魔獣の森のお嫁さん

天坂コーキ

晩餐の支度

ジルバーに手を引かれて、木の家まで戻って来た。

「ついたぞ。いま、あかりをつける」

家の中に入ると、ジルバーが言った。
摩擦音、そして燐の燃える匂い。マッチは一瞬だけ周囲を眩しく照らした。
ジルバーはランタンに火を灯すと、マッチの火を手袋をした指でつまんで消した。

「あっ……」

「ん、どうした?」

「ジルバーも、そういうのやるんだなって思って」

「なにがだ?」

首を傾げるジルバーに、なんでもない、と首を振る。
私たちが使っているマッチは、風ですぐに消えたりしないように、脂が多めに混ぜられている。だから一度火をつけると、簡単には消えてくれない。
焚き火とかだったらそのまま放り込めばいいけれど、そうじゃなければ何とかして消す必要がある。だから摘んで強引に消すのだけれど、それをやると燃えた燐の匂いが手袋に残ることになる。するとそのせいで、鼻のきく獣が逃げてしまったりもする。
本人たちに自覚はないようだけど、やる人とやらない人では、狩りの成果に明らかな差があった。

だから、タバコとマッチは獣除けにしか使われない。
まあ今日はもう狩りには行かないし、五月蝿く言うほどではないかなと納得することにした。

ジルバーは腑に落ちないという顔をしていたけど、すぐに切り替えたようだ。
キッチンへ行くとウサギの肉を置いて、それからまたキッチンの入り口まで戻ってきた。

「ノイン。おれはこれから、きがえる。ノインはどうする?」

「私はここで待ってる。本当は料理とかやりたいんだけど」

「それはダメだ、ケガがなおってない。ひも、はものも、あぶない」

大丈夫だと言いたかったけれど、真剣な目で見られたら、うなずくしかできなかった。

「わかったわ、大人しくしてる」

「そうしてくれ。すぐもどる」

ジルバーは私にランタンを手渡すと、そのまま家の奥へと歩いていった。
私はキッチンへ入り、テーブルの上にランタンを置いた。

イスに座って、ランタンの火を眺める。

火は、偉大だ。

私たちには、明かりが要る。
夜の森には獣がうろついていて、夜目の効かない人間は格好の獲物でしかない。
だから私たちは火をいて、闇と獣を遠ざける。

私たちには、暖かさが要る。
冷えた体を温めるために。そして、冷たい肉を美味しく焼くために。

火は、明るくて暖かい。
いろんなことに使えて、いろんな役に立っている。
そして何より、火はキレイだ。

ランタンの中で輝く火に見とれ、だらしないと思いながらも、ついついテーブルに突っ伏してしまう。

私はもっと動きたいのに、怪我が文字通り、足を引っ張っている。
さっきだって何度もつまづきそうになり、そのたびにジルバーに助けてもらった。
今だって、本当は私の料理の腕も見せてあげたいのに、それができない。

わかってる。
火を使えば、他に燃え移ってしまうかもしれない。
刃物を使えば、また怪我をしてしまうかもしれない。

それはジルバーにも、魔女様にも迷惑をかけることになる。
何もできないことが辛い。

私は自分の怪我が、ここまで憎らしくなんて思いもしてなかった。

そういえば、まだ実家にいた時にも、似たような状況があったことを思い出した。
あれは私が病気になった時のことだ。
ただの風邪だったけど、お母さんに言われて、私はずっとベットで寝ていることしかできなかった。
でもその時は、今ほど辛くはなかった。
お母さんがそれでいいと言ってくれてたし、私もそれでいいと思っていた。
でも今は違う。

確かに怪我をしているけど、それでも私は一人のハンターだ。
一人前とは言えないかもしれないけれど、それでも、自分の力で生きていくって決意して家を出たんだ。

私は背筋を伸ばして立ち上がる。
足の痛みはあるけれど、もう慣れた。
どういう風に動けば痛くなるかも、大体わかった。だから、大丈夫。

テーブルの上のランタンを持つと、慎重にかまどへと向かった。

置いてあった薪を、竈の中で火がつきやすいように組む。
ランタンから火を移して、少しずつ燃え広がるのを見守る。

火は、偉大だ。
ゆっくりと大きくなる火を見ていると、なんとなく元気になれる。勇気づけられる気がする。
よし、私は頑張るぞ。

「ノイン。どうした?」

声に振り返ると、着替えを終えたジルバーが立っていた。服は布製の身軽そうなもので、あれがたぶん普段着なんだろう。
相変わらず長袖で顔も布で覆っているけれど、私にも少しは慣れてくれたのかもしれない。

「あ、ジルバー。竈に火を入れといたよ」

「ありがとう。あぶなくなかったか?」

「大丈夫。問題なかったわ」

「ならよかった。あとはおれがやる、ノインはすわっててくれ」

「ううん、私も手伝う。見てるだけはもうイヤなの」

ジルバーをじっと見つめて、私の決意を目で訴える。
少しだけ見つめ合った後、ジルバーの方が目を逸らした。

「わかった。でも、むりはダメだぞ」

「うん、任せて!頑張るから」



料理を作るのは楽しかった。
ジルバーの料理は一見普通そうだけど、かける手間が普通ではなかった。私たちが一度にやってしまうことを、段階に分けて丁寧にやっている。
私がもっと簡単なやり方を説明すると、感心して採用するものもあれば、頑固に変えないものもあった。

「なるほど。つくりながら、あらうのもやるのか。うん、このほうがいいな」

「やさいと、にくは、べつのどうぐをつかう、ぜったいだ」

そんな風に、私の教えること一つ一つを真剣に聞いて、考えてくれる。目線を合わせて会話ができる。それはとても楽しい時間だった。

「ジルバー、ありがとね」

「おれのほうこそ、ありがとうだ。あじつけとか、たすかった」

「どういたしまして。でも、手伝わせてもらって嬉しかった。ジルバーとお料理するの、とっても楽しかったよ」

「そ、そうか。それは、よかった」

ジルバーは視線を逸らすと、まだ火が消えてない竃の方へ行ってしまった。

私はちょっと残念に思いながらも、テーブルに戻る。
もうすぐ魔女様が来て、みんなで夕食になる予定だ。
今夜からは私も普通に食事ができるので、それも楽しみだ。それと、魔女様の話ではもうひとつサプライズがあるみたいなんだけど……。

そんな事を考えていたら、ちょうど来たみたいだ。
木の扉をノックする音。そして魔女様の声が聞こえた。

「まじょがきたのか?」

「そうみたい」

「いつもなら、なにも言わずにはいってくるのに。どうしたんだ?」

「夜だからじゃない?あ、私が出るよ」

「そうか、たのむ。おれは、りょうりを、ならべている」

カンテラを持って入り口へと向かう。
ドアの外からは、魔女様のくぐもった声が聞こえた。

「ノイン、いる?」

「はーい。いま開けます」

外に立っていた魔女様は、昼間よりもずいぶんしっかりと服を着ていた。
黒いマントにトンガリ帽子をかぶり、スカートも長く肩首も露出がほとんどない。むかし初めて魔女様に会った時のような服装に、威厳すら感じた。

「こんばんわ、ノイン。元気にしてた?」

「はい、魔女様こんばんわ。おかげさまで足もかなり動かせるようになりました。それにしても今夜はずいぶん魔女らしい格好をしてますね」

「当たり前よ、私は魔女なんですもの」

中身はやはりいつもの魔女様みたいだ。楽しそうにニコニコ笑いながら、私の耳に顔を寄せてくる。

「ジルバーはキッチンね?お客様を連れてきたから、ちょっとだけお話ししててね」

「え、お客様ですか?」

返事を聞く前に、魔女様は私の横を抜けてキッチンへ行ってしまった。
魔女様を追う訳にもいかず、私はお客様を迎えるために、入り口を振り返りカンテラを差し出す。

カンテラの暖かい光が照らし出したのは、私がとてもよく知っている人だった。

「ノインか。元気だったか?」

「お、お父さん!?」

「魔獣の森のお嫁さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く