魔獣の森のお嫁さん

天坂コーキ

言葉の行く末

◇◆

キッチンを出て行こうとするノインを見て、魔女がすぐに立ち上がった。
同じく立ち上がろうとするジルバーの肩を押さえて座らせる。それからメッサーを睨みつけるが、彼は魔女を見ようともせずに、コップの酒を飲んでいた。

魔女は聞こえるように舌打ちすると、ノインを追いかけてキッチンから出て行った。

残された男二人の間に、重い空気が流れる。
ジルバーはなにか話を切り出そうとするが、結局なにも言えずに口を閉じる。
どうすればいいのか分からず、とりあえず酒を少しずつ飲みながら考える。
そんな事をしていると、不意にメッサーが口を開いた。

「すまなかったな」

「え!?な、なにがだ?」

「あの子の事だ。君はひとりで静かに生きてきたと聞いた。だがあの子を助けたせいで、こんな状況になってしまっている。私の娘が迷惑をかけてしまって、すまなかった」

「いやいやいや、ぜんぜんめいわくじゃない。ノインをたすけられてよかったし、いろいろと、はなせるのも、たのしいとおもってる」

「そうか?あの子はその……少しうるさいところがあるだろう?この料理はあの子が作ったわけではないだろう?手順とかが違ってるとか、無駄が多いとか言われなかったか?そういうところが妻に似ているんだ」

ジルバーは今日のことを振り返り、それから頷いた。

「たしかに言われた。でも、おれもしらないことがわかって、よかったとおもう」

「ふむ。ジルバー君は素直なのだな。私も見習いたいものだ」

「おれは、しらないことが、おおいだけだ。いばれるものなんて、からだが、ちょっとがんじょうなくらいだ」

「ふはは、それはハンターにとって重要な条件だぞ。謙虚で健康なのが一番だ」

メッサーは機嫌よく酒を飲み干したかと思うと、急に真面目な顔でジルバーを見据えた。

「改めて礼を言わせてくれ。あれが仲間とどういう風にして過ごしていたか、私も話は聞いていた。仲間と上手くやっていけないハンターは長生きできない。私はあれにそうなって欲しくはなかったから、機会があれば注意しようと思っていた。だがその前に今回の事が起こってしまった」

そう言ってメッサーは、額がテーブルに付きそうなほど頭を下げた。

「ジルバー君。娘を助けてくれて、本当に感謝する」

「たすけられる、そうおもったから、たすけた。それと、いきれたのは、ノインのちからだ。アイツのことも、ほめてやってほしい」

ジルバーの一言が意外だったのか、メッサーはすこし考えた後にそれに答えた。

「ノインを褒めるか。そういえば私は、あの子を褒めたことがなかったかもしれない。女心が分かっていないと、周りからよく言われたものだ」

メッサーは厳めしい表情をすこしゆるめた。ジルバーにはそれが、この男なりの笑顔なのだとなんとなくわかった。
しかしそれもすぐに、長年染みついた皺の中に消えてしまう。
普段通りの厳しい顔で、メッサーは話を続ける。

「私は男であり、ハンターであるからそれは当然だと思っている。だが、女心は分からないとしても、ハンターの心はとてもよくわかる。私の意見は他のハンターたちの意見とほぼ同じだろう。だから私があの子に言ったことは、他のハンターたちも思っていることだと考えて間違いはない」

「つまり、むらのハンターたちは、ノインを……その、だめだと、おもっている?」

「程度の差はあるだろうが、大方そうだろう。村に戻ってもあの子は、ハンターに関わる仕事にはつけないだろう。誰かの家に嫁に行くか、修道女になるしかない」

「じゃあノインは、たのしくないだろうな」

ジルバーの言葉にうなずきながら、メッサーは酒を呑んだ。

「あの子が私を出迎えてくれた時は、とてもいい笑顔だった。まるで幼い頃に戻ったかのようだった。昔、ハンターの仕事を教える前は、よくあんな顔で笑ってくれていた。だが、私と話しだしたとたん、あの子は小さく縮こまってしまった。村にいる時も、最近はあれほどの笑顔を見たことがない。私や村の奴らでは、あの子を笑顔にすることはできない。……そこで考えたのだが」

メッサーはコップを置いて、ジルバーの目を正面から見据えた。

「あの子は、ここでなら、君の隣でなら笑えるだろう。どうか、あの子を笑わせてやってくれないか」

メッサーの提案に、ジルバーは驚いた。
こんな危ない森の奥に自分の娘を置いていこうなど、普通の人間は考えもしないだろう。
『普通でない』こと。それは他人の目を引くことになるし、同時に忌避されることにつながる。だから、静かに生きたいジルバーにとっては、絶対に近づきたくない言葉でもある。
反射的に断ろうとして、しかし目の前の男の目線に威圧され、すんでのところで思いとどまる。
メッサーは普通の人間ではない。彼はハンターとして生きてきたし、これからもそう有りつづける男だ。
ならば、先ほど彼が言った言葉は紛れもない真実なんだろう。
だとしたら、村に帰るのはノインにとっては、不幸な未来しかないということだ。
一緒に過ごしたのは短い時間ではあったが、ジルバーはノインのことを気に入っていた。だがら彼女は不幸になるのは間違っていると思えた。
でも、自分といることが彼女の幸せにつながるとは、ジルバー自身は思えなかった。

「……おれは、りゆうがあって、むらの者とはくらせない」

「それは、断るということなのかな?」

メッサーの言葉に、ジルバーは首を横に振る。

「おれは、むらにはいけない。ノインはひとりでは、むらへかえれない。だからその……ノインはさみしくなるんじゃないのか?」

「あの子は一人前のハンターになるために家を出た。一人前とは、どこにいても自分1人でなんとかできるということだ。あの子はそれを理解してハンターになったのだ。今さら寂しいなんて言うわけないさ」

それを聞いて、ジルバーは目を伏せた。
少ししてから顔を上げて、メッサーの顔を見て言った。

「ノインはおれから、はなれないでいてくれた。だから、ノインがいいとおもうほうに、いればいい」

「……ジルバー君。私が聞いているは、君がどう思っているのかだ。あの子の意見は後で聞く。だからまず、君はあの子と暮らしたいのかどうか言いたまえ」

曖昧な答えは許さぬと、狼をも震え上がらせるような眼力でメッサーが睨む。
ジルバーは思わず背筋を伸ばし、大きな声で答えた。

「おれは……ノインに、おれのいえに、いてほしい、です」

ジルバーがそう言いきった時、カランと、乾いた音がした。

男二人がそちらを見れば、キッチンの入り口でノインが立ちつくしている。足元にはカラになった木のコップが転がっている。

「の、ノイン?」

ジルバーがイスから腰を浮かせるのと同時に、ノインの目から涙が流れた。

ノインの後ろから現れた魔女が、彼女の背中を優しく押す。
ノインはゆっくりと歩き出し、ジルバーの目の前で止まった。

「ジルバー、私も、ここに居たい。ジルバーと暮らしたい。私がここに居たら、ダメ?」

ノインが手を差し出すと、ジルバーはそれを、壊れ物を扱うように受け止めた。

「そんなことはない。ノインにもっといろいろとおそわりたいし、おれのりょうりをたべてもらいたい。いやになるまで、ここにいてくれ」

「イヤになんて、ならない。私はずっとここに居るわ。いいでしょう?お父さん」

ノインとジルバーがそろって視線を向けると、メッサーは時間が動いていることに気がついたかのように瞬きした。
しかし次の瞬間にはいつもの厳めしい表情に戻り、咳払いをしてから口を開いた。

「それを二人が望んだんだ、私に止める理由はない。ただ一つだけ言わせてもらえるなら、自分の言葉には責任を持てと……」

「決まりだな!二人の婚姻を、この灰の魔女が見届けた。いやあ、めでたい!」

魔女はコップを人数分並べると、そこに果実酒を並々と注ぐ。

「さあ、乾杯だ。二人の新たな門出を祝福しようじゃないか」

「あの魔女様、まだ私の話が……」

「ああ?それは乾杯よりも重要なのかい?」

「え……いいえ」

メッサーが蛇に睨まれたカエルのように身を引いた。
ノインとジルバーはそれを見た後、顔を見合わせて笑いを堪えた。

魔女はニヤリと笑いながら、コップを高く掲げた。

「反対意見はないようだし、それでは、乾杯!」

「「「乾杯!」」」

「魔獣の森のお嫁さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く