魔獣の森のお嫁さん

天坂コーキ

大狩猟祭前日

大狩猟祭の前日、私はジルバーと村へ帰ってきた。
大荷物を背負ったジルバーと並んで門番さんへと手を振ると、向こうからも手を振り返してくれた。

「プフェルトナーさん、ただいま帰りました」

「おお、ノインちゃんよく帰ってきたね。旦那さんといっしょにお祭り見学かい?」

「はい、そうです。ジルバーがお祭りを知らないって言うので、見せてあげようと思って」

「ははは、それは是非とも見ておくべきだな。ジルバー君も、ノインちゃんを手放したらダメだからな」

「もちろんだ。だが、それはいったいどういう意味だ?」

「中に入ればわかるさ。じゃあ前夜祭を楽しんでおいで」

門番さんに挨拶をして扉をくぐると、そこは以前と全く違う景色が広がっていた。
大門へ続く通りは色鮮やかな飾り付けがされて、ここではあまり見ない服装の人たちが歩いている。
その数もたいへん多くて、誰にもぶつからずにまっすぐ歩くことは無理なくらいだ。
ジルバーを見上げれば、呆れたような顔のまま固まっていた。

「どう、すごいでしょ?」

「あ、ああ。これは思った以上だ。人間ってこんなにいたんだな」

「びっくりした?でもまだ狩猟祭の前日だから、明日からはもっと人が増えるわよ」

「もっと!?これよりまだ増えるのか?そしたらこの村は人間だらけになってしまうんじゃないのか!?」

「大丈夫よ。この日のために村のあちこちに仮設の宿屋が建てられてるから。それと空き地にテント村をつくったりしてる人たちもいるし」

「なんか、覚悟してた以上すぎて、どうすればいいかわからなくなってきたな」

「じゃあまず、女将さんの宿屋に行きましょう?あそこなら少しは落ち着けるはずだわ」

「わかった。道が変わってないなら、たぶんわかる」

人ごみの中をかき分けるようにしながら道を進む。
ジルバーはプフェルトナーさんに言われた言葉を思い出したのか、離れないように私の肩を抱き寄せてくれた。
少し歩きづらいけど、こんなに人がいては元からそう速くはあるけない。それよりも、ジルバーの匂いと体温が感じられてとても幸せだった。

「ノイン、なんか店が増えてないか?」

「仮設の屋台ね。村の外から来た人が、大狩猟祭の間だけお店を出してるの。珍しいものもあるかもしれないけど、見ていく?」

「いや、今はやめておこう」

そう言うとジルバーはまた進み始めた。
大門通りを抜けると、人ごみは急にまばらになった。それでも普段よりもはるかに多いし、賑やかなのは変わらない。
今度は手をつないで、道に並んだ露店を冷やかしながら歩く。

「あ、鉄のナイフが売ってるわよ」

「あれだったら今あるヤツで十分だ。それより、あっちに髪飾りが売ってるぞ」

「私には似合わないわよ。それよりあれ美味しそうじゃない?」

「あまりいい匂いがしないな。作られてから時間が経ちすぎてるな」

「へえ、あんなに新鮮そうに見えるのに。なかなかいいものないわね」

「それよりも今は休憩したい。人が多すぎてめまいがしてくる」

道を歩いている人のほとんどは、村の人ではないようだ。
村ではなかなか見られない、様々な色のついた服を着ている。
私たち村人は、素材そのままの白か草木染めの青や緑がほとんど。
でも外から来た人は赤や黄色、それと鉄だろうか金属製のプレートを身につけた人までいる。

村でも金属鎧を扱っている店はあるけれど、ほとんどのハンターは鎧を使わないし、身につけたとしても革鎧なので、その店では置物みたいになっている。
だから金属鎧を着ている人を見るのは、大狩猟祭の期間くらいだった。

「それにしてもすごい人の数だな」

大門通りからは離れていっているのに、人が減る気配がない。
まあ宿屋街がこの先にあるからなんだけど、それでも私もこの人の量には慣れていない。

「そうね、でもまだ少ないわよ。最終日になると、この辺りまでさっきくらいの人ごみになるわ」

「あんなのがここまで続くのか?そんなに集まって何をしようって言うんだよ」

「もちろん、森の恵みを買いに集まってくるのよ。領主様の軍隊が通れるのは大門だけだから、どうしてもあそこに人気の店が集中するの。門の外に小屋が建ってたでしょ?あそこで狩りの仕分けをして、それから村の中に運び込まれるのよ」

「ああ、あれがそうだったのか」

村に入る前の森との中間地点には、杭と紐で広く区切られた土地と、柱と屋根だけの小屋と呼びにくい小屋が建てられていた。
あそこに森での収穫物がいったん集められ、解体・審査されることになる。
素材のほとんどは領主様のものになるけれど、土地の使用代・解体分別の作業・その他様々な協力料や迷惑料が村へと払われることになる。
村のお金は様々な仕事を通じて、私たち村人の手元にたどり着く。
元から森の恵みは私たちにはありふれたものだから、村の外でも通用する現金の方が私たちには有難かった。

「あんな大きな門を建てられたのも、この大狩猟祭があったからなんだって」

「そうなのか、大狩猟祭っていうのは、大変な行事なんだな」

「でもそのおかげで村も賑やかになるし、森の平和も保てるのよ。だから、もっと楽しもう」

「そうだな。でもとりあえず宿をとって、この荷物をハンター協会に届けてからだな」

ジルバーは背負った荷物をゆすって位置を直すと、また私の手をとって先へと歩き出した。



「女将さん、こんにちは!」

「よく来たね。待ってたわよ」

いつもの宿屋につくと、出迎えてくれた女将さんへと抱きついた。

「お久しぶりです。2か月ぶりでしたっけ?」

「だいたいそれぐらいだね。相変わらず元気がありあまってるみたいだね、これならしっかり働いてもらえそうだ」

「もちろんです。私、頑張りますからね!」

腕を曲げて力こぶをアピールする。
大狩猟祭の期間中、ジルバーはハンターたちといっしょに領都軍の道案内や先導をする。
その間ずっと私が一人で家にいるわけにもいかないので、女将さんの宿屋でお手伝いをすることになっていた。
女将さんのお手伝いならハンター時代もやったことがあるので、手紙のやり取りでも女将さんはすぐに賛成してくれた。

「大狩猟祭の間は忙しいからね。こっちとしても大助かりだよ」

そうして私との挨拶が一通り済んでから、今度はジルバーが頭を下げた。

「あの、こんにちは」

「アンタもよく来たね。とりあえず部屋はいつものところを開けておいたよ。その荷物はどうするね?」

「ちょっと休ませてもらったら、協会へ届ける。だから問題ない」

「そうかそうか。今酒場の方はお客でいっぱいだから、水は部屋の方へ持っていってあげるよ。じゃあゆっくりしていきな」

女将さんは笑顔で調理場へと戻って行った。
私たちはいつもの部屋へ行き、荷物を置くとベッドへ腰かけた。

「これでやっと落ち着けるね」

「そうだな。俺が協会へ行ってる間、ノインはどうする?」

「私も行くわ。ジルバーは明日朝には行っちゃうんだから、いっしょに遊べるのは今日しかないもの」

「そうだな。じゃあそうするか」

女将さんはすぐに水を持ってきてくれた。
そうやって少しだけ休んだあと、私たちはまた賑わう外へと繰り出した。

「魔獣の森のお嫁さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く