魔獣の森のお嫁さん

天坂コーキ

目覚めと涙

目を開けた時は、自分が今どこにいるのか分からなかった。
窓から差し込むまぶしい光が、部屋を照らし出している。

木目の強く浮き出た壁には、ゆがみやコブがたくさんある。
部屋のつなぎ目に扉はなく、草で編まれたすだれ ・ ・ ・が下げられているだけだ。
家具は少なく、棚やかめはどれも古びている。

もっと部屋の中を見ようと首を傾けると、ひたいから布がずり落ちてきた。
それを取ろうと手を出すが、なんだか動きが重く感じる。
それでも持ち上げて目の前に掲げたその布は、水で湿っていた。

それが何かと思いつく前に、すだれを分けて人が入ってきた。

「「あ」」

私と彼の言葉が重なった。

部屋に入って来たのは、フードをかぶった青年だった。
獣の毛皮で作られた衣服をまとい、家の中だというのにフードを目深にかぶっている。
身長は高めだが、着ぶくれているのか、肩幅が広く見えた。

青年は私と目が合うと、素早く枕元へと近づいてきた。
私の手から湿った布を受け取ると、持ってきたおけへとそれを入れた。

それから私の顔を覗き込んで、額に手を置いた。

「あなたが看病してくれてたの?ありがと……」

のどが詰まって、けほっ、と咳き込む。
彼はすぐに近くの瓶から、木のコップで水をすくって差し出してきた。

背中を支えてもらいながら、ゆっくりと水を飲む。

澄んだ水が体中に染み渡っていくような感じがした。
水を飲むのがなぜかずいぶん久しぶりな気がする。
コップの水を飲み干すと、再び布団に寝かされた。

「あつい?さむい?」

彼はすこし訛りのある調子で、でもはっきりと一言一言を発音した。

「大丈夫」

首を振って言うと、彼は安心したようだった。
そして立ち上がると棚から小さな壺を取って持ってきた。

「まじょ、くすり。のめる?」

壺を指さして聞いてくるので、私は頷いた。
私はまた背中を支えてもらい、壺を受け取る。
中には大きめの大豆くらいの、緑色の丸薬が少しだけ入っていた。
そこから一粒だけ取り出して、壺を彼に返す。
私は丸薬を口に入れると、奥歯で噛んだ。

瞬間、鼻に抜ける青臭さと強烈な苦味に襲われる。
そんな私の顔を見た彼が、慌ててコップに水を汲んで渡してきた。
私はそれを奪うように受け取ると、一気に丸薬ごと水を喉へ流し込んだ。

臭いと味がまだ口の中に残っている気がして涙目になっていると、彼が心配そうにこちらを見ているのに気がついた。
私は気恥ずかしくなって笑って誤魔化すと、彼も安心したように微笑んだ。

コップを置こうと思って彼から視線を外すと、部屋の入り口、すだれの向こうから見つめる視線に気が付いた。
思わず身を固くすると、すだれの向こうにいた人が、にやにや笑いながら入って来た。

「まあまあ楽しそうね。元気になったみたいで何よりだわ」

そう言って入って来たのは、森の魔女様だった。

「あ、あの魔女様、ありがとうございました」

慌てて頭を下げると、魔女様はいいのよと手を振った。

「アタシは確かにアナタの治療をしたけど、それで助かるかは賭けだったわ。アナタが生きているのは、アナタ自身の力よ」

魔女様は私の目の前に来ると、私の手をとって手首にさわった。
手のひらを返してそれを見ながら満足したように頷くと、今度は私の顔を触りながら、目の奥を覗き込んでくる。

「熱は引いたみたいだけど、気分はどう?だるい?」

「大丈夫です。でも体が少し重いかなって……」

「無理もないわ。アナタは3日間も寝込んでいたから。今日一日は安静にして様子を見た方がいいわ。食事は私が用意してあげるから、しっかり食べるのよ」

「はい、何から何まですみません」

「いいのよ。お代はこっち ・ ・ ・からもらっているから、礼ならこっちに言っておきなさい?」

魔女様はそう言って、青年を軽く叩いた。

青年を見ると目が合ったので、頭を下げる。

「ありがとうございます。このお礼は必ず後でお返しします」

私がそう言うと、下げた頭に手が置かれ、優しくなでられた。
なんだろう、なんだかすごく嬉しくて、でもすごく恥ずかしい。

「思い出したからついでに言うけど、怪我したアナタをここまで連れてきたのもこいつだからね」

魔女様が何でもない風に言った言葉に私は驚く。
あの時駆けつけ、そして助けてくれたのは、彼だったなんて。

「そ、そうだったんですね。あの、危ないところをありがとうございました」

先ほどよりも深く頭を下げる。
実は私は、私を助けてくれたのはもっと年長のハンターだとばかり思っていた。
彼はどう見ても私より2・3年上くらいにしか見えない。
あの時夢のように感じた森の中の疾走が本当のことだったら、ものすごく森に慣れていないとできないことだと思ったからだ。

だから私は少し落ち込んだ。
また私は、自分の思い込みだけで人を判断してしまっていた。
ついこの前反省したばかりなのに、また同じことをしてしまった自分に嫌気がさす。

「ほらほら、アナタは病み上がりなんだから、そんな窮屈な体勢したらダメよ。こいつも困っているみたいだから、その辺にしときなさい」

魔女様に促されて顔を上げると、彼は申し訳なさそうな顔で私を見ていた。
私が悪いのに、逆に彼を困らせてしまった。
何か言おうと思ったけれど、なんて言ったらいいのか言葉が出て来ない。

そんな重く感じる空気を払うように、魔女様が手を打ち鳴らした。

「はい、この話はここまで。じゃあ次は、アナタの服を変えちゃおうか。寝汗かいたでしょ?ついでに体も拭いちゃいましょう。ジルバー、アンタは水汲んでその後火を起こしておきな。この子の食事つくるからね。水汲み、そしてかまどに火、だからね」

魔女様が言い聞かせるように言うと、彼は頷いて部屋を出て行った。
私はその後、魔女様に言われるままに服を脱いだ。

「ごめんなさいね。小さな傷は問題なかったんだけど、足の怪我はアタシでも完全には治せなかったわ」

布のズボンを脱ごうとして、右足がうまく動かないと感じた。
その時の私の様子で気がついたのだろう、足を動かすのを手伝ってくれながら魔女様が言った。

ズボンの下から現れた私の右足には、あの時ふくらはぎに刺さったカンテラの傷痕が、まだ生々しく残っていた。
触れるまでもなく、そこがまだ熱を持っていることがわかる。
足先を動かそうとすると、引き攣れるような感覚とともに軽く痛みが走った。
うまく足首が動かない。
これではデコボコだらけの森の中を歩くのは、とてつもない重労働になるだろう。

「傷は消せるけれど、もう走ることはできないでしょうね。腱が傷つけられていたから」

「そうですか」

私は、思ったよりも落ち着いた声が出せていた。

「命があっただけ拾い物ですから贅沢は言えません。森は無理でも街中なら問題ないですし。たとえもうハンターとしては生きることは無理、でも、でも、ふ、普通の、の」

もうハンターとしては無理、そのことを口にしたとたん、私の中の感情が湧き上がってきた。
それが外へ出ていかないように、口をしっかりと閉じる。

ハンターとして生きるために、私のこれまでの人生はあった。
お祖父さんやお父さんへの憧れから、私はハンターになりたかった。
妹のように可愛くなくても、ハンターになれば関係ない。
私はハンターとして、森のために、そして森と生きるみんなのために役に立とうと頑張ってきた。
それなのに、もうハンターとしては生きれないなんて!

口から感情が溢れるのを必死でこらえていると、魔女様に優しく抱きしめられた。

「ごめんね。アタシの力が及ばなくて。アナタの足をもとに戻せなくてごめんね」

「ち、ちがいます!魔女様のせいじゃないです!わた、わたしが……!」

口を開いたら、もうダメだった。
私は子供のようにみっともなく、魔女様にすがりついて泣きじゃくった。
魔女様は私の体が冷えないようにと布をかけてくれて、でも私はその間、ずっとずっと泣いていた。

「魔獣の森のお嫁さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く