話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

四ツ葉荘の管理人は知らない間にモテモテです

太もやし

家政婦の由季子さん

 テスト期間まであと一ヶ月といった現在、おれはとても悩んでいた。

「姉ちゃんってば、こんな忙しいことを毎日やれていたなんてすごいよな」

 そう家事におわれだしたのだ。毎日の食事作りや洗濯、掃除は、おれにとって、とても負担になっている。テストが近づいたため、テスト勉強に専念したいのだが……

 家計簿を睨みつけて、考える。家政婦を雇うのもありかもしれない。だが、どんな人を雇おうか……悩んでいるとエントランスホールに入るための来客用チャイムが鳴った。

 ドアモニターを見ると、紫穂とメガネをかけている女性がいた。

「よーっす、蒼太くん☆ ちょっと話があるんだけど、いいかな?」

 おれは扉を開け、紫穂に入るよう言った。そして管理人室へ来てもらう。

「それで、話ってなんだ?」

 テーブルに座ってもらい、お茶を出す。紫穂は軽く礼を言うが、メガネをかけた女性はとても丁寧に礼を言った。そして本題に入った。

「蒼太くんってさ、この間家事って意外に辛いって言ってたよねぇ? このゆっきーがいてくれたら、そのお悩み、まるって解決してくれるよっ。ゆっきーってば、超すごいんだから」

 今まさに頭を悩ませていた問題が、解決するかもしれないきざしが見えた。

菖蒲あやめ 由季子ゆきこと申します。しほりんのハンクラ仲間で、いつも良くしてもらっていますの」

 菖蒲さんはゆっくりと慈愛に満ちた声で言う。なんだか安心する人だ。この人なら家政婦を任せても大丈夫かもしれない。

「菖蒲さんが家政婦になってくれるということですか?」

 そう聞くと、菖蒲さんは笑みを深めた。なんだかお母さんみたいだ。

「由季子でもゆっきーでも構いませんよ。ええ、ぜひ働かせてほしいですわ」

 雰囲気と喋り方から、彼女はとても上品だとわかった。働くところがたくさんありそうな人なのに、なんでそんな由季子さんが?

わたくしはよく雰囲気が緩いと言われますの。それが兄弟から反感を買ってしまいまして、お父様とお母様が他界された時に、菖蒲家を追い出されてしまいまして……花嫁修業で家事はたくさん教わりましたから、ぜひ雇っていただけると嬉しいですわ」

 悩んで無言になっていたせいで、由季子さんを不安にしてしまったみたいだ。それに家庭事情も大変らしい。

「住むところはありますか? 今なら五階が空いているので住み込みで働いてほしいです。給料は姉と相談しないと、なんとも言えませんが……」

 由季子さんの雰囲気は明るくなった。とても嬉しそうだ。分厚いメガネで顔の大半は隠されているため、それぐらいしかわからない。

「ありがとうございます! 今はしほりんのお家にお邪魔になっているので、いつからでもお仕事を始められますわ」

 そうして由季子さんは明後日、引っ越してくることになった。家具などを実家から持ってきたり生活用品を手に入れたり、忙しそうだが、とても嬉しそうだ。

 そして家政婦を雇ったことを姉ちゃんに電話した。姉ちゃんも家政婦を探していたそうだが、紫穂の紹介で良い人だと思うと言うと、成長したねと泣かれた。



 由季子さんは料理が得意だそうだが、もしかしたら役にたつかもとレシピを渡した。そうしたら、彼女は姉ちゃんの味を完全再現してくれ、みんなの舌を唸らせた。

「お家の味がありますもの。できるだけその味に近づけるよう、努力いたしますわ」

 由季子さんの笑顔は、人を安心させる力がある。みんなすっかり由季子さんに心を開いた。

「四ツ葉荘の管理人は知らない間にモテモテです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く