ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし

ノベルバユーザー173744

8……ファティ・リティ

 帰ってきたミューゼリックは、幾つかの書簡を手にしていた。

「お帰りなさい。貴方」
「お帰りなさい。パパ」
「ただいま。アリア、デュアン」

 笑いかける。

「午後に兄貴たちが来るそうだ。その前に、これを渡してくれと渡されたんだ」
「これは?」
「マリアを養女に貰うことと、アレッザール子爵サーシアス卿にはラミー伯爵位を。その夫人イーフェどのとの一子クレスール卿は、アレッザール子爵として、ラミー伯爵には旧ラミー子爵領をとなった」
「えっ?クレスールって、あの騎士の?後輩で、辺境にいる?」
「あぁ。元ラミー子爵が爵位を継いだら、追い出したそうだ。その為にサーシアスどのやイーフェ夫人は、手紙や贈り物は贈れても、3人いる孫の顔は見ていないそうだ」
「じゃぁ、クレスール……アレッザール子爵は、戻れるんですね?」

 デュアンリールは問いかける。

「あぁ、そうだな。もう即、国王陛下の命令として、帰還するようにと使いを送った」
「……そうか……良かった」
「あ、そうですわ。貴方。デュアンが、マリアちゃんのことで……」
「熱でも上がったのか?」

 心配そうな顔になるミューゼリックに、デュアンリールは、

「あのね?パパ。先月、シェールドに行った時に、マザードラゴンさまにお会いしたんだけど……」
「あぁ、あのマザードラゴンさまな?」

 マザードラゴンとは、シェールドの王都シェールダムの西にある金の森に生息するブラックドラゴンの長。
 他のドラゴンは長が雄だが、ブラックドラゴンは雌が長である。
 他の親の子供を育てていることも多く、マザードラゴンとも呼ばれている。

「でね?『ファティ・リティは元気か?』って言われて、誰だろうって思っていたら、マリアちゃんが『ファティ・リティって、お母さんに呼ばれた。お母さんは、黒い目で黒い毛で大きいの』みたいなことを言ってたの。マリアちゃんが言ってたお母さんってマザードラゴンさまだったの」
「はぁ!ファティ・リティ……」

 言葉を失う。
 そう言えば、金の森で迷子になったマリアを探し回っていると、国王の側近である後宮騎士団長ヴァーソロミューが、

「金の森に子供がいたって?ブラックドラゴンの群れに保護されているから、迎えに来てくれだって。じゃないと連れていくよって言ってた」

とさらっと報告してくれたのを、兄のリスティルとルイスが真っ青になって金の森に迎えに行った。
 そして、スヤスヤと寝入っていた少女がぐずりながら目を覚まし、

「どこぉ~?お母さん~!おかあしゃぁぁん~!一緒にいるのぉぉ!」

周囲を見回し泣きじゃくる姿に、最初は母国の母親のことを言っていたのかと思っていたのだが、今思えばあのような母親ではなくマザードラゴンを探していたのだ。
 マザードラゴンが自分の娘といい、マザードラゴンをお母さんと探し回る少女……異国のドラゴンの守護のある娘……このような存在が今だかつてあるだろうか?
 ブルードラゴンやホワイトドラゴンたちがシェールドの王族の守護をしている……現在の国王の守護者である以外、聞いたことがない。

「では……ファティ・リティと呼ぼうか」
「僕たち、リティちゃんって呼んでるよ。リナとレナが一緒にいてくれてるよ」
「リティ……可愛いな?」
「あ、そうだ。僕とママが作ったお菓子を食べてね?おいしいって笑ってたよ」
「そうか……あ、そうだ。レビュタントの装飾以外に、色々と頼もうと、ギルドに手配をして貰ったんだが、丁度フェルディさまが来られるらしい」

 フェルディと言うと、ギルドリーダーの養父である。
 細工師、装飾品の作り手である。
 シェールドの王族専門の装飾師であり、シェールドからの贈り物の装飾等は全て彼からのものである。
 いや、1800年も前から、フェルディの名を受け継いだ存在が作り続けているのだ。

「珍しいですね?フェルディさまはシェールドから出るのは滅多にないのに」
「リール王国の鉱山にまた新しい鉱脈が発見されて、新しい石が出たらしい。直接仕入れに行くらしい。その合間に滞在して下さるそうだ。公ではなく非公式。大袈裟にしないでくれと言われたそうだ。で、兄貴に頼んで、マリア……リティの装飾を作って貰えないかとお願いした」
「はぁ……リールの女王陛下は素晴らしいですよね。王配殿下も時々お越しになられると、お元気そうで、楽しそうですね」

 30年程前に、デュアンリールとミューゼリックはこの大陸の北方にある、その当時は貧乏国だったリールに外交交渉に行った。
 当時は現在の女王陛下は王太子として、父王を支えていた。
 寒い国で当時は観光業や、鉱山等も力も入れる余裕もなく、飢えはしないが生活もやっとの国だった。
 だが、ミューゼリックやシェールドの使者などの協力と国民の支えもあり、数年後国を立て直し、婿を迎え、父王から譲られた王位に驕ることなく国の為に生きている。
 王配殿下も女王陛下の為に国を支え、そして主であり妻を愛している。

 現在リールは昔のような弱小ではなく、温泉やリゾート地、そして世界有数の一年中花の見られる温室のある国となっている。
 そして、この地域でしかとれない希少な鉱石が幾つもあると言う。

「で、アリア。どんなドレスがいいだろう?」
「そうですわね。デビュタントは淡い色が良いそうです。レティちゃんは14歳に見えない幼い顔ですから、年相応の可愛らしいドレスで良いと思いますの。シンプルでそしてリボンとか、髪飾りは生花でも。イヤリングとネックレスはお揃いで」
「そうか……楽しみだな。あの子が元気になって、普段はまだワンピースで良いが、デビュタントに連れていくのが……パールや、マザーオブパールなんてどうだろう?」
「あぁ、そうですわね。私は、ムーンストーンも可愛いと思いますわ?」
「え?ママ、パパ。ローズクウォーツは?」

 親子は楽しそうに話す。

「まぁ、それよりも、まずは、リティの顔を見に行こうか」

 親子は廊下を歩いていく。
 そして扉をノックすると、

「はい……旦那さま、奥様、デュアンリールさま」

 扉を開けたレナに、

「リティはどうだ?」
「はい。熱が下がって、汗をかいているのが気持ち悪そうでしたので、今、リナが入浴のお手伝いをさせていただいております。もうすぐ戻られるかと」
「では、隣の居間で待っておこうか」
「そうですわね」

 リティ専用の居間に落ち着き、デビュタントの準備などあぁでもない、こうでもないと話していると、扉がノックされ、

「失礼致します」

 現れたのは、アリアのメイドであるサーシェ。
 その手に肩を抱かれ、うにうにとぐすっているのはレティである。
 可愛らしいネグリジェと上着を羽織り、眠たげにまばたきを繰り返している。
 眠たいのと多分お腹が空いていることも原因らしい。

「リティ。ただいま。具合はどうだ?」

 ミューゼリックは立ちあがり、近づいていく。

「あ、えっと……パパ……?」

 デュアンリールに教わっていたのか、ミューゼリックをパパと呼ぶ、14才にしては華奢な少女を抱き上げる。

「あぁ、パパだ。ただいま。具合はどうだ?熱が下がったと聞いたが」
「はい、パパ……あ、お帰りなさい。お疲れ様でした」

 にこっと笑い、ぎゅっと抱きつく。
その仕草一つ一つが可愛らしく、ミューゼリックは背中をポンポンと優しく叩く。

「大丈夫だったぞ?兄貴……陛下にリティを養女にしたいとお願いしたら、すぐだった。それと、リティ。リティはパパとママの娘になる。ラミー子爵家の継承権は放棄になった」
「……はい。でも、領民の皆さんやじいやとばあや……」
「ラミー子爵とその夫人、子息は辺境追放となった。その代わり、長年の労苦を支えたとアレッザール子爵サーシアス卿は、ラミー領の領主として、子爵位から伯爵となり統治をお願いする。アレッザール子爵の地位は、サーシアス卿の息子のクレスールが継ぎ、戻ってくることになった」
「クレスールお兄さんが!良かった!……でも私は、きっと憎まれてます。謝らないと……」

 目を伏せる。

「もっとちゃんと勉強して、お祖父様の言っていたことを出来ていたら……」
「お前はまだ子供だ。無理して大人びようとするな」

 ミューゼリックは顔を覗き込みゆっくりと告げる。

「それに、お前はラルディーン家の一人娘。今度のデビュタントでは兄のデュアンと、王太子殿下とのダンスが決まっている。ダンスやマナーのレッスンと、勉強が待っている。爵位は伯爵なら幾つも持っている。女伯爵にもなれるがまだ幼い。まだ領地のことについても足りないし、その前にしなくてはいけないことがある。成長は良いことだが、無理が過ぎれば体に悪い。まずは体を治しつつ、デビュタントの為に必要な最低限を覚えることを優先しなさい。他のことは又後で、いいね?」
「はい!パパ」
「はい、よろしい。じゃぁ、ここで少し話をして、食べられるようなら食事をして休もう。良いね?」
「はい」

 リティは嬉しそうに頷いた。
 リティは食は細いが好奇心は旺盛で、父や母に甘えるようになっていた。
 その甘え方もミューゼリックには足りないのだが、リティには最高のもので、ミューゼリックの膝の上でクゥゥ……と寝入った姿に、ミューゼリックはデレデレになる。

「今日は、アリアと3人で寝ようかな」
「あー!僕も!」
「4人だな。ベッドを持ち込むか」
「久しぶりだね!パパ」

 アットホームな家族の団らんの時だった。

「ルーズリアの王太子と、傾いた家を何とかしたいあたし」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く