異世界不適合者の愚かな選択

meika

加入

「やぁみんな、待たせて悪かったね」

「遅いぞ天野…って、おまっ?!
なんであいつがいんだよ!」

ん?あいつは…山田?

「おい、てめぇ、なんのつもりだ?」

「なんのつもりとはなんだ?」

「何が目的だ?」

「目的?なんだ?お前は目的もないのに勇者のパーティーにいたのか?」

「なんだと?!」

やはりこいつは短気だな、その分扱いやすくて助かる。

「まあまあ、これからは一緒のパーティーで行動を共にするんだ、ケンカはしないでくれよ。」

「はぁ?一緒のパーティだ?
こいつと?
ふざけてんのかよ!」

こっちからも願い下げたいが、果たせなければならない目的があるのでな

「彼の強さはお前もよく知ってるだろ?山村、オマケにこいつも魔王討伐を目指してる、これだけの強さを持っているならこのパーティでもかなり役に立つと思う。」

(良かったな、主よ)

うるさい、少し黙っててくれ。
話についていけずに、ボロが出たらどうする。

(そうかえ…)

「とにかく俺は反対だ!」

「そんなこと言うなって、な?
この前の討伐任務だってかなり危なかったんだからさ、戦力補充だよ。」

(舐められてるな主よ。)

だからうるせぇよ!

「くそ!好きにしろ!」

「悪いな、ところで君の名前はなんって言うの?」

どうやら話は着いたみたいだな。

「あぁ、俺の名前はカナタだ。」

「そうか、カナタ!君は僕達の仲間だ!これからはよろしく!」

と右手を差し出した。

俺は少し戸惑ったが、ここで手を取らないと怪しまれる。
だから…

「あぁ、よろしく頼む。」

と、俺は手を取った。

「それじゃあ、そろそろ他の人を待たせるのも悪いし、いこか!」

「どこに?」

「ん?あぁ、君は知らないんだったね、ボク達の拠点さ!案内するよ!」

「あ、あぁ…わかった。」

こうも簡単に侵入できるとは…意外とチョロいものだな。




後書き:
皆様大変お待たせいたしました。
お久しぶりです、meikaです、もうこの作品を忘れてしまった人もいるかもしれないぐらい期間が空いてしまいました、誠に申し訳ございません。
リアルの事情が突然重ねておしがかり、その処理に勤しんでおりましたが、つい先日処理が完了しました。
今回は短めではありますが、投稿させていただきます。
近々投稿ペースも元に戻る予定です、これからもよろしくお願いします。
また、急ではございますが、タイトル変更を行いたいと思います。
一週間後ぐらいにタイトルが変わると思いますので、よろしくお願いします。

タイトル「異世界不適合者の愚かな選択」です。

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • カミハテ

    読みづらい
    もうちょっと考えて文を作った方がいい

    0
コメントを書く