魔獣の森のお嫁さん

天坂コーキ

なぞなぞ大会

「温めても、かき回してもとけない、頭を使ってとく・・モノはなーんだ?」

「「「なぞなぞ!」」」

お祭り広場の一画にある舞台の前には、かなりの人が詰めかけていた。
舞台上の一人のお姉さんがメガホンを使って呼びかけと、集まっている人たちが一斉答える。
このなぞなぞ大会定番の始まり方だ。

「はい、正解です。ということで司会進行はわたくし、リドラが務めさせていただきます。みなさん、なぞなぞに自信はありますかー?」

「おお!」
「もちろんだ!」
「まかせろー!」

いろいろな声がそこかしこから上がる。
ちょうど会場に到着した私たちは、その光景を一番後ろで見ていた。

「間に合ったわね。それじゃあ準備いい?」

「当ったり前じゃん。オレにぬかりはない」

「なあノイン、なぞなぞってなんだ?」

ジルバーの問いかけに、ディールがずっこけた。

「お前なぞなぞ知らないのかよ。いいか、なぞなぞってのはだな。一人が問題を出して、みんなでその答えが何か考えるんだよ。今、始まる時にやってたみたいにな」

「なぞなぞって、形があるのか?」

「ねえよ!さっきの温めるとかかき回すってのは言葉のあや・・・・・だ。そんなこともわからないんじゃ、オレには勝てないぞ」

「言葉の、あや?なるほど、難しいな」

「難しく考えんな。これはジョークみたいに考える方がいいぞ」

大真面目なジルバーに、ディールがしたり顔で解説している。
思いもよらない光景に、なんだか嬉しくなってくる。

「んだよノイン。なに笑ってんだよ」

「んー、ディールも成長したんだなあって思ってね」

「はあ?オレはいつも成長してるっての。それよりもジルバーだ、なぞなぞを知らないってどういう生活してきたんだよ」

「どういうもなにも、森の中で狩りをして生活してただけよ。私が行くまではほとんど一人で、ときどき魔女様に合うだけだったみたいだから、なぞなぞを出してくれる人もいなかったでしょうね」

「へえ、本当に森の中で一人で暮らしてたのか。オレには絶対にマネできないな」

ディールはしみじみとうなずいる。確かにみんなで騒ぐのが好きなディールでは、誰にも合わない生活なんてすぐにを上げてしまうだろう。
私でもずっとは無理だけど。

「そんなことより、今はなぞなぞだ。勝負の方法は、どっちがたくさん正解できるかでいいんだよな?」

「そうね。みんなで答えを地面に書いて、答え合わせで一斉に見せ合うようにしましょう」

「いいぜ。なぞなぞも知らない素人だからって、オレは容赦しないからな」

ディールの挑戦的な微笑みに、ジルバーは真面目な顔で応じた。

「俺は負けない。……ところで、ジョークとはなんだ?」

ディールがずっこけた。

「お前、ジョークもわからないのかよ!」

「いや、今のはジョークだ」

「……!てめえ!!」

「ほら、遊んでないの。始まるわよ」

舞台上、お姉さんの横に一人の人が上がってきた。
村の外から来た観光客だろうか、オシャレな服を着た軽そうな若者。
彼はお姉さんからメガホンを受け取ってからおじぎをした。

「ワタシは行商人のアベーレ。名誉ある最初のなぞなぞを出すことができて幸運に思っています。ワタシは行商人という職業がてらいろいろな土地をまわるので、そこで色々な話を聞くことができるのです。例えば西の街では羽の生えた大きなトカゲがいて……」

「お前の話はどうでもいい!」

「早く問題を出せ!」

若者が話しを始めると、参加者からは罵声が上がる。
それを聞いた彼はあわてて話を中断し、小さな紙を取り出して読み上げた。

「失礼しました。では問題です。ワタシは行商人なので様々なものを売っていますが、その中で一つ、直さなければ使えないようなものがあります。ですがこれがなかなか人気の商品で、主に食べ物を扱うところを中心によく売れているのです。さてそれはいったい何でしょうか?」

問題が出されると、会場がわずかにざわめく。
若者は舞台の上からその様子を見て、自信ありげに微笑んでいる。
もう答えがわかったのか、数人が舞台へ上がっていく。
お姉さんへメガホン越しに内緒話をして、自分の答えが正解か不正解かを聞くのだ。

私にはこの問題はなかなか難しくて、考えているけどすぐには答えは出てこない。
ジルバーも首をかしげて悩んでいる。

「直さなければいけないのに、売れるのか?」

「そこはなぞなぞだから、本当に壊れているわけじゃないのよ」

「そうか、つまり壊れていないけど、壊れているみたいな名なんだな?」

「そうね。たぶんそうなのよ」

「それで食べ物を扱うところっていうと、食堂とかかな」

「お料理の道具とかじゃなくて?でもそうか、食材かもしれないのね。包丁の一種かと思ってたわ」

「だとすると……これでいいのかな?」

「あ、ちょっと待って。私も書くわ」

ジルバーが木の枝で地面に答えを書いていく。私もジルバーの隣にしゃがんで、小石で地面に答えを書いた。

「お前らもうわかったのかよ。くそ、オレだってこのくらいすぐに解ける!」

ディールも地面に木の枝で書き始めたが、ブツブツ言いながら消した書いたりを繰り返していた。

「はい、正解者が10人を超えました。ここで終了です!」

お姉さんがメガホンで叫んだ。

「それではアベーレさん、正解をどうぞ」

「はい、答えは【コショウ】です。故障コショウだから直さなければ使えませんが、料理ではとても重要な調味料です。そして……」

正解が発表されると、歓声と罵声が飛び交った。
アベーレさんがまだ話をしているが、それを聞いている人はいない。

私たちもそんな人たちの後ろで、答え合わせをしていた。

「じゃあいい?せーのっ!」

私の答えはコショウ。ジルバーの答えもコショウ。そしてディールの答えは落花生だった。

「やった!私とジルバー正解だ」

「だな。よかった」

「いや違うんだよ。ほら落花生って殻を割らなきゃ食べれないじゃないか。だから手を加えるってことで、……ああくそっ!」

後ろで騒いでいる間に、いつの間にかアベーレさんは舞台を降りていた。
続いて舞台に上がったのは、たまに村で見かけるおじさんだった。

「あー、ワシはハンターをやっとるオットーちゅうもんじゃ。あー、話すこともないんで、早速なぞなぞにいくぞ。太陽の沈んだ夜にそいつは現れる。逃げても逃げても追ってきて、逆に追おうとすると逃げていく。つかず離れずワシらを見下ろす、そいつはいったい何者だ?」

オットーさんの言葉が終わった瞬間、舞台に数人が駆け上がる。それに続いてさらに何人かが舞台に上がり、階段に列ができた。

この問題、私もすぐにわかった。
横を見ればジルバーは難しい顔をして悩んでいる。
しかし今度はディールの方が先にわかったようだ。ニヤリと笑うとすぐに答えを書き始めた。

私も書き終わったところで、回答時間の終了が告げられる。

「今回はちょっと早かったですね。ではオットーさん、答えをどうぞ」

「あー、答えは【月】じゃ。せっかくいい問題を思いついたのにのう」

舞台上でハンターのおじさんが残念そうにしている。
私たちの答えは、私とディールが正解。ジルバーは答えナシで不正解だ。

「よっしゃ、一問ゲット!」

「くう。次こそ答えるぞ」

「そうそう。まだまだ時間はあるし、頑張ろう」

ジルバーはかなりやる気になってるようだ。これは私も余裕でいられないかもしれない。
舞台はハンターのおじさんが降りていくところだった。

「それではオットーさんに大きな拍手を!では次の出題者さん、どうぞ!」

そんな風にして、なぞなぞ大会は順調に進んでいった。

「魔獣の森のお嫁さん」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く