異世界不適合者の愚かな選択

meika

懐かしき再会

「ようこそ!我々の拠点へ!
みんな!仲間を見つけできたぞ、実力は僕が保証する」

女の子がベットから急に飛び上がった

「え?ほんと?」

「あぁ、これでやっと魔王討伐を視野に入れることが出来る。
彼の実力なら僕が保証するよ。」

「ふぅ~ん。
へぇ~、強いんだね君。
天野くんはこの世界ではかなり強い部類に入るけど、彼に実力を保証されてるってことは…。
あ、私は蔵野 サクラ、よろしくね!」

そう、俺は勇者(天野)と戦って実力を証明したのだ。

「…あぁ、これからよろしく頼む。」

「もう知ってるけど、もう一度紹介するね。
僕は天野、一応この世界で勇者をやっている。これからよろしく。」

「あぁ…」

 「なぁ、勇者、1つ聞きたい。」

人が少なくすぎる…俺のクラスは少なくとも30人はいたはずだ
たがいまは5人しかいない。

「ほかの異世界から召喚された人達はどうした?」

「っ?!……」

俺のこの質問で一気に空気が重くなったのを感じ取れる。

間違いなく何かあっただろう。

「………ほかの…クラスメイトは…みんな…もうこの世にはいない……
化け物に食われたやつもいれば、罠にかかってそのまま……奴もいる……」

かなりの沈黙の後、あとから部屋に入ってきた、2人のうちの男の方が答える。

「そうか…済まない…」

なるほど、それでこの人数か…
ということはここにいる5人は勇者パーティの中での精鋭ということになるのか。

「いや…いいんだ、俺達はアイツらの為にも先に進まなければならない…

そう…魔王を討伐することだ。
そのために戦力になる人を探してた。

そこで君に出会ったんだ
頼む!僕達と仲間になってくれ!」

なるほど、それほどまでに追い詰められていたのか…
だがおかしい…俺が以前……いや、やめておこう、同じなわけがないか…

「あぁ、もちろんそのつもりだ。」

もちろん嘘である。
俺の目的はあくまでも勇者共に復讐することだ。
魔王など興味が無い。

だが、勇者のあの強さ…確かに勝てそうではあったが…まだ何かを隠してる…

そんな気がする。

「そうか!良かった!
それならさ、1ついいかな?」

「なんだ?」

「これから共に戦うんだ、お互いの素顔を知ってた方がいい、だから…
いや、出来ればでいいんだ。無理はしない。」

俺はゆっくりと仮面に手をかけ、それを取った。

久々な新鮮な空気の味。

うん…何も味はしない。

「済まないな、助かる。」

「あぁ…」

「ところで一つ質問がある。
さっきから部屋の隅でずっと俯いてるのは誰だ?」

「あ、あぁ…彼女は…いまはそっとしてやってくれ…つい最近もう1人の仲間を失ったんだ…それのショックでいまは…」

「そうか…」

あれ…どう見ても、小野寺だよな?
生きていたのか…。

「さて!みんな、明日も早い!
今日はしっかりと寝て、英気を養ってくれ。
では、解散。」

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く