魔獣の森のお嫁さん

天坂コーキ

うわき?

「……というわけで、大狩猟祭が始まるわよ」

我が家に来て早々、魔女様が宣言した。
時刻はお昼を過ぎてからかなり経っている。
そろそろオヤツにしようとして、ちょっとしたお菓子を作ったところだった。
タイミングの良さに驚いたけれど、魔女様なら私たちの考えること全てお見通しなんだろう。

「あ、やっぱりやるんですね。つい先日、ジルバーとその話をしたところなんですよ」

「あらそうなの?じゃあノインちゃんも森の変化に気がついてたのね」

「私じゃなくて、ジルバーの成果から判断したんですけどね」

「ちゃんと彼のことを見てやってるのね、ノインちゃん偉いわあ」

「そんなことないですよ」

以下、アハハウフフのガールズトークが始まる。
魔女様は時々ふらりとやってきて、村や森の最近の出来事について教えてくれる。
私やジルバーはたまにしか村に帰らないので、魔女様がこうして遊びに来てくれるのはとても嬉しい。
時間のある時は泊まりがけで、朝まで二人で話し込んでしまうこともある。

「今日は森の果物でタルトを作ってみましたよ」

「わあすごい。ノインちゃんお料理上手なのね」

「それはもう、両親にしっかりと教わりましたから」

褒められたのが誇らしくて、胸を張る。
狩人料理はお父さんに、家庭料理はお母さんにそれぞれ仕込まれた。
両親ともに中途半端は許せない性格だから、私は家でも外でも料理を作れるようになってしまった。

そんなことを含めいろいろ話をしていたら、一周回って元の話に戻ってきた。

「それで魔女様、大狩猟祭のことで聞きたいんですけど」

「ふぇ、なんのことふぁんのほほ?」

タルトの欠片にかじりつきながら、魔女様が首をかしげる。

「大狩猟祭って、毎年の秋ごろにやってるじゃないですか?でも去年はやりませんでしたよね。それってなんでですか?」

「それはね……」

お菓子を飲み込んだ魔女様が説明を始めた。

「去年は魔獣騒ぎがあったでしょ?そのせいで森も獣も弱ってたから、やる必要がなかったからよ。でも今年は十分に回復したから、やる必要が出てきたってわけよ」

簡単でしょ?と言いながら、魔女様は次のタルトへと手を伸ばした。

「そうだったんですか。私が生まれてから毎年やってる気がしたので、やらない年があるとは思いませんでした」

「まあね。むしろ普通は、年一回じゃ少ないくらいなのよ。今はハンターたちが頑張ってくれてるからいいけれど、それがなかったら森から獣があふれ出ているところよ」

「森から獣が!?それって、獣の大侵攻ってことですか?」

獣の大侵攻。
ずっと昔から聞かされてきた、村を襲った災厄の話。
森から獣が次から次へと溢れ出し、森の近くの村がいくつも飲まれて消えていった。
私のいる村も大きな被害を受けて、それでもなんとか生き残った。
その時に私のお祖父さんのお祖父さんが活躍して、赤ずきんロットカッパーの家名をもらったのだとか。

そんなことがまた起こってもおかしくないほど、この森は危険だったのだろうか。

「そんな不安そうな顔をしなくても大丈夫よ。そうならないために私がいるんだし」

魔女様の朗らかな笑顔を見ると、安心できる。

「それに、今はジルバーがいるじゃない」

「ですよね、そうですよね!」

ジルバーなら森の獣ていどに遅れはとらないし、いざとなれば村まで一緒に逃げればいい。
ジルバーがいるなら、なにも問題ない。
そんな話をしていたからだろうか、玄関の扉が開く音が聞こえた。

「ただいま。ノイン、かえったぞ」

噂をすれば、帰ってきたようだ。
いつものようにもっと遅くなると思っていたけど、早く帰ってきてくれたなら、それだけたくさん話す時間ができるのでうれしい。

玄関まで迎えに出ると、ジルバーはなぜか入り口の前に立ったままだった。

「あ、おかえりなさい。今日は早かったのね」

「ああ、うん」

「どうしたの?早く入ってきて。今日は魔女様が来てくれてるのよ」

「魔女が?それは助かった……のかな」

なんだか様子がおかしい。

ジルバーは家に入ろうとして、何かに後ろから掴まれたかのように動きを止めた。
それから小声で後ろに向かってなにか言っている。
私の位置からではジルバーの陰になっていて、よく見えない。

「あら、後ろに誰かいるの?」

「あの、いや、その……」

歯切れの悪い、彼らしくない言葉に眉をひそめていると、彼の後ろから顔がのぞいた。

「ふーん。この人がジルの奥さん?けっこうイモいのね」

私と同じか少し年下だろうか。
お人形のようにスラリとした手足とキレイな肌の、ショートの黒髪の女の子だ。
ただ衣服が森に入るような服装じゃない。
膝上まで靴下は水色と紫のシマシマだし、それなのにスカートが短いせいで太ももが少し見えてしまっている。
さらに袖のないシャツを着ながら、二の腕から手首までの、縁にひらひらのついた布をつけている。
つまり肩が無防備だ。
これじゃあ森の中を歩くだけで、草木で肌を傷つけてしまう。
そのはずなのに、その女の子の肌には傷一つなかった。

とっても不思議な女の子だ。
まるで私とは別な世界で生きているみたい。
私の見たことのない服を着て、聞いたことのない言葉を使っている。

芋いって、どういう意味だろう。あまりいいことを言っているようには見えないけれど。
いえ、それよりも今はもっと別のことを聞かなくちゃ。

「ジルバー、その人はどなた?」

「ああ、こいつは森の中で見つけたんだ。その、困っているように見えたから……」

「そうだよ。ジルがジャンヌを助けてくれたんだねー」

自分のことをジャンヌと呼んだ彼女は、ジルバーの腕になれなれしく抱きついた。
ジルバー驚いて振り払おうとしているけれど、ジャンヌは楽しそうに笑っている。
私の、ジルバーで、楽しそうに。

「えっと、ジャンヌさん?こんな森の奥で迷うなんて大変でしたね。よかったらウチで休んでいきませんか?」

「え、いいの?やったー!」

「ええ、もちろんですよ。今ちょうどお菓子を食べてたところなの。いっしょにどうかしら?」

「お菓子!?食べる食べる!ありがとー」

キッチンを示して言うと、ジャンヌは子供のようにはしゃぎながら入っていった。

「あの……ノイン?」

遠慮がちな声に振り向けば、ジルバーがなぜか腰の引けた体勢でいる。

「どうしたの?」

「いやその、なんだ、えーと……」

「……詳しい話はあとで二人の時に聞かせてね」

「え、ああ、うん。そうだ、ちょっと水をくみに行ってくる」

ジルバーはそう言うと、そそくさと出ていってしまった。
これは何かある。
森で女の子を拾ってきた?それはどういうことなんだろう。
すぐにでも確かめようと決めて、私もキッチンへと戻った。

「魔獣の森のお嫁さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く