのことを教えて貰いました」
「そうなんだね。じゃぁ、クシュナ兄さんとティフィにお話聞いてみようか」
「陛下には聞くなよ、リティ。聞いたら最後、王宮飛び出すから」

 ミューは釘をさす。
 約10年前、何とかなだめすかして仕事をさせて来たつけが回ったのと、次兄の愚行にキレていた長兄がティアラーティアと共に失踪してくれたことがある。
 その時はミューが懸命に行方を捜し、国王の失踪など特に次兄にバレないようにとティフィが父親のふりをし、シェールドの国王陛下に内密に便りを送り、ティフィが再び留学したことにして貰った。
 そして数ヶ月行方不明で、ある日ひょっこりミューの屋敷に顔を出した。

「久しぶり〜ミュー」
「こらぁぁ!兄貴!又失踪ってなんだ!えぇ?」
「だって我慢できなかったんだもん。発掘〜。リール王国に行って来てたんだ〜」

と満面の笑みを浮かべ、そして、

「あ、そうだ。琥珀ちゃんがね?体調が悪いって言うから帰って来たんだけど、良くなり次第もう一回」
「行かせるか!ティフィはよくやってるが、良い加減帰れ!」
「えー、良いじゃん。ミューのケチ!」

と兄弟喧嘩になったのだが、医師に見せたティアラーティアが妊娠していたこともあり、言い聞かせ兄を王宮に送りつけた。
 ちなみに、かしましい三姉妹に囲まれた上にストレスで、ティフィは父親に長時間説教をしたらしい。
 そして、

「父上が今度こんなことをしたら、私はシェールドに永住しますよ。王位継承権放棄します。ついでに父上のこと嫌いになります」
「えぇぇ〜!ごめんなさい〜!もうしないよ〜!今度する時は、ちゃんと言っていくから〜」

リーは必死に息子に謝る。
 ティフィが絶縁ではなく嫌いと言ったのには訳があり、表向き名君のリーだが家族の前では年下の妻に甘え、息子にすら我が儘を言う子供っぽいところがあり、妹たちもそれぞれデビュタント前後の反抗期だと言うのに全部を背負わされたティフィは本気で怒っていたのである。
 で、難しい言葉よりもはっきり怒っていることが本人に伝わるように、嫌いと言い放ったのである。

「行くときは、ちゃんと言いますね?」
「うん!」
「それに、長期失踪はやめて下さい!いつも、フェル叔父上とミュー叔父上が被害をこうむりますが、今回はシェールドの国王陛下にまで迷惑をかけたんですよ!ごめんなさいと叔父上たちとシェールドの国王陛下に言いますね?」
「解った!」
「じゃぁ、入浴してから仕事に戻って下さい。良いですね」

 コンコンと言い聞かせ、ティフィはようやく重荷を下ろしたのだった。
 ちなみに、リーから二人の弟の家にはそれぞれルビーとサファイアが贈られ、シェールドの国王陛下の元には、あちらでは出ないダイヤモンドとペリドット、アクアマリンのカッティングされた石が送られた。

 それから色々あったが、デュアンは膝に乗せた妹に話をして楽しそうな姿に、隣のアリアと共に微笑み合う。

 ゆっくりと馬車は、通常の馬車止まりではなく、王族や公爵家専用の馬車止まりに止まった。

「失礼いたします」

 外から声が聞こえ、扉がゆっくりと開き、簡易式の段が用意されると、

「どうぞ」

と言う声に、デュアンは妹を元の席に座らせ自分が先に降りると、手を差し出す。

「リティ」
「は、はい」

 立ち上がり扉に向かい、兄の手に自分の手を乗せ、ゆっくりと降り立つ。

「ありがとうございます。お兄様」
「どういたしまして」

 にっこりと微笑む後ろではミューとアリアが降り立ったのだった。

「ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く