ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし

ノベルバユーザー173744

15……ミカと十六夜の子供たち

 翌日、ミューゼリックとデュアンとティフィが、大きな籠を抱えて姿を見せる事になっていた。

 リティは当日、マナーレッスンと、母が上手だと言う刺繍を教わっていた。
 元々手先が器用だったリティは、コツを教わるとハンカチに刺繍を始めた。
 見本を置いておき、それを確認しつつ丁寧に針を動かす様子に、アリアは微笑む。
 自分達の実の娘はこんなことはしたくないといい、その代わり商人を呼んでは装飾を買い、ドレスを作り遊びまわっていた。
 息子たちも勉強をしているふりをして、街に出ていた。
 いくら注意しても駄目だった。
 今でも時折手紙が来るらしいが、こちらには届かない。
 全てを夫のミューゼリックや、義兄のリスティルが握りつぶすらしい。

 それに、可愛いデュアンの為もあるが、アリア自身もう疲れていた。
 会いたいとも思わなくなっていた。

 でも、リティを養女に迎えた。
 夫や息子は仕事で、結果的に一緒に過ごす時間を持つことも多い。
 だが、過去の苦い思い出を塗りつぶす、キラキラとした瞳、素直で真面目で一所懸命な姿に、なんて可愛いのだろうと思った。

「ママ」

と呼ばれると本当に嬉しくてならない。

「ママ。これでいいですか?」

 差し出されたハンカチに、目を見開く。

「まぁ!素敵だわ。上手ね。これは……」
「シェールドの花の旅人の花と呼ばれているエリオニーレです。マルムスティーン家の花だとは知っているのですが、伯父様に差し上げようと思って」
「喜ばれるわ」
「あ、お父様には、これです」

 差し出したのは、ラルディーン家の紋章と剣の刺繍が施されている。

「そして、お兄ちゃんにはミカの刺繍をしました。ティフィお兄様にはチェナベリーの葉っぱと実です」
「素敵。特にデュアンは喜ぶわね」
「本当ですか?でも、こことか縫い目が荒かったり、突っ張ってて……」
「こんな短時間にここまで出来るなんて、充分よ。パパたちが戻って来るのが楽しみね?」
「はい!」

 すると、ノックされ、入ってきた執事が、

「奥様、お嬢様。ラミー伯爵の御令息で、アレッザール子爵とご家族がこちらにお越しです」
「ありがとう。じゃぁ、まずは旅の疲れを落として頂きましょう。お部屋にご案内して頂戴。そして、ラミー伯爵様と奥様にもお伝えして、後でこちらでお茶をとお伝えして頂戴」
「はい。かしこまりました」

と丁寧に頭を下げる。

「ママ。クレスールお兄様ですか?」
「そうね。リティも後で会えるでしょうね」
「お元気でしょうか?それに……会って下さるかな?」
「大丈夫よ。それに、もうそろそろお父様たちが帰られるわ。針を仕舞いましょうね」
「はい」

 片付けをしていると、扉が開き、

「帰ったぞ〜?アリア、リティ」

籠を抱え、現れたのはミューゼリックとデュアン、ティフィに、それぞれの乗獣を連れている。
 ちなみにミューゼリックのナムグはグランディアの名前でゆかりと言うらしい。

「パパ、お兄様、お帰りなさい!」
「リティ!ただいま。今日は楽しそうだな」
「ママにマナーレッスンと刺繍を教えて貰いました」
「そうか」

 近づいてきた娘を抱きしめようと籠を下ろし、頭を撫でる。

「あの、パパ。ほ、本当はきちんとラッピングをしてと思っていたのですが……」

 折り畳んだハンカチを差し出す。

「ん?ハンカチ……刺繍をしてくれたのか?凄いじゃないか!私にか?」
「はい。えと、これはパパにです。それと、デュアンお兄様とティフィお兄様と、伯父様に……パパに一番に渡したかったので。ティフィお兄様と伯父様には、ちゃんとラッピングをしようと思っています」
「えっ?リティ、お兄ちゃんは?」
「あっ!お兄ちゃんには、これです!」

 デュアンに駆け寄り、差し出す。

「ナムグの刺繍です」
「わぁ!上手だね。それに嬉しい!ありがとう!お兄ちゃん嬉しいよ」
「私も喜んで下さって嬉しいです」

 テレテレと頰を赤くする妹を抱き上げ、頰にキスをする。

「お兄ちゃんはこんなに嬉しいプレゼント、貰えるなんて幸せ!」
「私も、お兄ちゃんに喜んで貰えて嬉しいです!」
「デュアン先輩、あいも変わらず可愛いものには全力溺愛ですね〜」

 背後からの声に、リティは振り返る。

「あっ!クレスお兄ちゃん!」
「姫さま?あぁ、本当に姫さまじゃないですか」

 姿を見せたのはティフィの2歳上で、デュアンの5歳下のクレスール。
 一応、服を普段着ではなくそれなりの格好をしていると言うことは、到着早々ミューゼリックたちに挨拶をと思ってきたらしい。

「あ、申し訳ありません。ご挨拶もせず。私は、クレスール・エソン・アレッザールと申します。王太子殿下、ラルディーン公爵閣下、公爵夫人。父と母、そして姫さま……いえ、お嬢様をお守り下さりありがとうございます」

 右手を左胸に当て、頭を下げる。
 これは、この国の挨拶ではなく、ここにいる男性が全員騎士であることで、同じく留学していたクレスールが騎士の礼をしたらしい。

「あぁ、久しぶりだ。元気そうだが疲れてはいないか?」
「いえ、使いの方以外に、馬車を準備して頂いて、本当にありがとうございます。妻と子供達は父と母のところにおりますが、本当に嬉しそうでホッとしております。両親に子供達を会わせたいと思っておりましたので、願いが叶いました」
「お、お兄ちゃん……」
「お嬢様。お元気そうでホッとしました」
「お兄ちゃん。名前呼んでくれない……」

 頰を膨らませるリティに、クレスールはおや?と言いたげにみる。

「お嬢様のお名前が変わったとお聞きしましたが、父に聞いておりませんでした。どうお呼びすれば良いものかと……」
「嘘〜!お兄ちゃんは何時も、お嬢様なんて呼ばないもん」
「本当ですよ〜?姫さまのしもべですから」
「しもべじゃないもん〜!わーん!デュアンお兄ちゃん。クレスお兄ちゃんが……」

 べそっ……

泣きそうな顔になるリティに、デュアンはヨシヨシと慰める。

「大丈夫。クレスール。私の妹のフェティ・リティ・ウィステリアだよ。リティと呼んであげて?」
「リティさま?」
「リティで良いよ、ね?リティ」

 頷くリティに、クレスールは苦笑する。

「えっと、からかって悪かったよ。リティ。ただいま」
「お兄ちゃん……お帰りなさい」

 えへへと笑う少女に、

「リティも本当に可愛くなったなぁ。まだ兄ちゃんのところのノエルと身長は変わらないけど」
「そんなことないもん!ノエルはまだ9歳だもん!」
「あれ?先輩のとこの息子って、それ位になってるの?」
「あぁ、ティフィ。9歳と6歳と3歳だよ。ノエルとリラとベル。下の二人が娘。可愛いぞ〜嫁に似て」
「あーそうですか」

無表情のティフィもうんざり気味である。
 クレスールは妻になったエリザベス……愛称はリズ……と大恋愛をしており、後輩になるティフィもその様子をしっかりと知っていた。

「お前もそろそろ嫁貰え。ほら、目の前にお前好みの超美少女いるぞ」
「あのね〜、私が叔父上に殺されるよ!」
「お前、今のカズール伯爵のリュシオン卿の奥方のような美少女、好きだろうに」
「ヤーメーロー!」
「母上やルエンディード妃さまのようにしっかりとしたキリッとしたタイプよりも、華奢で大きな目に童顔の可愛い系が好みだろうに」

 クレスールはからかう。

「うちの姫さまは可愛いだろう?」
「可愛いから、嫁にはまだださーん!」

 ミューゼリックが告げる。
 ちなみに、デュアンは途中で妹の耳を塞いでいる。

「クレスールもからかうな。それに、お前の息子は9歳なのか?」
「はい。ノエルと申します」
「ティフィ。ラディエルは8歳だったな?」
「えぇ」
「クレスールはお前の側近となるから、ノエルもマナーレッスンも兼ねて、ラディエルの遊び相手となるのも良いんじゃないか?早速兄貴に伝えるか?」

 考え始めたミューゼリックに、兄と父をキョロキョロ見ていたリティは、

「お兄ちゃん。パパ。ミカと十六夜の子供達はどこですか?会いたいです」
「あぁ、そうだった。ごめんごめん」

パッと手を離したデュアンは、部屋の隅におすわりしているミカたちの横に置かれている3つの籠を示す。

「この中だよ。伯父上とティフィが乗獣として育てたいっていう子以外を連れてきたんだ。パパは一頭選んでるから、お兄ちゃんとリティの子だよ。見てみる?」
「うん!」

 デュアンは籠に近づく。
 そして、1つめの籠を開けると、漆黒の毛色と片目が金色、もう片方がブルーのオッドアイの子が出てくる。
 翼は一対。

「この子はパパが育てる男の子だよ。おばあちゃんに似てるんだよ。で、」

 2つめを開けると、ベージュの毛色に瞳はブルー、そして翼がニ対。
 よたよたと出てきたものの、べしょっとへたり込む。

「この子は翼が重くて、足腰が弱くて筋肉がついていかないんだ。走ったり遊んだりして元気にさせるんだよ。で、最後の子は……」

 籠を開けるが出て来ようとしない。
 デュアンが手を入れ、片手でヒョイっと抱き上げる。
 純白の毛色と真紅の瞳。
 プルプルと震えている。

「この子は色素障害、アルビノの子だよ。でも、人見知りはするけど、元気な子」
「……」

 抱かせて貰いその温もりを確認しつつ、へたりこんでいるナムグに目が行ってしまう。
 そして、兄を見て、

「お兄ちゃん。この子も可愛いけど、あの、青い目の子とお友達になりたい。一緒に走ったり……あっ!あのね。そう言えば、馬が足を怪我したら、温泉や川につかって運動するの。それもしてあげたい」
「……解ったよ。じゃぁ、お兄ちゃんがこの子だね。でも、お兄ちゃんとパパも仕事があるから、その間は一緒に見ててくれるかな?」
「うん!お兄ちゃん、大好き!」

 リティは自分のナムグにブルーローズと名前をつけたのだった。

「ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く