話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

四ツ葉荘の管理人は知らない間にモテモテです

太もやし

春花との生活

 お世話になる、その宣言通りに桃園は管理人室によくやってくるようになった。

 おれが管理人になってから三日間、ご飯はいつも桃園と一緒に食べている。そういえば、指南書の最後の方に、「住民との接し方」と項目がまとめてあった。

 『住民の方が管理人室にやってくることがあります。その時は優しく接してあげましょう。食費は毎月五人分あります。みんなでご飯を一緒に食べると、ご飯はより美味しくなります。是非住民の方とご飯を一緒に食べてください』

 指南書が正しいのなら、おれの管理人としての仕事はこれでいいのだろう。だが、学校中の憧れである桃園とご飯を一緒に食べるのは、高校生男子として少々気まずい気もする。まあ、これも管理人の仕事なのだ。自分に言い聞かせるしかなかった。

 色々と悩みは尽きないが、そろそろ夕食を作る時間だ。始めたばかりの料理は手際が悪いせいか、とにかく時間がかかる。まずは別冊を開き、夕御飯の献立を考える。最初に目についたハンバーグとコンソメスープでいいか。付け合わせはポテトとニンジン、ブロッコリー。

 そういえば、確かに指南書に書いてあった通り、二人で食べるとおれのおぼつかない手つきで作った料理にしては美味しく感じるのだ。

 また桃園も料理を作るのを手伝ってくれる。彼女も料理はあまりしないのだろう、おれと同じく手つきはおぼつかないが、まるで新婚の夫婦がキッチンに立って仲良くやっているようだとよく妄想してしまう。

 これも全部桃園のせいだ、と考えると嬉しさと恥ずかしさが背中をもぞもぞさせる。
 いかん、妄想が止まらない! 雑念を振り払うため、頭を振ってみる。全然飛んでいかない!

「こんばんはー、今日は晩御飯のお買い物付き合うよ」

 頭を必死に振っていたおれは、管理人室の扉が開くのを気づかなかった。どうやら今日は買い物に付き合ってくれるらしい。やっぱり、新婚夫婦じゃないか! って、違う!

 心の中で口癖になった冷静に、という言葉を繰り返し唱えながら、いつまでたっても彼女に慣れることがないおれはいつものように震える声で返事をする。

「あっ、ありがとう。今日の献立はハンバーグにコンソメスープだよ」

 桃園は破顔し、ふわふわと花を辺りに散らした。ま、眩しい!

「やったぁ! 私、ハンバーグ大好きなんだ!」

 桃園の可愛らしい一面に、おれの頭はクラクラした。

「じ、じゃあ、お、おれ、か、買い物に行ってくるよ」

 脳みそがうまく回らない。呂律も回らない。顔も真っ赤になっているだろう。とりあえず、この状況から逃げないとおれはどうにかなってしまう。

「今日はお買い物に付き合うよってば。いつも一人で行ってもらって悪いし…ねっ!」

 笑顔のまま、目の前にいる女神はそう言う。始めに女神と名付けた人は、この笑顔に焼かれて死んではないだろうか、と不思議な考えが頭をよぎる。

「じゃ、じゃあ一緒に…」

 女神の前では、平民であるおれはかしづくしかないのだ。女神の言うことに従おう。

 ちなみに今日の晩御飯は、いつも以上に美味しかった気がする。


 晩御飯の後片付けも終わり、おれはノートを広げた机の前に座って作業をしていた。
 実は、おれの家である四ツ葉家はアパート運営の他にもぬいぐるみメーカー「your friend」を運営している。その中でおれは時折、デザインを任せてもらえていた。パートナーシリーズと銘打ったおれのデザインはなかなか好評らしい。そのことには、いつもとても嬉しく思っている。

 ノートに思い付いたデザインを書いていく。誰かの友達になるぬいぐるみだ、心を込めて、愛らしく、優しく、と一線を描く。

 過去に、桃園の友達にもいたのだろうか? 幼い女神とその友達をイメージすると思わず笑顔がこぼれる。

「ゆ、your friend…! ま、まだ見たことないデザイン!! よ、四ツ葉くん、こ、これは!」

 集中していたおれは、桃園が部屋にきていたことに気づいてなかった。しかし、耳元でしている桃園の荒い吐息とその甘い声に、体が飛び上がる。

「あ、あのね、携帯忘れちゃてて、それを取りにきただけなんだけどっ、真剣になにかしてるから邪魔しちゃダメだと思ったんだけど、気になっちゃって思わず見ちゃったの! ねぇ、これってyour friendだよね!」

 め、女神が興奮している。興奮して、どこか目が血走っていても美しいのだから、美人は得だ。

「ああ、your friendだよ。よくわかったな、もしかしてぬいぐるみ好きなの?」

 近くに家業のファンがいるということは嬉しいことだ。そして、あわよくば桃園ともっと仲良くなれればいいと思う。

「わかったのは緑ねぇがyour friendの創業者一家って知ってたからで…」

「姉ちゃん、そこまで話してたんだ。仲良かったんだな」

 姉ちゃんの交友関係は幅広いのだろう。思わず桃園の話を遮って言ってしまった。

「うん、緑ねぇに服を見てもらってたから。あっ、私の趣味はね、ぬいぐるみの服を作ることなの。ぬいぐるみ単体で完成してるのはわかってるんだよ。でも、自分で作った服を着てもらうと嬉しくて…」

 顔を真っ赤にしながら、早口でぬいぐるみへの愛を語りだす桃園。そこまで愛してもらっているのなら、デザイナー冥利に尽きるというものだ。うんうんと桃園の話に頷いてると驚く一言を発した。

「特に好きなのは、パートナーシリーズ! パートナーシリーズはみんな顔が優しくて、温かくて、それでね…」

「えっ?」

 それはおれがデザインをしているシリーズの名前ではないか! これはチャンスだ、おれ!

「そのシリーズ、デザインしてるのおれだよ! 桃園がそんなに熱くなって言ってもらえるなんて嬉しいな」

「え、ええっ! 四ツ葉くんがパートナーシリーズの、で、デザイナー!! こ、こんな身近にいらっしゃったなんて! ふ、ふぎゃぁぁぁ! あ、握手、してくださいぃ!!」

 女神が狂乱し始めた!? 混乱していると右手をぎゅっ、と握られる。その柔らかく温かな手に呆然としていたおれも心臓の緊急信号によりどうにかなりそうだ。

 はぁ、はぁ、と二人分の荒い吐息が、部屋に充満していく。

 お、落ち着け、おれ! いや、おれたち!

「も、桃園! おれたち少し落ち着こう!」

 まだ握りしめられている手が、真っ赤になっているのだろう顔が、燃えたかのように熱い。このままでは、焼け死んでしまうかのような錯覚にとらわれる。

「ふわっ! 神様っ! も、桃園じゃやくてっ、は、春花って呼んでくだしゃい! お願いします!」

 女神の狂乱 は おさまらない!

「も」

「春花ですっ!」

「は、春花、落ち着いて! ちょっと、いったん、手を離してくれ! お、おれが色々と死んでしまう!」

 その言葉を聞いたとたん、桃園、ではなく春花はバッ、と急いで手を離してくれた。

 「ご、ごめんなさいっ! つ、つい、嬉しくて! 神様と四日間も一緒にいたなんて、全然気づかなかった! あ、あのね! 私、見てほしいものがあるの!」

 鼻息荒く、美しい顔をおれに近づけながら、春花はそう言った。近い、近い、近い!

 「み、見る、見るからちょっと離れて!」

 情けないことに、おれの声はほとんど叫びだった。

 また手を握られ、そのまま引っ張られる。思わず立ち上がると、そのまま春花が引いてくれるまま管理人室を飛び出した。

 春花はとても嬉しそうで、その大きな瞳でこちらを見つめて無邪気に笑った。その笑顔におれは魂まで女神に捧げる信者になりたい、そう思ってしまった。

 鼻唄を唄う春花に引かれるまま、付いていった先は彼女の部屋である三階の一号室だった。彼女が扉を開け、繋いでいない方の手で部屋を手のひらで指した。こちらを見る春花の顔はとても誇らしげで可愛らしい。

「私じゃなくて、部屋を見てっ!」

 見つめていることにバレた。むっ、とした顔の春花に慌てて手の先を見る。

 そこにはぬいぐるみがいた。いや、もはやこの部屋はたくさんのぬいぐるみに占拠されている状態だ。そして、全てのぬいぐるみにどこか見覚えがある。よく見れば、これは全て、おれがデザインしたパートナーシリーズのぬいぐるみだ!

 「あ、あのね! ずっと、ずぅっと前から! パートナーシリーズの初めからあなたのファンだったの!」

 聞いたことのない大きな声で、春花がとても幸せそうな笑顔でそう言った。

 思わず、その笑顔にみとれた。そして、春花が言ったファンという言葉が天使のファンファーレと一緒に何度も再生され、十回目ぐらいでようやく頭がその言葉を理解した。

 ファン、おれのデザインしたぬいぐるみのファン。嬉しさが背中から駆け上りそのまま天に昇って行ってしまった!

「ひゃぁ! な、泣かないで、神様! ど、どうしたの!?」

 どうやらおれは泣いてしまったらしい。春花がポケットから可愛らしい刺繍が入ったハンカチを取りだし、拭いてくれた。って、あれ? そういえば手はずっと繋いだままだ!

「あ、ありがとう! 嬉しくて! ただ、それだけだよ! 本当にありがとう!」

 繋いでいる手の温かさ、ハンカチから香るいいにおいに先ほどまでのインパクトは飛んで行ってしまったようだ。

「あの、そろそろ手を…!」

 声を絞り出す。すると、春花も手をずっと握っていることに気づいたようで、彼女も真っ赤になった。

 なんだか寂しいけれど手を離すだろう、そう思っていた。

 しかし、春花はおれの両手を彼女の柔らかな手で、神に祈りを捧げるように包んだ。

 そして、ゆっくりと蕾が開くように、女神が慈悲をかけるかのように、おれの目を見て微笑んだのだ!

「私ね、この手が大好きになっちゃった。美味しいご飯を作ってくれて、大好きな友達を作ってくれるこの手が」

 女神だ…! もうそれしか頭に残ってない。女神に微笑まれた男の頭には、彼女を讃える言葉すら残ってない。彼女が女神なのだ、という事実しかわからない。いや、春花はおれと同じ人間のはずなのだが。

「もうっ、女神じゃないよ。四ツ葉くんの方が神様だよ」

 心の声が漏れていたようだ。しかし、春花は美しい笑顔で、甘い声でおれを神様と讃える。正直、恥ずかしい!

「あ、あの、おれも四ツ葉くんじゃなくて、神様でもなくて、蒼太でいいよ」

 大慌てでそう言うと、彼女はすぐに名前を呼んでくれた。

「蒼太……ふふっ、男の子の名前を呼び捨てにするなんて初めてっ! これからもよろしくね、蒼太!」

 眩しい笑顔を輝かせながら、春花はそう言った。

 ぽうっ、と何も考えられなくなった頭で、春花を見つめていると彼女はあっ、と驚いた声を出し、慌てて手を離した。

 「デザインの最中だったよね!? 邪魔してごめんなさいっ! ただ、この気持ちを伝えたくて! あわわっ! ごめんなさいっ、今日はこの辺でっ!」

 と、そのまま回れ右、背中を押されて部屋を出された。

 「え?」

 春花でいっぱいになった頭は、次ははてなでいっぱいになった。


 一がいなくなった部屋で、春花は背中をドアにつけた。

「あんなに優しい蒼太くんが、ずっと憧れてた神様だったなんて……」

 背中を滑らせ床に座り、両手を光にかざすと綺麗なものに触った自分の手も綺麗に思えた春花は、微笑みが止まらなかった。

 その微笑みは見た者全てをときめかす女神の微笑みだった。春花は女神と周りから言われていても、それを過大評価だと思っていた。しかし蒼太にそう呼ばれ、初めて喜びと恥ずかしさが入り乱れた感情が芽生えた。

「蒼太にもっと好きになってもらいたいな……こんなふわふわした気持ち、初めてだもん。もっと好きになってもらえたら、きっともっと幸せでどっかに飛んでっちゃいそう……」

 種は今、芽を出そうとしている。



 翌日、おれは昨日の出来事は夢ではなかったのか、と思い始めていた。

「おはよー、蒼太! 今日の朝御飯なににする?」

 夢ではなかった!

「あのね、私に手伝えることがあったら、何でも言ってね! どこにいても、なにをしてても蒼太のためならなんでもするから!」

 あれ? もしかして女神はヤンデレだった?

 話題を変えた方がいい。女神は女神なのだから、妙な考えで虎の尻尾を踏むのは危険だ。

「そっ、そういえば他の住人ってどうなってるんだ?」

 そう、そういえば、五人分の食費をもらっているのに、春休みの間、春花としか会えていない。

「私以外の? 夏樹先生はお仕事が忙しくて学校に詰めっきり。朝早く、夜遅くだから会えてないのかな? 秋乃先輩と冬海は春休みだからおうちに帰ってるよ。あ、だから、もうちょっとだけ二人きりだね」

 むっとしながらも、春花は答えてくれた。そして、最後の一言に自分でも嬉しくなったのか微笑んだ。

 こんなに可愛い女神と一緒にいて、おれの心臓は大丈夫だろうか? 今でもこんなに高鳴っているというのに、一年間耐えられるだろうか。

 こうしておれの管理人としての一年間が始まった。

「四ツ葉荘の管理人は知らない間にモテモテです」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く