異世界不適合者の愚かな選択

meika

逆転と衝撃

「貴様ァ〜!!!」

俺は突然現れたフードをかぶった人物に激怒した。
奴が持っていたナイフは深々とグリナの腹部を捉えており、そこからは血が流れ出ている。

「やはりその程度か、カナタ、いや、甘村井 縁。」

「っ?!」

な…に?いま、なんて?甘村井 縁?
なぜ俺の本名を知ってる?
この時代に俺の本名を知る人は誰一人いない。
なのになぜ?!

「分からないって顔をしてるな。
これならどうだ?この顔、見覚えがあるだろ?」

するとフードから顔を出した。

「なっ?!」

俺は思わず息を呑んだ、あの顔は見覚えがあるだけじゃない、そもそも俺の以前の顔だ。

「お前は…なんなんだ?」

「俺か?俺はお前だ、お前の感情の一部だ。」

「俺の感情?」

「そうた、お前が奈落から抜け出る前にフリューゲルとの戦いに勝利し、願いをしたのだろ?
俺はその願いのおまけだ。
フリューゲルという種族にはそのものの人生が映るようだ、そこでフリューゲルはお前を覗いたのだ、どんなことを見たのか俺も知らない。
だが、俺はそれを止めるために来た。
多分、グリナのことだと思う。
だがグリナはもう、この世にいない。
あいつは魔王が屍霊術によって操られた人形だ。
あのまま話してもお前の声はやつに届くことは無い。」

あぁ、知ってるよクソッタレ!
グリナはもう死んでる、俺のせいで。
俺が役ただずで、何も出来なかった。
だったらさぁ、もういいや。
何もかも……。

「…………。
なぁ、俺の人生って、なんなんだろう?」

「ふむ、間違いだらけの、人生と呼ぶには贅沢な生き方だな。」

「はは、お前、俺だろ?もっといい言葉を選べよ…。」

「やり直すことはできる。」

「?!なんだと?!
それはどうやって?!」

「その為に俺がいる。
俺はフリューゲルの力の一部だ、だが、その力ももう残っていない。
だから、1度しかできない。
お前を過去に戻す。」

「過去に戻す?!
そんなことが?」

「あぁ、そうだ、一応だから話してやろう
どうせ調べたんだろ?
過去に戻る方法とか、魔法とかで。
だが、魔法は、魔族にしか使えない。
スキルは、人族にしか使えない。
ということが基本だ。
つまり、魔族は、魔法は使えるが、スキルは持たない。
人族は、スキルを持つが、魔法は使えない。
そういうことになっている。」

「そうか、だからいくら調べてもそういった類は出なかったのか…。」

実は時々図書館で本を調べたりしてた。
過去に戻る方法を、あの少女のことが気になった、多分夢でもあまりにも現実的過ぎた、だが、いくら調べてもなかった。
そういった魔法はできてないと思ったが、なるほど、人族は使えないのか…。

「さて、準備は整った、あとは頼んだぞ。」

「あぁ、任せろ。」

俺が過去に戻る目的、それはもちろん

「異世界不適合者の愚かな選択」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く