異世界不適合者の愚かな選択

meika

再会とトラブル

「懐かしいな、ここの城下町は。」

(お主にとっての思い出の場所じゃのう。)

あぁ、思えば、すべてはここから始まった。
思い出すだけで反吐が出る。
この街ならばあいつらもきっとまだいるだろうな。

そう、俺が今いる街は、かつて俺が召喚された国フィアイン王国の城下町だ。

「奴らならここを拠点に活動をするはずだ。」

それに多分だが毎年に行われるフィアイン王国恒例の闘武祭に今年は勇者パーティーは必ず出場するという情報を持っている。
勇者パーティーのメンバー勧誘みたいだ。
俺がいなくなった穴を埋めるつもりだろうな。

(ふむ、理解した。)

さて、そろそろ時間も時間だし闘武祭の受付もそろそろ終わりそうだ。
締切まで後少しのところで滑り込むことが出来た。

「済まないが、この祭りに参加したい。」

「はい、わかりました。ではなにか身分を証明できるものをお願いします。」

そう言われ俺はあらかじめ作っておいた偽のプレートを渡した。

「……。
はい、こちらプレートですね、お返しいたします。
それでは参加申し込みは終わりましたので、開催するまでごゆっくりお過ごしください。」

「あぁ。」

随分とザル警備だな。

さて、そろそろ始まりそうだな。

『皆さん、お待ちかね!
今年もやってまいりました!!
フィアイン王国毎年恒例行事!
闘武祭の始まりたァーー!
さてさて、今年はなんと!ロレリアダンジョンを今までにない91階層まで攻略した勇者パーティーも参加しております!
そしてこの大会で優秀な実績を収めたものにはなんと!
勇者パーティーに入ることが出るのです!
さぁ!冒険者諸君!存分に力を振るい!暴れたまえ!!!!!』

「「「「「「ウォーーーーーーーーー!!!!」」」」」」

うお、さすがの人気だな勇者、お前らには悪いが勇者パーティーに入るのは俺だ、勇者パーティーにはしっかりと絶望してもらわないといけないからな。

『さて!それでは参加者はステージに集合してください!』

「お!始まったみたいだぞ!
俺楽しみだぜ!」

「こら!男子!
あまり調子に乗らない!
私たちより強い人だっているんだから!」

聞き覚えのある声、
ふと覗いてみると

「なんだよ?佐江村、連れねぇな〜」

「あのねぇ!」

「まあまあ、あまり喧嘩するな、これから戦いは始まるんだ。」

勇者パーティーだった。








俺の……………復讐相手……。

「あれ?なんかあそこのマスク被ってる人、こっち見てない?」

バレた…。

「ほんとだ、どうしたんだろう?」

「そりゃ〜、アンタのナイスバディー狙いに決まってるでしょ!」

違います。

「えぇーーー…。」

「そりゃぁ今じゃあアイドルみたいだもんねぇ〜
かおるは〜!
このこの!」

「いや!はっちゃん!ダメだよ!そこは…!…っ!!」

何やってんだか。

「おい!マスクつけてるそこのお前、何こっちをチラチラ見てんだ?」

あれ?話しかけられたんだが……。
ってかチラチラと見てねぇよ!
ずっと見てるわ!決してチラチラではない!

「ふむ、勇者パーティーがどのようなものかと思って見ていただけだが、ただのガキの集まりじゃないか。」

「なんだと?!てめぇ!そういうてめぇこそ!なんでマスクなんて付けてんだよ?!
そんなにやましい事でもあるのかよ?」

「ふむガキに話す義理はないな。」

まぁ、俺もお前らと同い年なんだがな(多分)。

「ッチ、って、てめぇも参加者かよ、いいぜ、ステージで分からせてやるよ、俺がガキかどうかをっ?!」

俺は咄嗟の殺気に反応して勇者パーティーの1人、確か名前は……
うん、忘れた。
の首に目を当てた。
もちろんやつは反応することすらできなかった。

「おいおい、勇者よ、犬のしつけがなってないな?
しっかりと首輪を付けとけ、変に噛まれたらつい殺しちまうだろ?」

「っ?!」

「あ、あぁ、済まなかった。」

俺はこの場をあとにした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「お前ら、今回はやばい人が参加するみたいだな。」

「あ、あぁ、俺、あいつがいつ動いたのかも分からなかったぜ…」

「あの男の人、なんだか違和感を感じる」

「え?どうゆう?かおる。」

「うん…、なんて言うか、この世界の人間じゃない気がする、まるで私たちと同じような気配がした。」

「え?まさか〜?
だって王女だって言ってたよ、初めて召喚に成功したって、だから、私たち以外に誰がいるのよ?」

「え?」

「え?」

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • くとぅるふ

    続き楽しみ‼︎

    2
コメントを書く